中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

心筋梗塞は血中脂質の中性脂肪で

2017-06-28 16:05:07 | 中性脂肪

心筋梗塞

心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行し、血管内のプラーク脂肪などの、固まりが破れて血栓ができてしまうことです。

血中脂質の中性脂肪が150mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl以下で、血圧は最高血圧が140/最低血圧90以上であるかで動脈硬化のリスクが高くなります。

心筋梗塞の検査では、心電図、血液検査、心筋逸脱酵素で調べます。

心電図のST上昇や数時間後の異常なQ波の出現や、数日後の深い冠性T波の出現でその病名が付きます。


1964_69心筋梗塞の症状は、胸の痛みや呼吸困難、冷や汗、肩や背中の痛み、吐き気等が現れます。

病状を改善するには、まず動脈硬化を予防し、血圧、肥満、酒、タバコなどを控え、ストレスをためないようにします。

食事などの生活習慣を改善することが必要です。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



若返りの治療について

若返り治療にはどのような治療方法があるのでしょうか。

年を取ると目立ってくるのが肌のしわやたるみ、くすみなどです。

これらを軽減し、外見的に若返りをはかる治療がアンチエイジングです。

しわやしみをレーザーで目立たなくする方法や、肌をピーリング治療によって蘇らせる方法があります。

ホルモン注射を行うことで加齢のスピードを遅らせたり、リフティングというフェイスリフト治療によって肌のたるみを物理的に除去する若返り施術もあります。

レーザーや光を使った若返りや、ケミカルピーリングでの美白治療、コラーゲンやボトックスの皮下注射によるしわ取りによる若返りも行われています。

どうやっ・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪は低い、でも血糖値... | トップ | 中性脂肪(TG)値が高い場合... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事