中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

動脈硬化が引き起こす病気の一つ、間歇性跛行症

2017-03-21 19:29:29 | 中性脂肪

間歇性跛行症

動脈硬化が引き起こす病気の一つ、間歇性跛行症の原因には、神経によるものと血流によるものがあります。

間歇性跛行症(かんけつせいはこうしょう)とは、5分から10分程度歩くと、足に痛みやしびれ、脱力などを感じて歩けなくなり、立ち止まってしばらく休むと歩くことができるようになりますが、歩くとまた足が痛くなる症状を繰り返すものです。

間歇性跛行症の原因には2つあり、ひとつが神経の問題で発生する腰部脊柱管狭窄症、もうひとつが血流の問題で発生する閉塞性動脈硬化症です。

1964_71腰部脊柱管狭窄症は、主に加齢によるものですが、腰にある脊柱管が骨や軟骨、じん帯などの変形によって狭くなり、そのために脊柱管の中で神経が圧迫されて、神経の栄養動脈がうまく流れず、足や腰がしびれたり痛んだりします。

一方、閉塞性動脈硬化症というのは、足の血管の動脈硬化によって血管が詰まったり狭くなったりしているために、歩行困難を起こし、ついには歩行不能となります。

疲れによるものではないので、数分間休むとまた元のように歩けるのが特徴です。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



酵素による美容ダイエット

酵素ダイエットは、美容効果の高いダイエット方法として知られています。

酵素の力を利用して効率良く痩せるということが酵素ダイエットので、体への負担も少ないため美容にも健康にもいい痩せ方が可能です。

定番の方法としては、プチ断食での酵素ダイエットがあります。

プチ断食とは、週末や連休を利用して数日間断食をするというダイエット方法です。

この時に酵素を取り入れることで、デトックス効果や脂肪燃焼効果を高めるというやり方です。

プチ断食期間内は、本来なら体に必要な栄養の一切が断たれてしまいますが、酵素食品を使うことで食事の代替となり、リバウンドが起きにくくなります。

カロリー・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪が多くなると脂肪肝 | トップ | 中性脂肪(TG)値が高い場合... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL