中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪が多くなると脂肪肝

2017-03-20 14:12:55 | 中性脂肪

中性脂肪は肝臓で合成されますが、中性脂肪が多くなると脂肪肝、いわゆるフォアグラのような状態になっていきます。

こうなると肝臓の機能(肝機能)が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高くなります。

「肝臓の病気」というとアルコールが原因のように思われますが、上記のように中性脂肪が原因になる場合もあります。

肝臓の病気は、食べ過ぎでの肥満、炭水化物や糖分の摂りすぎによっても引き起こされる可能性がある、ということです。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



お腹の引き締め対策

お腹の引き締めに効果的なこととは何でしょう。

男性は基礎代謝を上げることが、お腹の引き締め対策に大きく影響します。

基礎代謝とは体を動かさずにエネルギーを消費する事で、ピークは15~17歳でそれ以降はすこしずつ基礎代謝は低下していきます。

食べる量が同じでも中高年になるにつれ中年太りの原因となり、お腹の引き締め対策が必要になってくるのです。

思春期の女性は女性ホルモンの分泌が盛んになり、体型に女性らしい丸みが出てきます。

その時に皮下脂肪が溜まりやすくなり、太りやすくなります。

また、出産や妊娠を機に脂肪がつきやすくもなります。

更年期には、中高年の女性は特・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルコールが中性脂肪値を上... | トップ | 中性脂肪を生成を促すアルコ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL