中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

甲状腺機能亢進症とは?

2017-09-22 20:47:49 | 中性脂肪

甲状腺機能亢進症とは?

甲状腺機能亢進症とは、女性に多いバセドウ病が代表的な病気です。

甲状腺機能亢進症は、過去の履歴や血液検査によって判断され、血中の甲状腺刺激ホルモンの量で判断されます。

甲状腺刺激ホルモンが低い場合、血中のトリヨードサイロニンとサイロキシンの量が高くなり、脳下垂体の動きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえます。

症状としては、甲状腺ホルモンの分泌が亢進するとエネルギーの消費力が高まり、食欲が増加します。

いくら食べてもやせてしまいます。

つまり中性脂肪が生成されない状態になります。

動悸や息切れ、多汗や微熱、手や指の震戦とうが認められます。

精神的症状としては不安を感じたり、集中力の低下があります。

治療法としては最初に甲状腺ホルモンの抑制を行う薬を使用し、のちに手術や、放射線アイソトープの治療を行うことが多いです。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



光フェイシャルで肌が若返る

アンチエイジングの最新技術である光フェイシャルとは、1988年にアメリカで開発されたということです。

肌に有効な光エネルギーを照射する光フェイシャルとは、色々な波長が含まれる光の照射をキセノンランプの光で行います。

光エネルギーを顔全体に照射することで肌を若返らせる効果が、光フェイシャルで期待することができます。

コラーゲンの生成を促して増やす効果があるとされている光フェイシャルでは、皮膚の真皮層でコラーゲンを作り出す働きのある繊維細胞を活性化していきます。

キノセンランプという光フェイシャルに使用される波長は、効果的にメラニンやオキシヘモグロビンなどへ働きかけて、色素沈着や毛細血管の拡張の・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動脈硬化が引き起こす狭心症

2017-09-22 15:59:48 | 中性脂肪

動脈硬化が引き起こす狭心症

1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。

心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。

締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。

動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。

狭心症の検査としては血液検査、心電図、心エコー検査、心臓カテーテル検査等を行います。

心臓カテーテル検査は、動脈内に細いカテーテルを通し、造影剤を注入します。

どの血管がどのくらい細くなっているのか詳しく解ることができます。

症状を改善する方法としてよく知られているのがニトログリセリンです。

狭心症の発作時に効果があります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



効果的なスキンケアを見つけよう

お肌の質は様々で、肌荒れの原因も人によって大きく異なります。
なかなかご自身に合ったスキンケアが見つからないのも、仕方のない事です。
しかしよりよいお肌を目指すのは女性にとって当然のことで、すぐにでも自分に合ったスキンケアを見つけたいものです。

どうすれば自分に合った最高のスキンケアを見つけることが出来るのでしょうか。
生活習慣や体質は人によって大きく異なるので、ここにばかり注目していては万人に有効的なスキンケアを見つけだすことが出来ません。
そんな中でひとつだけ、全人類のお肌に共通するものがあります。
それがお肌の「ターンオーバー」なのです。
古くなった表皮が角質となって剥がれ落ち、その下の細胞・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甲状腺機能亢進症とは?

2017-09-22 11:44:41 | 中性脂肪

甲状腺機能亢進症とは?

甲状腺機能亢進症とは、女性に多いバセドウ病が代表的な病気です。

甲状腺機能亢進症は、過去の履歴や血液検査によって判断され、血中の甲状腺刺激ホルモンの量で判断されます。

甲状腺刺激ホルモンが低い場合、血中のトリヨードサイロニンとサイロキシンの量が高くなり、脳下垂体の動きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえます。

症状としては、甲状腺ホルモンの分泌が亢進するとエネルギーの消費力が高まり、食欲が増加します。

いくら食べてもやせてしまいます。

つまり中性脂肪が生成されない状態になります。

動悸や息切れ、多汗や微熱、手や指の震戦とうが認められます。

精神的症状としては不安を感じたり、集中力の低下があります。

治療法としては最初に甲状腺ホルモンの抑制を行う薬を使用し、のちに手術や、放射線アイソトープの治療を行うことが多いです。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



酵素による美容ダイエット

酵素ダイエットは、美容効果の高いダイエット方法として知られています。

酵素の力を利用して効率良く痩せるということが酵素ダイエットので、体への負担も少ないため美容にも健康にもいい痩せ方が可能です。

定番の方法としては、プチ断食での酵素ダイエットがあります。

プチ断食とは、週末や連休を利用して数日間断食をするというダイエット方法です。

この時に酵素を取り入れることで、デトックス効果や脂肪燃焼効果を高めるというやり方です。

プチ断食期間内は、本来なら体に必要な栄養の一切が断たれてしまいますが、酵素食品を使うことで食事の代替となり、リバウンドが起きにくくなります。

カロリー・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加