中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

健康診断でTG値が高い場合

2017-08-16 21:40:41 | 中性脂肪

健康診断でTG値が高い場合は、内科医などへの診察を勧められると思います。

なぜ中性脂肪は対策しなければならないのか解説します。

もっとも大きな理由は、血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまうからです。

中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。

中性脂肪や悪玉コレステロールは、血管にへばり付いて、血液の流れを阻害して動脈硬化を進行させます。

善玉コレステロールは、血液中の悪玉コレステロールを肝臓に運び出して分解させる役割をもっているので、善玉コレステロールが減ってしまうと、悪玉コレステロールがたくさん残って溜まってしまうのです。

悪玉コレステロールが溜まっていった結果、動脈硬化が起こり、その結果、心筋梗塞や狭心症脳卒中といった血管のつまりが原因の病気に罹る可能性が高くなります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



プチ断食によるデトックスダイエット

プチ断食によってデトックスとダイエットをするという方も少なくないようです。

毎日の食生活やちょっとした食事で何やかやと常時稼働している消化器官に小休止を与えてデトックスをするためのものがプチ断食です。

期間を区切って、その間に食べる野菜や果物は有害物質が含まれていないものに限定することが、定番のプチ断食です。

土日や連休など、自由な3日間などを利用して、その間プチ断食に取り組むことによって、デトックスやダイエットをします。

摂取カロリーを減らす事で、体は体内脂肪をエネルギーに変えようとしてくれます。

体内脂肪がエネルギーに変化することにより体内で最も毒素が溜まりやすい脂・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動脈硬化が引き起こす狭心症

2017-08-16 19:18:28 | 中性脂肪

動脈硬化が引き起こす狭心症

1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。

心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。

締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。

動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。

狭心症の検査としては血液検査、心電図、心エコー検査、心臓カテーテル検査等を行います。

心臓カテーテル検査は、動脈内に細いカテーテルを通し、造影剤を注入します。

どの血管がどのくらい細くなっているのか詳しく解ることができます。

症状を改善する方法としてよく知られているのがニトログリセリンです。

狭心症の発作時に効果があります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



シミ治療の前に

シミ治療の際に心がけたいことは何でしょう。

紫外線を長時間浴びるとシミの元となるといいますが、シミができる理由はそれ以外もあります。

女性ホルモンの乱れやストレスの蓄積が原因となってできるシミに肝班という種類のシミがあります。

ピルの服用や妊娠で出るシミ、顔を洗う際に強くこすりすぎることでできたシミなどもあります。

このように、紫外線と関わりなくできるシミも少なくありませんが、例えば肝班は紫外線の影響によって一層目立つようにもなりえますので、十分に気をつけてください。

医療機関の治療を受けずとも、シミを解消したり、目立たなくすることは可能です。

美白作用のある洗顔剤や化粧品の・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

2017-08-16 16:58:10 | 中性脂肪

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

食事で摂取したエネルギーが消費しきれずに余ってしまうと、余った分は肝臓において中性脂肪に合成され、肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。

飢餓に備える働きです。

脂肪分だけでなく、炭水化物を多く摂って血糖値が高くなった場合や、アルコール摂取(飲酒)をした場合にも蓄えられやすくなります。

蓄えられた中性脂肪は、食事量が減る・有酸素運動を行うなどによってエネルギーが不足した際に、「リパーゼ」という酵素によってグリセロール(グリセリン)と遊離脂肪酸(FFA)に分解されます。

グリセロールとFFAが活動の燃料となり、体内のエネルギー代謝システムによって体に供給されます。

エネルギー消費と摂取カロリーが釣り合っていれば




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



ホッカイロで脂肪燃焼!

寒い季節には欠かせない「ホッカイロ」、皆さんは有効活用していますか?小さくて価格も良心的なホッカイロを上手に使っていくことで、エステやサウナに通うくらいの効果を得られるのです!寒さをしのぐために冬場だけ使用していらっしゃる方が多いかと思われますが、ホッカイロを必要としないような季節にも、ホッカイロが商品棚に置かれているのを見られたことはないでしょうか?目にしたことがある方は、“なんでこんな季節に置いているのだろう?”と不思議に思いませんでしたか?なぜ、スーパーやコンビニには、暑い夏場でもひっそりと並べられているのかというと…夏場だろうが何だろうが、日常的にホッカイロを購入していく方がいるからなのです!まったく需要がない商品であれば、並べるだけ無駄ですよね・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男性の中性脂肪が上がる原因

2017-08-16 14:24:14 | 中性脂肪

男性の中性脂肪が上がる原因

中性脂肪の上がる原因には、単純にエネルギー摂取量の過多、つまり食べ過ぎや飲み過ぎが原因になります。

食事で摂った過剰分のエネルギーは肝臓にて中性脂肪に合成され、体の組織に蓄えられます。

また、お酒に含まれるアルコールは、その分解過程で、中性脂肪の合成を促します。

881_3働き盛りの世代である30代から60代の男性は、外食やお酒を飲む機会が多く、中性脂肪が高くなりやすいのです。

また男性に多い喫煙も中性脂肪が高くなる原因とされています。

タバコに含まれているニコチンは、中性脂肪の合成を促すと言われています。

中性脂肪を下げるには、食事、運動などの規則正しい生活習慣が大切になるのです。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



二重あごにはリフトアップ手術

たるみの気になる二重あごを目立たなくするため、リフトアップ手術を受ける方もいます。

二重あごの部分を、手術で切除します。

長年にわたって切開による二重あご手術の利用者が多いのは、一度手術をすると効果が長く続くことからです。

二重あごになっている部分にメスを入れ、シリコンプロテーゼを埋めるというやり方もあります。

効果が長く続く他、口の内側から切り込みをいれてプロテーゼを入れるため見た目はそのままという利点もあります。

この方法なら、何年か経過した後に最適出ということもできます。

二重あごの手術はあごのラインを意識しながら注意深く行われる手術ですので、二重あご解消・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性脂肪とは、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたもの

2017-08-16 11:58:35 | 中性脂肪

中性脂肪とは、摂取したエネルギーが体で消費されず余った場合に、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたものです。

本来は人体にとって必要不可欠なエネルギー源であり、体温を保ったり内臓を守ったりするクッションとしての役割もある重要な成分ですが、多すぎると動脈硬化を起こし、じわじわと進行してしまうと、動脈硬化の結果として脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気を招いてしまう可能性もあります。

中性脂肪の血液検査結果は、次のように見ます。



正常値は30~149mg/dl
異常値は29mg/dl以下または150mg/dl以上


中性脂肪が高いからといってどこかが痛んだり、調子が悪くなったりといった自覚症状は、ほとんどの場合ありません。

そのため、年に一度の健康診断で「高い」と指摘されても放置しがちですが、物言わぬ「サイレントキラー」を進行させてはいけません。

指摘を受けた時点で早めに改善に取り組むことで、正常値に戻るのも早くなります。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



お肌のためのスキンケア

より良いお肌のために我々は日々スキンケアを欠かしませんね。
効果的なスキンケアのために情報を集めたり、様々な事をしてみる人はとても沢山いらっしゃいます。

しかし日々のスキンケアがお肌に悪影響を与えているとしたら、これはとても勿体のないことです。
そんなわけないとお思いになるお方が多いと思うのですが、実は日々のセルフケアでお肌にストレスを与えている可能性があるのです。


スキンケアに気を使っているのに、なぜか肌が改善しない。
化粧水を使っても肌がパリパリする・・
こんなお悩みを抱えている女性はぜひ一度、ご自身のお化粧品が肌に合っているかを確かめてみてください。
自分に合わないスキンケアを続ける・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加