中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

ステッパー運動で効率的に中性脂肪値を下げるための方法

2017-08-15 21:31:36 | 中性脂肪

ステッパー運動で効率的に中性脂肪値を下げるための方法

ステッパーステッパーを使用した有酸素運動は、日常的に行う事によって、適宜な心拍数の上昇を促し、中性脂肪値を下げるのにとても有効であるということが実証されています。

ステッパーなどの有酸素運動により、心拍数を高める事で血液の循環を促進し、体全体の細胞の隅々に充分な酸素が送り込まれます。

そうすると体内の酸素の血中濃度が高まることで、余分な中性脂肪が組織から押し出される事になり、ひいては中性脂肪値の低下が期待できるという仕組みになっています。

それでは、どのようにしたらステッパーを利用して効率よく中性脂肪値を下げることができるでしょうか?

ステッパー運動は、出来れば毎日行う事が理想ですが、時間の都合がつかなかったり、毎日だと続けるのが辛い方の場合は最低でも一週間に5日は行う事がベストです。

そして一日の運動時間の目安はだいたい30分。

できれば1時間ぐらいまで無理をせずに自分のペースで行うとよいでしょう。

これらを守ってステッパーを継続して行っていれば、大体1ヶ月ぐらいから中性脂肪値の減少が確認されてくるようになります。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



下腹のダイエットとは

下腹ダイエットは何をすべきでしょう。

ダイエットといっても、ウェスト部分をシェイプアップしたいとか、下腹のぽっこりをどうにかしたいという人もいます。

体重を3㎏落としたいから、二の腕部分をスッキリさせたいから、などダイエットの理由は様々です。

下腹が出てきたことがダイエットのきっかけになった人は多いですが、下腹ダイエットに適したものとは何でしょうか。

胸の辺りはそれほどでもないけれど、へそから下の下腹部が見るからにポコッと出ていることが目につくという人は結構多いようです。

年を取れば取るほど、下腹部についた脂肪は代謝されにくくなり、それでいてつきやすくなるようです。

・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなる

2017-08-15 18:58:16 | 中性脂肪

妊娠中(20代~40歳くらい)

妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなるので、心臓や肺などの循環に負担がかかり、出産時のリスクが増す危険性があります。

妊娠中も中性脂肪をきちんと管理しましょう。

具体的食事方法
妊娠中の体重増加は、胎児、胎盤や羊水分は7kg、脂肪分は3kgの合計10kg前後の増量が望ましいとされています。

妊娠中に体重が増えすぎると、その分血中の中性脂肪も増える原因となり。

妊娠中は10~12kgの増加を目安に体重管理していきましょう。

妊娠中の食事摂取カロリーの目安
妊娠初期(妊娠0~4カ月)
:+50kcal
妊娠中期(妊娠5~7カ月)
:+250kcal
妊娠後期(妊娠8~か月)
:+450kcal

妊娠中は、「2人分」の食事を食べる必要はありません。

妊娠中の体重管理のポイントとしては、妊娠後期になると、赤ちゃんの体が大きくなり体重も増えるので、この時期までの体重を増やし過ぎないことが大切となります。

妊娠中は、安定期を過ぎると食欲がわきますが、お菓子などの甘いものを食べるのは控え、食事は伝統的な和食、おやつは果物など、栄養バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



亜鉛をサプリメントで取る必要がある人

サブリメントを亜鉛で補給する必要性があるかどうかはどこで見分けるべきでしょう。

体内の亜鉛が不足すると、様々な身体症状が現れます。

主なものでは味覚障害や全身の倦怠感などですが、この他にも肌荒れがひどい方やツメの形が変形している方、物忘れが増えてきたという方は亜鉛不足を警戒する必要があります。

加工品として販売されている食品は、亜鉛が損なわれていることが多いようです。

亜鉛が足りていないという方の中には、ファーストフードやインスタントの食品を使った食事をすることが多いという方が少なくないようです。

体内に十分な亜鉛を供給するには、亜鉛の含有率が高い食材で食事を作るか、・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

2017-08-15 16:45:08 | 中性脂肪

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

食事で摂取したエネルギーが消費しきれずに余ってしまうと、余った分は肝臓において中性脂肪に合成され、肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。

飢餓に備える働きです。

脂肪分だけでなく、炭水化物を多く摂って血糖値が高くなった場合や、アルコール摂取(飲酒)をした場合にも蓄えられやすくなります。

蓄えられた中性脂肪は、食事量が減る・有酸素運動を行うなどによってエネルギーが不足した際に、「リパーゼ」という酵素によってグリセロール(グリセリン)と遊離脂肪酸(FFA)に分解されます。

グリセロールとFFAが活動の燃料となり、体内のエネルギー代謝システムによって体に供給されます。

エネルギー消費と摂取カロリーが釣り合っていれば




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



食べたものはいつ脂肪になるのかご存知ですか?

この時期、食べたり飲んだりする機会が多いのではないですか?

頑張ってダイエットに励んでいたのに、食事会やら飲み会が増えたりで

「もういいや。こんだけ食べたり飲んだりだったら、ダイエットを意識した食生活を

していたけれど、や~めた!」と諦めモードに入っていませんか?

そんなあなた、諦めるのは早いですよ。

あなたが食べたものが体脂肪になるのに、どれ位かかるかご存知ですか?

「今すぐ?じゃないの?」

いいえ。

「じゃあ、明日?」

いいえ。

安心しましたか?実はあなたが食べたものが脂肪になるのには2週間・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妊娠中の適度な運動は、中性脂肪の値を適正に保つ

2017-08-15 14:25:04 | 中性脂肪

具体的な運動方法
妊娠中の適度な運動は、中性脂肪の値を適正に保つだけでなく、出産に必要な腰回りの筋肉を鍛える効果もあります。

妊娠中は、ウォーキングやヨガなどの軽めの全身運動が適しています。

ジャンプが必要なスポーツは、お腹の赤ちゃんにも負担がかかるのでおすすめできません。

最近では、妊婦さん向けのマタニティビクスなどの教室も多くあります。

毎日10~30分無理のない範囲で、運動を取り入れるようにしましょう。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



セルライトとは

除去したいセルライトがある人は多いようです。

1970年代に、エステサロンを経営していたニコール・ロンサードという人が著した書籍によってセルライトという名称は有名になりました。

セルライトというものがよく知られるようになったのは、この本が非常によく売れたことがきっかけです。

2000年になってから、日本でもセルライトという単語は使われるようになりました。

広まったきっかけは美容広告やエステの案内などのようです。

セルライトという単語は「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」という2つのフランス語からきており、ニコール・ロンサードが広める前の頃からあった言葉のようです。

・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性脂肪が上がる原因

2017-08-15 12:08:02 | 中性脂肪

中性脂肪が上がる原因

中性脂肪が高い人は、ほとんどの場合、食生活と運動習慣に問題があります。


だめとわかっていても揚げ物や焼き肉が大好き
おなかいっぱいまで食べるのが幸せ
なんとなくおやつを食べたり、甘いものを飲みたくなったりしてしまう
最低限の移動以外の運動を特にしていない
外食やコンビニが多く、自炊をあまりしない
お酒を酔っぱらうまで飲む
夕食を食べるのが深夜になってしまう

といった項目に当てはまる人は、中性脂肪が高くなる可能性があります。

中性脂肪の上がり下がりには男女差はあまり見られないようですが、年齢では30代から急に数値が上がりやすくなります。

これは体の脂質代謝が落ちて消費カロリーが減ることや、筋肉量が年々低下していくこと、仕事や家庭で忙しくなり、運動やセルフケアの時間を持ちにくいことと関係があります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



高血圧予防とサプリメント

高血圧対策のサプリメントは現在、健康食品業界、製薬会社、飲料水の会社等様々な業界で開発され商品化されています。

高血圧サプリメントの形状も様々なタイプのものがあります。

バウダータイプ、ドリンクタイプ、タブレットタイプなど、好みに合わせて選択することができます。

サプリメントの共通の特徴として挙げられるのが継続して摂取することで効果が感じられる点です。

しばらくして飽きてしまったり、何らかの理由で摂取しない期間が続いた場合、サプリメントの影響が全く現れないというケースもあるのです。

サプリメントで高血圧予防を目指すのであれば、一定期間はそのサプリメントを摂取し続けるということが必・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加