中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪を落とすには、食事と運動、お酒の飲み方を守ることが重要です。

2017-08-03 23:37:09 | 中性脂肪

中性脂肪を落とすには、食事と運動、お酒の飲み方を守ることが重要です。

他にも、中性脂肪を下げる効果のあるサプリメントで対策をサポートする方法もあります。

どれも即効性があるわけではなく、毎日少しずつでいいから続けるのが何よりの最短コース、コツといえます。


中性脂肪は、早い人なら1、2カ月で数値が改善するそうです。

どれか一つでも自分にできそうな方法を見つけ、飽きないように組み合わせながら毎日どれか一つはトライしてみるといいでしょう。

例えば、一駅歩く、うどんをやめてそばにする、毎晩2缶飲んでいたビールを1缶にしておく、などです。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



サプリメントアドバイザーの仕事とは

最近話題になっている、サプリメントアドバイザーの仕事とはどのようなものなのでしょうか。

一人一人の体質や状況に応じて、各々に合ったサプリメントをすすめることが、サプリメントアドバイザーの仕事だといえます。

現在では、サプリメントを消費者自身が通信販売やドラッグストアなどで選んでいるケースが多いようです。

効果を期待しやすいサプリメントを、本当は選びたい人も多いのではないでしょうか。

サプリメントアドバイザーのような、専門家の知識を借りるのがやはり賢明でしょう。

値段の高低もピンからきりまでありますし、マルチビタミンサプリメント一つを例にとっても判ることですが、その種類は・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男性の中性脂肪が上がる原因

2017-08-03 20:44:22 | 中性脂肪

男性の中性脂肪が上がる原因

中性脂肪の上がる原因には、単純にエネルギー摂取量の過多、つまり食べ過ぎや飲み過ぎが原因になります。

食事で摂った過剰分のエネルギーは肝臓にて中性脂肪に合成され、体の組織に蓄えられます。

また、お酒に含まれるアルコールは、その分解過程で、中性脂肪の合成を促します。

881_3働き盛りの世代である30代から60代の男性は、外食やお酒を飲む機会が多く、中性脂肪が高くなりやすいのです。

また男性に多い喫煙も中性脂肪が高くなる原因とされています。

タバコに含まれているニコチンは、中性脂肪の合成を促すと言われています。

中性脂肪を下げるには、食事、運動などの規則正しい生活習慣が大切になるのです。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



目とビタミンのサプリメントについて

今目のサプリメントというものが巷で人気のようです。

食生活や睡眠が著しく不規則な生活を送っている人は、健康増進や病気予防のためにサプリメントなどでバランスの取れた栄養を補給をする必要があります。

仕事などで、1日じゅうパソコンを凝視するような職業に就いている人は目を酷使しています。

サプリメントでの栄養補充が、目の疲れ対策、目の健康維持には重要な役割を果たすでしょう。

ビタミンAサプリメントは粘膜を強化し、目の疲労回復に役立ちます。

ビタミンAはβカロチンという形で摂取する方がお勧めです。

食材としてはさつまいも、かぼちゃ、小松菜、ブロッコリーなどです。・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心筋梗塞は血中脂質の中性脂肪で

2017-08-03 18:12:26 | 中性脂肪

心筋梗塞

心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行し、血管内のプラーク脂肪などの、固まりが破れて血栓ができてしまうことです。

血中脂質の中性脂肪が150mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl以下で、血圧は最高血圧が140/最低血圧90以上であるかで動脈硬化のリスクが高くなります。

心筋梗塞の検査では、心電図、血液検査、心筋逸脱酵素で調べます。

心電図のST上昇や数時間後の異常なQ波の出現や、数日後の深い冠性T波の出現でその病名が付きます。


1964_69心筋梗塞の症状は、胸の痛みや呼吸困難、冷や汗、肩や背中の痛み、吐き気等が現れます。

病状を改善するには、まず動脈硬化を予防し、血圧、肥満、酒、タバコなどを控え、ストレスをためないようにします。

食事などの生活習慣を改善することが必要です。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



美容とサプリメント

サプリメントで、美容の為に開発されたものは大変多くの種類と商品があります。

取り扱っているのは健康食品業界やエステサロンなどです。

この他にも、化粧品メーカーや製薬会社、最近では清涼飲料水や食品の製造会社も美容サプリメントの販売に関心を示しています。

サプリメントの使用目的も美容関係が多く、ダイエットの為、一般にアンチエイジングと言われる若返りもあります。

サプリメントを摂取することで美肌になるものや、肌のハリや弾力、しみやしわを目立たなくするためのものもあります。

サプリメントでの美容は、テレビや雑誌で取り上げられることもあり、インターネットサイトや各種ポスターなどで目にすることもあ・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性脂肪の値が低い場合の病気

2017-08-03 15:52:31 | 中性脂肪

中性脂肪の値が低い場合の病気

中性脂肪は、生命維持活動に必要な栄養ですので、この値が少なすぎても逆に不健康です。

栄養素が足りない状態なので、細胞を作ることができなくなり、中性脂肪が高い場合と同様、今度は栄養素不足で動脈硬化になる可能性があります。

(栄養欠乏による動脈硬化)めまいや片頭痛を引き起こすこともあります。

また、極端にTG値が低い場合には、肝臓や腎臓の機能低下や、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)などの病気の疑いもあります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



美容外科による若返り治療

最近、生活の質が向上するに連れて、若返り治療は変化してきています。

若返り治療は、本来個人が持っている顔や体の形を変えたり、老化現象を改善したりするためのものが発達してきました。

今までは、治療といえば、病気やけがを予防したり、治したりする為のものでしたが、現在では美容のための医療もとても進んでいるようです。

実際の若返りの治療には、美容外科、美容皮膚科、美容内科等様々な領域の分野が関わっており、とても人気があります。

今後ますます社会の高齢化が進むことによって、美容外科における顔の若返り治療が重要さを増すことは十分予想されることです。

欧米では若返り治療は非常に進んでいます。・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性は、筋肉量が減れば、基礎代謝が下がる

2017-08-03 13:36:30 | 中性脂肪

具体的な運動方法
年齢を重ねると共に、使わない筋肉はどんどん衰えていきます。

女性はもともと筋肉が男性より少なく、筋肉量が減れば、基礎代謝が下がるので、それだけ太りやすくなってしまいます。

毎日30分程度の適度な運動は、適正な中性脂肪の値を保つだけでなく、足腰や心肺機能を丈夫にする効果もあります。

以下に、この時期の女性に向いている運動を挙げます。

ウォーキング
有酸素運動であるウォーキングは、効率的に体内に蓄えられている中性脂肪を燃やすことができます。


「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動

時間が取れない方でも、買い物時は歩くようにするなど工夫してみましょう。

水中ウォーキング
水中で行うウォーキングは、水の浮力を利用することで、足腰に負担をかけることなく運動できます。

また、水圧の影響で、陸地で運動するよりも、カロリー消費は高くなります。

ダンベル体操
ダンベル体操などの無酸素運動は、筋肉を鍛える効果があり、基礎代謝を上げることができます。

女性なら、最初は1kg程度のものから始めると良いでしょう。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



化粧品の選び方

コスメや化粧品を自分に合ったものを選ぶことは、女性にとって難しいものです。

探さなければならないのは、色や質感だけでなく、肌に合う化粧品です。

ついテレビのCMや雑誌広告に勧められるまま、手近な化粧品を選んでしまいがちな人もいるのではないでしょうか。

決して化粧品は安い買い物ではありません。

コスメ難民という、化粧品を渡り歩く人にならないようにしたいものです。

無節操に選んでいくのではなく、新しいものに挑戦することは悪いことではありませんが、自分なりの物の見方を決めていくことが必要ではないでしょうか。

まずは自分の肌の状態を知ることからやってみましょう。

さらに・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加