中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪はどこでチェックできる?

2017-09-20 20:24:16 | 中性脂肪

中性脂肪はどこでチェックできる?
→職場や自治体の健康診断が中心です。

 

健康診断で採決を受けるのが最も安く済みます。

自覚症状や医師の判断があれば、健康診断のタイミング以外でも採血を行うことがあり、その場合は主に内科での検査となります。

詳しくは中性脂肪の検査とは?健康診断や病院での検査の受け方




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



しそ酢がダイエットに効果的な理由

しそ酢にはロズマリン酸が豊富に含まれているため、ダイエットに効果があると言われています。

通常、炭水化物を摂取すると、炭水化物は麦芽糖へ変わります。

体内に取り入れた炭水化物は、まず麦芽糖になり、次いでブドウ糖になることで分解吸収され、生命活動に必要なエネルギーとなります。

ブドウ糖が炭水化物によって作られても、体がそれを必要としていない時もあります。

そんな時は使わなかった分が血液中に残り、コレステロールや中性脂肪となります。

コレステロール値が上がるのを止めてくれるのが、しそ酢に含まれるロズマリン酸なのです。

マルターゼというたんぱく質を分解する酵素が分・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性脂肪が増える仕組み

2017-09-20 16:22:20 | 中性脂肪

中性脂肪が増える仕組み

生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。

それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。

ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。

炭水化物(糖質)
炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。

ブドウ糖が余るとグリコーゲンとなって、肝臓などに蓄えられて中性脂肪に変化します。

タンパク質
タンパク質は、直接中性脂肪に変化するわけではなく、一旦アミノ酸に分解されます。

このアミノ酸がグルコース(糖質)となり、それが肝臓で中性脂肪となります。

脂質
脂質は、いわゆる油です。

質は、遊離脂肪酸とグリセロール(グリセリン)に分解されて吸収されます。

このグリセロールが中性脂肪となります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



光フェイシャルで肌が若返る

アンチエイジングの最新技術である光フェイシャルとは、1988年にアメリカで開発されたということです。

肌に有効な光エネルギーを照射する光フェイシャルとは、色々な波長が含まれる光の照射をキセノンランプの光で行います。

光エネルギーを顔全体に照射することで肌を若返らせる効果が、光フェイシャルで期待することができます。

コラーゲンの生成を促して増やす効果があるとされている光フェイシャルでは、皮膚の真皮層でコラーゲンを作り出す働きのある繊維細胞を活性化していきます。

キノセンランプという光フェイシャルに使用される波長は、効果的にメラニンやオキシヘモグロビンなどへ働きかけて、色素沈着や毛細血管の拡張の・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性脂肪の値が高い場合の病気

2017-09-20 12:01:24 | 中性脂肪

中性脂肪の値が高い場合の病気

中性脂肪値が高い場合に引き起こされる病気は、大きく2つの系統に分かれます。

①動脈硬化とそれによる病気
中性脂肪による動脈硬化中性脂肪値が高い場合は、まずは「脂質異常症」と診断されます。

脂質異常症になると、LDLコレステロールが増え、血管が硬くなっていく動脈硬化が進みます。

そして、この動脈硬化が様々な重大な病気につながっていくことになります。

動脈硬化が進むと、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など血管が細くなることによって引き起こされる病気にかかりやすくなります。

②脂肪肝
もう一つの系統は、肝臓への中性脂肪の蓄積による脂肪肝です。


中性脂肪が脂肪肝を生じさせる理由と対策

脂肪肝は、肝臓が、いわゆるフォアグラ状態になることですが、これにより肝臓の機能の低下を招きますので、肝硬変、肝臓がんにつながる可能性が出てきます。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



サウナで皮下脂肪を出し切ろう!

スーパー銭湯や、昔ながらの銭湯などには必ずと言って良いほどにサウナが付いていますよね。

ダイエットに励まれている皆さん、サウナを有効活用して、期待通りの成果を上げるダイエットにしてみませんか?たくさん汗をかくからダイエットに効きそうなのは分かるけど、サウナって何だか男の人が入るイメージがある…というような偏見を持たれる方はいらっしゃらないですか?近くにサウナ環境がある方はラッキーですよ?何度も失敗されている方も、これからダイエットに挑戦される方も、どんどん日常に取り入れてダイエットを成功させましょう!

サウナにはサウナ作用でしか得られない独自のダイエット効果があります。

ただサウナに入るだけでは似たような・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ステッパー運動で効率的に中性脂肪値を下げるための方法

2017-09-19 23:44:57 | 中性脂肪

ステッパー運動で効率的に中性脂肪値を下げるための方法

ステッパーステッパーを使用した有酸素運動は、日常的に行う事によって、適宜な心拍数の上昇を促し、中性脂肪値を下げるのにとても有効であるということが実証されています。

ステッパーなどの有酸素運動により、心拍数を高める事で血液の循環を促進し、体全体の細胞の隅々に充分な酸素が送り込まれます。

そうすると体内の酸素の血中濃度が高まることで、余分な中性脂肪が組織から押し出される事になり、ひいては中性脂肪値の低下が期待できるという仕組みになっています。

それでは、どのようにしたらステッパーを利用して効率よく中性脂肪値を下げることができるでしょうか?

ステッパー運動は、出来れば毎日行う事が理想ですが、時間の都合がつかなかったり、毎日だと続けるのが辛い方の場合は最低でも一週間に5日は行う事がベストです。

そして一日の運動時間の目安はだいたい30分。

できれば1時間ぐらいまで無理をせずに自分のペースで行うとよいでしょう。

これらを守ってステッパーを継続して行っていれば、大体1ヶ月ぐらいから中性脂肪値の減少が確認されてくるようになります。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



ナノサプリメントとは

どのようなサプリメントをナノサプリメントと呼ぶのでしょうか。

ナノコロイドの略をナノといい、プラチナを10億分の1メートルの粒状に加工し保護剤を使用して溶液にしたものが、遷移金属ナノコロイドと呼ばれるものです。

プラチナナノコロイドは遷移金属ナノコロイドの一種であり、厚生労働省にも認められた、食品の酸化を防ぐ成分として安全性の高い食品添加物のことです。

さびない貴金属でもあるプラチナは、自動車の排気ガスをクリーンにする触媒としても幅広く利用されています。

プラチナのパワーをサプリメントだけに使っているわけではないのが、このプラチナナノコロイドです。

このプラチナナノコロイドという画期・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性脂肪って健康診断結果のどこを見ればいいの?

2017-09-19 19:03:53 | 中性脂肪

中性脂肪って健康診断結果のどこを見ればいいの?
→「TG」と表示されているのが中性脂肪です。

 

TGとはトリグリセリド、すなわち中性脂肪の値を示しています。

これが高すぎないか、低すぎないか、また関係の深い善玉コレステロール(HDL-C)、悪玉コレステロール(LCL-C)の数値も併せてチェックします。






中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



早起きはダイエットの得

「早起きは三文の徳」とは、昔からよく言われていることですね。

早く起きて三文(昔のお金の単位)得した!という意味ではありませんよ?朝早く起きる生活は健康にも良いし、なにか良いことがある…というような意味合いが由来のようです。

「三文の徳」の「徳」の部分は、「得」でも良いようです。

ちょっとした豆知識から始まりましたが、今回は「早起きはダイエットの得」とテーマをつけさせて頂きます。

健康に良いと言われる早起きはダイエットにも精通していることはご存知でしたでしょうか?皆さんのダイエット意識として、健康=ダイエットの仕組みを理解して頂きたいと思います。

不健康な方が痩せているのはダイエットで・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加