雑木帖

 ─ メディアウオッチ他 ─

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

共謀罪:政府の嘘がいよいよあからさまに

2006-11-20 23:41:46 | 「共謀罪」
 10月20日の法務委員会でアメリカが国際組織犯罪防止条約の第5条を留保していることに関し、松島大臣政務官は次のように述べた。

「アメリカにおきまして、留保というのはごく一部のことでございます」

 しかし、今日の東京新聞の記事によると、アメリカのバーモント州とアラスカ州においては、「一部」であるのは逆に共謀罪が適用されるほうの犯罪のほうなのだ。政府の答弁が全くの嘘であったことがわかる。

 米2州、罪種20以下 共謀罪 政府説明と矛盾 [東京新聞] 2006.11.20

 米国が「国際組織犯罪防止条約」批准(二〇〇五年十一月)の際、共謀罪導入を留保した問題に関連し、新たにバーモント、アラスカの各州には五-二十種類の犯罪に関する共謀罪しかなく、六百種類以上の犯罪に共謀罪を創設する日本の共謀罪法案(政府案)と大きく異なることが分かった。米国は、この二州などに配慮して留保を行っており、野党から「日本も同様の措置を取るべきだ」との声が上がっている。

 共謀罪を大がかりに導入しないと条約批准ができないとしてきた政府・与党は説明責任を問われそうだ。

 米国では複数州にまたがる犯罪以外は州刑法が適用されるが、日弁連や野党の共謀罪問題担当者の調べでは、バーモント州刑法で共謀罪がつけられているのは殺人、放火など五つの罪種だけ。アラスカ州刑法は第一級殺人、パイプライン破壊など二十罪種だった。

 日本の政府案は、最高刑が懲役四年以上の犯罪に共謀罪をつけるが、アラスカ州刑法はC級重罪(法定刑五年以下)にも共謀罪をつけていない。

 また、日本政府案は窃盗罪に共謀罪をつけたが、アラスカ刑法はつけていない。

 条約五条は「条約締約国は次の行為を犯罪とするため、必要な立法、その他の措置をとる」とし「次の行為」に共謀罪が列挙されていたため、政府・与党は、これを根拠に共謀罪を推進している。

 参考:
 ・共謀罪:アメリカの「留保」内容
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中学生が安倍首相に教育基本... | トップ | 「期日前投票」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆりかりん)
2006-11-21 15:51:45
どうにか阻止する方法は無いものでしょうかねぇ~???
今となっては遅過ぎるのでしょうか?
というか、どこかのマスコミが、大きく取り上げて、この法案の危険性に関して国民に注目を集めて欲しいですね。
(と言っても、政府の太鼓餅であるマスコミが、んなことするわけないか・・・)

家族で一緒にニュースやブログを見ていると、「あぁ~、日本ってドンドン悪くなっていくのかなぁ・・・?」と溜息をつく娘達。
子供達にビジョンを示せない社会に拍車が掛かっていくようで本当に嫌ですね。
ゆりかりん さん (雑木帖@管理人)
2006-11-21 22:22:30
 先の国会では、世論の恐さから強行採決ができない自公を相手に、新聞(東京新聞、毎日新聞、朝日新聞)が最後には決定的な役割(民主党案を「丸のみ」して国会を通した後に修正すればいいと与党が言っていたのを最後は暴露して)を果たしましたが、今回は特に朝日新聞がちょっとおとなしいです。一方で、東京新聞は昨日も大事な記事を書いていました。

たしかに日本がどんどん悪いほうへ向かっているというのは事実で、子供たちに対し弁解の余地はないと思います。
でもまだまだ間に合う、と思います。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
共謀罪の罪種、米2州では20以下~日本は600以上【東京新聞】 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
 東京新聞が米国のバーモント、アラスカ2州では、共謀罪の対象となる犯罪が20種類以下と非常に限定されていることをスクープした。日本では600以上が対象となっており、日本の法案が過剰なものであることが浮き彫りとなった。まず、東京新聞の記事を紹介し ...
共謀罪審議入り? (人工樂園)
 教育基本法の次はいよいよこいつかもしれません。  犯罪の合意をしただけで罪に問える共謀罪を創設する組織犯罪処罰法改正案の扱いを巡り、22日の衆院法務委員会理事会が一時紛糾した。与党理事の1人が「共謀罪法案の審議に速やかに入りたい」と主張したた ...