雑木帖

 ─ メディアウオッチ他 ─

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Index ── 「共謀罪」

2006-09-07 22:02:09 | 「共謀罪」
 ・共謀罪:まだ続いている…。 2006-12-05
 ・共謀罪:「アメリカの留保」に関するアメリカからの返信 2006-11-30
 ・共謀罪:未だくすぶっているゾンビ法案 2006-11-29
 ・共謀罪:政府の嘘がいよいよあからさまに  2006-11-20
 ・落合洋司弁護士の「共謀罪」記事 2006-11-13
 ・今日、『サンデープロジェクト』で11時から「共謀罪」の特集を放映 2006-11-12
 ・共謀罪:アメリカの「留保」内容 2006-10-29
 ・共謀罪:記事(10.21) 2006-10-21
 ・共謀罪:24日の法務委員会で強行採決の危険性 2006-10-21
 ・共謀罪:外務省、法務省の動きが活発化 2006-10-18
 ・外務省、嘘の上塗り 2006-10-14
 ・共謀罪:政府の説明責任 2006-10-08
 ・共謀罪:東京新聞と毎日新聞の記事 2006-10-06
 ・共謀罪:朝日新聞10月4日の記事「共謀罪ゴング再び」 2006-10-05
 ・共謀罪:アメリカは日本政府が「出来ない」という留保を実際には行い条約を批准 2006-10-01
 (以上、2006.12.05 追記)


 過去のエントリーから「共謀罪」に関するものをひろってみた。
 あらためてエントリーの数々を読んでみると自ら忸怩たる思いがするものが少なくない。
 なので「共謀罪」において、これはおさえておいたほうがいい、と思われる内容が載っているものだけを拾い上げた。
 一つ書き加えておくと、先の国会で「共謀罪」が流れたのは、幾人かの新聞記者の記事の存在があったからである。僕は今後「共謀罪」が国会で成立しなかった場合、それらの記者たちは「共謀罪」の成立を土俵間際で阻止した功労者として日本の歴史に銘記され記録されてもよいと思っている。それほどこの法案は危険な、世の中を一変させていくものなのだ。
 ある法案が表に出てくるとき、すでにその土壌が支配階層側の病理として存在しているということがある。「共謀罪」はまさにその例。
 ともかく、真剣に未来を考えるならば、この法案は絶対国会を通してはいけない。(2006.09.07)

 ・「共謀罪」:昨年の“画期的な”判決から見る今の司法の流れ 2006-08-19
 ・共謀罪:政府が提出している法案は、国際条約が要求している以上の犯罪をつくり出すもの…東京新聞 2006-06-15
 ・”「だから共謀罪に反対です」亀井静香インタビュー” 他 2006-06-13
 ・フジの民主党パッシング 2006-06-03
 ・『”与党の皆様”のNHK』はもういらない? 2006-06-03
 ・「次の国会で修正すればいい」と発言したのは、自民党国会対策委員長の細田博之議員だった 2006-06-02
 ・昨夜からの「共謀罪」記事に思う 2006-06-02
 ・「駐車違反」と「共謀罪」 2006-05-31
 ・今、まさに成立しようとしているトンデモナイ法律 (鴻上尚史) 2006-05-23
 ・統一教会の『世界日報』が社説で、日本の「共謀罪」法案を成立させるべき、と 2006-05-21
 ・「共謀罪」 「参加罪」… 2006-05-20
 ・「共謀罪」 条文の”以上”と”超える” 2006-05-18
 ・「共謀罪」法案推進する官僚、基本的なことも「把握していない」 2006-05-17
 ・”まばたき”でも「共謀罪」成立 2006-05-16
 ・共謀罪・与党再修正案ここが問題だ! 海渡雄一(弁護士) 2006-05-15
 ・【共謀罪】誰のための広い適用か 高知新聞 2006-05-15
 ・『サンデープロジェクト』の共謀罪特集 2006-05-14
 ・「共謀罪」 メディアには舞台裏を明かす義務 2006-05-10
 ・ライブドア・ニュースとYahoo!が「共謀罪」を取りあげる! 2006-05-08
 ・共謀罪に関する毎日新聞の2記事他 2006-05-04
 ・201X年 5月 3日の新聞広告 2006-05-03
 ・共謀罪の新聞記事 2006-05-02
 ・小倉利丸氏の、朝日新聞が「共謀罪」を論じた社説に対する異論 2006-05-01
 ・財界からも圧力?「共謀罪」 2006-04-27
 ・法学者の多くも沈黙 2006-04-22
 ・「共謀罪」が審議入り 2006-04-19
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三のゴルフ | トップ | 米上院情報特別委員会の報告... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。