雑木帖

 ─ メディアウオッチ他 ─

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TBSが公明党目黒区議の問題をニュースに

2006-12-10 04:49:16 | 政治と宗教
 TBSが今月7日に、公明党の東京目黒区区議団の政務調査費不正使用の問題をニュースで報じたようだ。
 “阿修羅BBS─【TBS】 政調費で弁当代か、去年の都議選時期 (本当なら党ぐるみの犯罪だ)”にTBSがWebにアップしたそのニュースのログが記録されている。
(注: 文中の強調表示は雑木帖@管理人によるもの)

 政調費で弁当代か、去年の都議選時期 [TBS] 2006.12.07

 去年の東京都議選挙の時期に、公明党の党本部に連日届けられた弁当の代金が、公明党・目黒区議団の政務調査費で支払われていたことを示す領収書が出てきました。
 目黒区議には1人年間204万円。公明区議団6人に会派でまとめて年間およそ1200万円が区から政務調査費として、交付されています。
 政務調査費収支報告書に添付された領収書によりますと、公明党・目黒区議団は去年6月24日、新宿区内の弁当店に4万80円を支払っています。

Q.届け先はどこだか分かります?
 「公明党本部です」(弁当店 店主)
Q.本部っていうのは?
 「信濃町の」(弁当店 店主)

 弁当店店主は、初日に全額の前払いを受け、5日間連続で弁当を1日12個ずつ、全部で60個、公明党本部に届けたとしています。
 領収書の日付にもなっている去年6月24日は、東京都議選の告示日でした。
 地方議員に交付される政務調査費の使い道は、地方自治法で、議員の政務調査・研究目的に限られており、選挙運動に使ったとすれば明らかに目的外使用に当たります。
 この点について、公明党広報局は「政務調査費から選挙運動員に弁当を提供することはあり得ない」としています。
 それでは、選挙告示日から5日間、連続で届けられた弁当は、何のためだったのかという問いに対しては、弁当が届けられた事実は確認できませんとしています。
 公明党・目黒区議団は、政務調査費の不明朗な使い方が報道された直後に収支報告書を修正して、この弁当代を含む772万円を返還。区議会への出席、説明もないまま6人全員が一斉に辞職して、その後は連絡がつかない状態になっています。

 「政務調査費については、領収書添付もないのが従来の習わしでしたから、それで選挙に使われてきたということは漠然とではありますけれども、言われてきたことですね。はっきりしているのは、4万円ということであって、提起されている問題は非常に重いと思います」(全国市民オンブズマン連絡会幹事 清水勉弁護士)
『週刊新潮』も今週号(2006.12.14号)の特集記事“目黒区議6人「異例の集団辞職」で公明党が「隠したかった」こと”で、この弁当の件を詳述している。
 …(略)…
 オンブズマンの調査によって出てきた領収書の中に、新宿区内のある弁当屋が切った昨年6月24日付の4万80円の領収書がある。
 平成17年6月24日。これが、問題の時期だった。

 選挙に消える“税金”

 政治部デスクによれば、
「公明・創価学会が総力を挙げて臨んだ都議選が、その6月24日に告示されています。投票日は7月3日。東京は学会のお膝元であり、また都は、最初に学会を宗教法人として認証しで管轄していた歴史があリますから、彼らは長く都議選を国政選挙に次ぐ重要な選挙として位置づけてきたのです。全国から学会員が上京して、知人に投票依頼をする活動が全面的に展開されていた、丁度その時期です」
 果してこの領収書は、どんな意味を持っているのか。
「昨年6月中旬に注文があリました。6月下旬の5~6日の間、毎日同じ場所に弁当を届けて欲しいという内容でした」
 とは、その領収書を発行した新宿区内の弁当屋さんである。
「届けた場所は、信濃町の公明党本部でした。幕の内弁当を1日につき十数食。うちは、おかずによって毎日、値段が変わるのですが、その時は、630円から780円の間でした。合計が4万円ほど。私が届けたのは、党本部の2階か3階で、ガランとした部屋でしたね。折り畳み式の会議用の長机が数脚、机の上に電話が数台置かれていました。丁度、都議選の時期だったので、有権者へ電話のローラー作戦をする部屋だなあ、と思いました。あとでまとめて領収書を書いたのですが、宛名を聞くと、“公明党目黒区議団でお願いします”と言われたので、あれっと思ったのを覚えています」
 目黒区民の税金である政務調査費は、公明党の都議選の活動に消えていたらしい。明らかに使途基準以外の使われ方である。
 それだけではない。
 この時期の「電話の架設代金」の領収書も、オンブズマンは発見している。
 …(略)…

 詐欺、横領、公選法違反

「電話の架設費と、沖縄でのタクシー代。明らかに選挙で使ったお金ですね」
 というのは、公明党のある元区議会議員である。20年以上にわたって区議を務めたこの人物は、自身の経験を踏まえて、こう語る。
「まず電話代ですが、これはどこかの施設、あるいは拠点となる幹部の家などに架設したものでしょう。学会の選挙は、そうやって引いた電話で、女子高生など子弟を数時間おきに配置し、朝から晩まで徹底的に投票を呼びかけます。その費用だと思います」
 では、沖縄のタクシー代は、どう考えられるのか。
「沖縄の那覇では、昨年の衆院選、公明党の前職だった候補者と、元自民党の議員だった候補者が激しい戦いを展開し、公明党にとって、最重点の選挙区になっていました。全国から応援が入ったので、その時、使ったタクシー代が請求されたのでしょう。私自身も経験があリますが、これは党本部からそれぞれの区議に、どこへ行け、と具体的に指示が下りてくるんです。そして現地で創価学会出入りの業者や、下請け業者の名簿などが手渡され、それをもとに各企業をまわって、投票依頼をしてくる。地元の学会員より、議員がやる方が効果が大きいですからね。そして、それぞれの企業の反応を逐一、東京から乗り込んでいる学会幹部に報告する。もし企業の動きが鈍い時は、例えば、それが銀行だった場合、学会幹部が直接、その銀行に“ちゃんとやらないとウチの預金を引き揚げるぞ”などと、詰め寄るんです。区議は、そこで使った領収書を持ち帰って、政務調査費に混ぜ込むわけです」
 どうやら公明党の選挙活動に税金が消えた疑いが濃厚なのである。
「昔は、私たちは政務調査費から学会への財務(浄財)も捻出していましたよ。これなどは立派な政治資金規正法違反。学会にとって議員は、自分たちが当選させてやった人間だから、自分たちに奉仕するのが当然だという感覚なんです」(同)
 …(略)…



 (目黒区議6人「異例の集団辞職」で公明党が「隠したかった」こと 『週刊新潮』2006.12.14号)より
 TBSが報じたというのはちょっと嬉しい意外さだったが、もしかしたら創価学会系とも言われているミキタニ氏の「楽天」の件があっての気概だろうか。いずれにしろ歓迎すべきことではある。
 ちなみに、政務調査費は議員活動での「調査研究活動」に必要な経費の一部として支給されるもので、目黒区区議会は使途基準として「同区の事務及び地方行財政に関する調査研究等々に限定している」そうだ。
 それにしても、区議会に政務調査費として提出した領収書には、沖縄での選挙応援活動で使ったとされているタクシーの使用料金(乗った区間地名が東京の地名に偽造されてもいた)もあるというのだから、まさにトンデモなカルトといえる。

 この税金の“横流し”で思い出したのが、赤字国債7000億円を投じた1999年の「地域振興券」だ。これは公明党が持ち出してきて、批判が多いなか自民党の公明党に対する国会対策費のような感じで国会を通過した、やはりトンデモなシロモノだった。
 これの謳い文句は「個人消費の喚起」と「地域経済の活性化」だった。浜四津敏子公明党代表代行(当時)などは、「日本経済の春一番」とか、「消費拡大の起爆剤」とか街頭や国会で言っていたそうだ。
 ところが、地域の商店街などの活性が謳い文句だったにもかかわらず、こともあろうに創価学会は全国の創価学会の会館、創価学会の聖教新聞の販売店を書籍販売業名目で地域振興券を取り扱う民間事業者(特定事業者)として登録、そこで学会員が池田大作の本とか聖教新聞の購読を振興券で扱えるようにしたのだった。
 しかも当時噂されたのは、創価学会が学会員に振興券で池田大作先生の本を買いましょうとおふれを出していたというものだった。
 これでは創価学会=公明党による税金の横領及び、マネーロンダリングではないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪:まだ続いている…。 | トップ | 池田大作と「公明党」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
釘段はなぜ沖縄に? (参考資料です。)
2006-12-10 16:05:37
「ネットゲリラは潜水艦戦である。潜水艦に前線はない。自分に有利な時と場所で戦闘を開始する。」より転載。
http://my.shadow-city.jp/?eid=306742

参考資料です。 さん (雑木帖@管理人)
2006-12-10 18:17:43
ありがとうございます。
創価学会員が選挙になると住民票を移動させて投票する、
というのは昔から言われていて、九州では自治体の首長が
指摘したことがあったような…。

仮に選挙の前後で数千人単位の住民票の移動があり、
また特徴として選挙後にはまた元の住居に戻っている
というようなことであれば、役所がちょっと調査すれば
わかることなのですが、いくら疑惑が持ちあがっても
調べる素振りさえみせないというのは異常な状態ですね。
マスメディアもそうで、こういう民主主義政治の根幹に
関わるようなことをなぜ調査報道しないのか。
新聞・テレビが、疑惑が持ちあがっているとして
大きく取り扱って報道するだけでも、相当な抑止効果
にもなるような単純なものなのですが。…

創価学会の「大量替え玉投票事件」
http://blog.goo.ne.jp/c-flows/e/6a406038b07ff3da74127be6e1c39ebc
いつも勉強になります。 (高菜ごはん)
2006-12-16 22:32:18
創価学会=公明党の悪事が少しずつ暴かれていくことで、一人でも多くの国民が正しい政治に迎える日を願うばかりです。

私もまだまだ勉強したりない・・・頑張ります。
高菜ごはん さん (雑木帖@管理人)
2006-12-16 23:37:38
僕もまだまだ勉強したりないです。
お互いがんばりましょう。

あわせて読む

関連するみんなの記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
政党助成金とは何か (未来を信じ、未来に生きる。)
 選挙違反対策の弁護士費用から除雪費、ストーブ代、カーナビ、ゴルフ場付きホテルで飲み食い――。国民一人あたり250円、年間約317億円の税金を日本共産党を除く各党が山分けしている政党助成金。2004年分の「政党助成金使途報告書」を詳細に調べてみると、あき ...
TBSが公明党目黒区議の問題をニュースに(雑木帖) (リアルの現在)
TBSが公明党目黒区議の問題をニュースに(雑木帖) http://www.as...
TBを承認制に変更しました。 (医療制度改革批判と社会保障と憲法)
 TBを承認制に変更しました。  最近、いかがわしいTBが、多く入るようになってしまいました。その第1回目のときに、英語での「薬剤の解説のような記事」と思えたことから(英語がちゃんと読めないのだ)、このブログのテーマに関連のあるものかと思い、クリ ...