時の過ぎゆくままに

日々の些細な事を綴ります。
ロードレーサー(Cannondale SUPERSIX)や読書の話題等々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Mavic R-sys RED シールドベアリング交換(訂正版・・・写真と文章を修正)

2012-12-01 10:39:52 | 自転車

MavicR-sysREDのシールドベアリングを交換しました。
2000km程走行して、あたりが出たのかよく回るのですが、物足りま
せん。

ネットを徘徊すると、防水性を犠牲にした"非接触型"に交換すると
回転が格段に違うと書かれていました。

某ブログを参考に、ベアリングを発注。


フロント用
NTN 深溝玉軸受 6900番台 6901LLB 1個      412円 x 2個
 
リア用
反フリー側
NTN 深溝玉軸受 6900番台 6901LLB 1個      412円 x 1個
フリー側、フリー内
NTN ミニチュア玉軸受・小径玉軸受 608LLB 177円  x 2個

合計 1,590円
送料      525円
総合計2,115円

セラミックベアリングというものもありますが、価格がべらぼうに
高くて手が出ません。

2千円なら、失敗しても痛くないのでチャレンジ。

交換は、人柱の方々のブログを参考にしました。

ここからは、リスクを伴います。
真似する場合は、自己責任で実施して下さい。
失敗しても一切の責任は持ちません。

自信のない方は、自転車屋さんに交換を依頼するほうが無難です。
一つ、千円もかからないと思います。
千円でも高いけど、安心料でしょう。

それか、ベアリングプーラーなるものを入手すればリスクを減らせ
ます。その分、懐も減ります。
何回も使わない工具に、数万円は出せません。

●フロント
専用工具で、ベアリングカバーを外します。

 
専用工具で、シャフトを抜いた後                純正ベアリング

ベリングが露出したら、反対側から、貫通型の-ドライバ使用して
叩き出します。
ビビっていると抜けません。
ようは、思い切りです。
しっかり叩くとあっけなく抜けます。

 
ベアリングを抜いた後                       左が純正、右が非接触型
 
同じように反対側も叩き出します。
叩き出しにより歪んでいるかもしれません。
ベアリングは再利用はしないほうが無難です。

今度は打ち込み。
ソケットレンチの下22mm上18mmを組み合わせて、打ち込みます。
これも、ビビっていると入りません。
あるていどの思い切りが大切です。

  
手である程度押し込みます                ソケットレンチ二段重ね 


外径がピッタリです

プラスチックハンマーを使用して、打ち込みます。
打ち込むときは、かなり大きな音がします。
下に木板やウエスをひいて音を抑えます。

完全に入ると"音"がかわります。

分解と反対の手順で、ベリングカバーとシャフトを取り付け、あたりを調整します。

回転の違い。
純正は、60秒しか回りませんでした。
交換後は、180秒まで回ります。
大体120秒程度で回転が止まりそうになりますが、バルブを中心にして振り子のよ
うに何度か回転して、静止するまでの時間です。
3倍ですね。

まるで、赤い彗星です(ガンダム世代ですので・・・。)

●リア
同じようにシャフトとカバーを専用工具で外します。
反フリー側は、-ドライバーで叩けば簡単です。 


リアバラシ、シャフトとフリーを分解

 

フリー側も同じ要領です。
フリーは一旦取り外し、スプロケを装着して、スプロケット外し
で固定しながら、ラチェットレンチでロックを外します。
 
 
ベリングが露出したら、同じように叩き出します。

打ち込みは、前輪と同じようにソケットレンチの背を使って打ち
込みます。

しっかり打ち込み、反対の手順で組み上げます。

せっかくなので、フリーの清掃・グリスアップを同時に行います。
本来なら、マビック純正のミネラルオイルを使うのですが、入手
出来なかったので、finish lineのセラミックグリスで代用します。

たっぷり塗りつけます。

組み上げ、玉あたりの調整。
ベアリングのあたりをきつくすると、回転が渋くなります。
手で一杯に締めて、最終的に専用工具で1/4回転戻します。

回転の違い。
かなり良く回ります。
フロントのように、3倍とは行きませんが・・・。

期待できそうです。

---
交換後の実走行で、効果ははっきりわかりました。
下りの時、回り方が素晴らしい。

以前よりスピードがでます。
お手軽チューンですが、効果が体感できます。


---
鈴鹿のエンデューロでは、効果がさらに体感できました。
裏ストレート・デグナー手前・s字の坂、周りの人が漕いで
いるときに、足を止めていても、前にでられるような時が
ありました。

この時ほど。機材の効果を実感したことはありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mavic R-sys RED フリーオー... | トップ | 今年の冬は、二度ほどお世話... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さんしろう)
2013-09-29 16:10:08
参考になりました。ありがとうございました。
無事作業終了です。
高い専用工具がなくてもできるのはうれしい限りです。
参考になります (凛太郎)
2017-05-06 16:42:45
ググってたどり着きました。
やってますね~。参考になります。勇気が出ます。背中を押された気がします。

R-SYSの後輪がどうも渋いのでDIYをもくろんでいます。
ベアリングプーラーもmonotaroだと買えそうな値段ですよね。

当方では、ロルフプリマの前輪は体験済みです。また報告します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL