心と体のめぐりを良くして人生を変える!アロマリンパトリートメントなブログ

アロマトリートメントのこと、心と体のこと、ヒーリングのこと、趣味の神社巡りのこと、書いていきます。

妊婦さんにラベンダーはNG?

2017年07月13日 | アロマセラピー
今日も来ていただいてありがとうございます。

アロマリンパトリートメント
セラピストyustukoです。


以前に友人が妊娠した時に、

ラベンダーの香りは嗅がないように

とお医者さんに注意された という話を聞きました。


当時はまだアロマの勉強を始めたばかりで、

テキストにそんなこと書いてあったっけ?

と不思議に思っていたのですが、


勉強が進むにつれて、その意味が分かってきました。


実は、ラベンダーには


ラベンダーアングスティフォリア
ラベンダースピカ
ラベンダーストエカス
ラベンダーレイドバン(ラバンジン)


と、たくさん種類があります。
すべてシソ科の植物で兄弟姉妹ではありますが、

少しずつ、成分が違います。


この中のラベンダーには
乳幼児、妊婦、授乳中の産婦に使用しないように

と禁忌・注意事項のあるものもあります。


売られている精油も、ラベンダー○○(例えばアングスティフォリア)
と学名を書いて売っているものは


その1種類のラベンダーの精油のみが入っているのですが、


『ラベンダー』としか記載のないものは
上記のラベンダーが様々に混ざっている可能性があります。
(全部がそう、というわけでもないのでややこしい…)


なので、


妊婦さんはラベンダーの匂いを嗅いではいけない。


ということにつながっていきます。


なぜこんなことになるかというと、

例えばフランスではアロマは医療として使われていて、
経口薬もあるくらいなので、

『薬』として扱われるため、作り方も表示も厳密ですが、

日本では精油は嗜好品、遊び道具として売られているため、

そのあたりが緩いのです。



ただ、植物の香りは人が作った薬のような

即効性とか劇薬性はほとんどないので、

匂いを嗅いだから即どうかなるということもないので、


ラベンダーの匂い嗅いじゃったどうしようっ!

と慌てなくても大丈夫です。


ラベンダーを嫌いにならないでください。

では
最後まで読んでいただいてありがとうございました。


アロマリンパトリートメント
BOURGEON~ブルジェオン~
横浜駅から徒歩5分
女性専用
全身アロマリンパトリートメント 70分 ¥5,000

~~ご注意~~
以下の状態の方はトリートメントいたしかねます。
・妊娠中またはその可能性のある方
・オイルトリートメントによって悪化する可能性のある病態の方
・外傷のある方
・重症疾患の方
・医師の許可が必要な方で医師の許可を得られない方

また、アロマセラピーは治療を目的としたものではありませんので、ご了承ください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 精油のチカラ | トップ | 自分を大事にする »

アロマセラピー」カテゴリの最新記事