BE2 / ベルギー通信2

Enjoy your life. ベルギー、欧州から、フィールドは世界へ。

野辺山シクロクロス2015を観てきた

2015-12-01 10:00:00 | 2015日々雑記
正確には「Rapha スーパークロス野辺山」という大会で、通は「ノベヤマ」で分かるらしい。

11月28日~29日のツーデー開催で、牧場が会場なので解放感満点。もちろんスターライトホテル(テント)持参です。

初日は最高の天気で、昼間は耐えられる気温だけど、夜は零下ですよと、暖かい激励の天気予報を前日に見て、早くも凍える。だって寒いの嫌いだから。雪国育ちで、若いころは大丈夫だったけど、年取るとダメね。

夜明けと共に東京を出発して、群馬周りで野辺山へ、ブリちゃんと。国道20号線経由で中央道方面で行けば早いんだけど、土日祭は大垂水峠が125cc以下のバイクは通行禁止。峠バイク族ブームは25~30年前のハナシなんだから、もういい加減止めてよと言いたい。東京都側は通行OKなんだけど、神奈川側がダメ。原付二種はこういう「罠」が全国あちらこちらに仕掛けてあるから実に困る。




震えながら254号線を行く。峠が凍ってるー。



おー、野辺山が私を呼んでいる。






おー、始まってるー。



シクロクロスといえば、やっぱウシでしょう。



滝沢牧場というとこを貸し切って行われています。Rapha すごいじゃん。社員もみんなシクロの猛者なのね。




まずは1日目。

お昼前に着いた。この時間に合わせてやって来た。
これを観たくて、野辺山シクロクロスのコレを観たくて、数年来、熱望してきた。



それが、コレ



野辺山名物、シングルスピードクラスだ。

伝統的にシクロクロスのシングルスピードクラス、つまり変速機の無いクラスは自由奔放、何でもアリの楽しいクラスのようで、それをガチの屈強ライダー達が走るから面白くない訳がない。写真の選手、すくみずさん(まんまやん)は女子スクール水着姿の常連さんで、常に表彰台に立つ剛脚のツワモノ。

そして、首位を走るのはゴローちゃんこと筧五郎選手。あの乗鞍チャンピオンですね。
この日も、ぶっちぎりでした。登録ゼッケンとは全く関係なく、背中いっぱいにでかでかとマジック書きで
56
と書いて海パン一丁で走る姿は神々しく、寒風吹きすさむ中の力走に目頭が熱くなりました(ウソ)。



他にも、お姫様、ダースベーダ―、アシモ君、ウンコマン、などなど。
とくとご覧いただこう。




















極めつけはタキシードマン。ゴール後にウエディングドレスのフィアンセと熱いキス。




この、ふざけることに大真面目なレースの、なんと面白いことか。
これが見たくて野辺山にやって来ました。

動画がYouTubeにアップされてますので、どうぞどうぞ。
https://youtu.be/SYcYPuBwSIg


続いて、UCIエリート女子。オーストラリアチャンピオンのリサ・ジェイコブスという弁護士さんにしてスラリと細身の美人選手が、あら後ろいないわね、とばかりのブッチギリの走りで勝ちました。マジ、かっこいいです。




一足お先に、二日目のUCIエリート女子のスタート風景を載せちゃおう。
もち、最初からリサがブッチギリ。でも、日本女子も頑張ったよ。








そして本日のメインイベント、UCIエリート男子。、忘れちゃいけない、竹ノ内悠だぜ。
ベルギーに住んで欧州で戦う日本チャンピオンは、帰国前に肉離れして体調不十分。走らないと思っていたら、走ります。それも海外勢も含めた強豪揃いのUCIエリートクラスでブッチギリ。











あー、面白かった。

レースが終わればやるこたぁ無い。ご飯作って、スターライトホテルにもぐりこむのだ。





焚火だ、焚火だ



 ☆ ☆ ☆ そして寒ーい夜が、来たー。 ☆ ☆ ☆



二日目の朝は、凍ってます。



こっちも、凍ってます。



しつこいですけど、凍ってます。



快晴で気温はマイナス。野辺山がキレイ。





見事なまでに冷え冷え。





UCIエリートがメインだけど、その前に。
CM1クラスでの自転車マンこと野寺秀徳選手の見事なバニーホップでの階段上り。
声援すると、「よっしゃー!」と応えてくれて、前に遅れようが、構わずやってくれます。
ご本人は「自転車は階段を登る道具ではありません」とブログでも語っていますが、
魅せます、自転車マン。(シマノレーシングの監督も頑張って)



https://flic.kr/p/B5B3ix
(辻啓氏のflickerより)




さてメインエベント、UCIエリート男子。ひたすら写真を撮りまくった。







トップの小坂を追いかける。






追いつくぞ。



トップが入れ替わった!



ゴール!

あー、疲れた。

このあと、ひたすら一般道を通って230キロ、お家へ帰ります。

今回使ったカメラはPanasonic DMC-TZ70。コンデジですが、連写もできます。


へたくそな私の写真などより、スポーツカメラマン辻啓氏の写真がすばらしい。

一日目はこちら

Rapha Super Cross Nobeyama 2015 Day1

二日目はこちら

Rapha Super Cross Nobeyama 2015 Day2



当日の模様はRapha スーパークロス野辺山のHPと各メディアのHPからレースの詳細がアップされています。

シクロワイヤードの記事はこちら

サイクルスポーツの記事はこちら

サイクリスト・サンスポの記事は一日目二日目


竹ノ内悠も、自らHPでこの二日間の模様を語っています。
http://yutakenouchi.blog.fc2.com/blog-entry-139.html


ブリちゃんで、寒風の中、頑張って二日間を目いっぱい楽しみました。


450キロのガソリン代も含めて、今回の総経費は1600円ほど。自炊だからね。安い!

シクロクロスのいいところは、選手と観客が近いこと。ロードレースだと、あっという間に目の前を通り過ぎてしまいますが、シクロクロスでは間近。苦しんでいる傍を走りながら応援すると、選手も応えて頑張ってくれます。そんな反応が実に楽しい。観客と選手が一緒になってレースを楽しむ醍醐味が詰まったレースがシクロクロス。出るのはもうちょっと先だけど、この冬も楽しみたいと思います。


泥と笑いと真剣勝負、それに絶景の野辺山を背景にした牛クンたちを楽しみに、あなたも来年ぜひ。



やっぱ冬は焚火だわ@BE2
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無敵のローラー台 | トップ | ロングトレイル やってみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。