扁鵲(へんじゃく)のつぶやき

東洋鍼灸専門学校 鍼灸科50期卒業生の同窓ブログです。
日頃の不安、悩みを率直に語り合いましょう。

開業6周年

2016-11-19 20:56:09 | 鍼灸
今日、11月19日は開業6周年にあたります。

あやうく去年と同じことを書きそうになったので
去年の記事を一応チェックしました(^^;

ありがたいことは健康を維持しているので
病休をとったことがないことですね。

治療家として根底にあるのが昔習った気功の師
星野稔先生から言われた「治療家は自分の健康以上に
患者を健康にできない」という言葉です。

日々、治療をしていると本当にこの言葉は実感します。
自分が体調良くないと良い治療はできませんね。

健康には気をつけているつもりです。
特に食事は糖質少なめにしてあとは多品種を腹八分で。
運動は早朝ランを週2~3回。甘やかさず、しかし無茶せずの
ポリシーで。

治療に関しては最近ちょっと痛い目にあったので
初心に帰っています。

というのは初診の腰痛の患者さんを治療して
明日の予約をしてもらって終了。手ごたえは
ありました。

ところが翌朝その患者さんからの電話。
「腰が痛くて車が運転できないので行けません」と。

とりあえず夕方に予約を変更して待ちましたが
結局来院せず。

治療して「効果なし」ならまだしも「悪化」は
最悪ですよね(*_*)

やはりある程度自信がついてきて、結果を求めるあまり、
刺激過剰になってしまったようです。

それ以来初心に帰って、治療前に比べて
治療後に痛みが半分になった時点で
その回の治療は終了としています。

もっともっと腕を上げたいですね!(^^)!

【朝焼けの美しい白鳥の里】


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界鍼灸学会連合会学術大会(... | トップ | 震度5弱(*_*) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (越後屋)
2016-11-20 08:21:05
へんじゃく先生

開業当初からの試練を乗り越えての6周年おめでとうございます。

バランスのとれた充実した人生を送られているなーと感じます。

越後屋も見習いたいと思います。
Unknown (へんじゃく)
2016-11-20 10:37:32
越後屋さん、コメントありがとうございます(^^)

今朝は久しぶりに15Kランしてきました。

今日あたりケトン体測定してみようかと
思っています。

糖質オフ ライフ 頑張ろう!(^^)!
Unknown (みよこ)
2016-11-20 11:26:17
へんじゃくさん(=^・^=)/
開業6周年!!!おめでとうございますヽ(^o^)丿
「自分の健康以上に患者を健康に出来ない」
ホントにその通りですね。

へんじゃくさんは年を重ねるごとにスリムになって筋肉が引き締まって素晴らしいです!
私は走るのも登山も苦手ですが日々筋力アップしてへんじゃくさんに負けないような筋肉を目指します(^○^)
Unknown (のほほん隠居)
2016-11-20 16:39:23
病欠なしの皆勤賞6周年おめでとうございます。
健康への配慮もさることながら、各種研修会、ボランティア等へ積極的に
挑まれる姿は、患者さんの治療を意識したものなんですね。凄いなぁ。
白鳥の里の写真、朝やけの写り込みが素晴らしく、雰囲気バッチリです!
(4周年の時の写真とは段違いに腕をあげましたね。)
あと20年、とりあえず80歳までの現役を目指してガンバロー!
Unknown (へんじゃく)
2016-11-20 17:49:34
みよこさん、ありがとうございます(^^)

みよこさんとは同世代なので、
僕もブログにいつも刺激をもらってます。

いつか二人で「70・80 花盛り」シリーズに
登場したいですね(^_-)-☆

Unknown (へんじゃく)
2016-11-20 17:53:41
ご隠居さん、ありがとうございます。


写真で褒められるとは、こっぱずかしい
ですねえ~(^^;

ご隠居さんの写真にかける情熱も
すごいと思いますよ。

最近、80歳といわずその先まで
やりたいと思うようになってきましたね。
どこまで登れるかやってみます!(^^)!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鍼灸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。