扁鵲(へんじゃく)のつぶやき

東洋鍼灸専門学校 鍼灸科50期卒業生の同窓ブログです。
日頃の不安、悩みを率直に語り合いましょう。

パーキンソン病統一スケール UPDRS

2017-11-10 21:38:20 | 鍼灸
現在、62歳男性のパーキンソン病の患者さんを診ています。

福島県立医大会津医療センターで鍼灸と漢方治療を
受けており、地元の治療院でも継続して治療を受けたい
との希望から紹介されたものでした。

現在の医学レベルでは病気の進行を遅らせることは
できても完治は困難です。

また投薬も量を増やすと副作用の不随運動がでたり、
徐々に薬の効果が薄れていくウエアリングオフという
現象があるので如何に少ない投薬量で
生活の質を維持していくかが重要な治療の
ポイントなります。

そのためには運動療法とともに鍼灸治療にも
おおきな期待が寄せられています。

治療効果の判定はもっぱら問診と痛みスケールで
行っていましたが、いまいちはっきりしませんでした。

そこでパーキンソン病統一スケール(UPDRS)で
測定してみることにしました。

UPDRSは4つの部分に分かれており、大部分が
問診ですが、第三部の「運動能力検査」は
実技が伴います。やったことがないので
きちんと測定できるかどうか自信がありません。
思いついてYouTubeで検索してみたら、
ありました!(^^♪

UPDRS Part III: Motor Function


実際にやってみると簡単ですし、
何よりも病気の進行状況が客観的に
測定できるのがいいです。
そしてそれほど進行していないのが確認
できたのが一番嬉しかったです(^_-)-☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カフェレストラン「時季の森... | トップ | 桑田佳祐LIVE TOUR 2017 GARA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鍼灸」カテゴリの最新記事