820note

820製作所/波田野淳紘のノート。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メモ。

2017-07-12 | 生活の周辺。
暑い。駅までの道で大量の汗をかく。真昼に、用事があって横浜橋通商店街へ行く。生鮮三品のお店がたくさん。祖母の家が南区にあるから、街と人の手触りのようなものがなつかしい。下校中の小学生たちがおおぜい、通りを横断していった。まんまるの男の子がひとり、本を読みながら、まっすぐに鳥居をくぐって人気のない神社の境内に入り、手水の前で足を止めて、ふと「おれは何をしているんだろう」というような表情であたりを見まわしているのを見た。頭がまわらない。湿気に殺されそうになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ。

2017-07-11 | 生活の周辺。
霞ヶ関へ。東京地方・高等裁判所で、裁判の傍聴をする。中学生のとき、横浜の地裁に行って以来のことだ。現地に行ってはじめてわかることばかり。徹底して言葉のために設えられた場所なのだ、と感じた。形骸化しているかもしれないが、これは人が人であるための、ある領域を守るための厳粛な儀式なのだ。動揺した。しんとした気持ちで、帰りの地下鉄に揺られる。自由が丘で書き物をして、玉堤の稽古場へ。ほとんど何も書かれていない台本を皆で読む。エチュード。立ってみる。帰宅して、立ち上がれないほど疲弊する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ。

2017-07-11 | メモ。
調子を崩している。
自分がどういうときにどういうことを考え、どういうことを感じ、どういうことを願う人間だったか。

先日は川崎で劇団会議をおこなった。
薄田さんから、僕たちの芝居をどう人に説明するか、問われた。

悲劇をずっと僕は書こうとしている。
自らを飲みこむ大きな力に、抗って立つ人の姿に触れたい。
それから、目に見える現実の向こう側の、われわれの意識下で生じている物語を舞台に乗せたい。

出会うはずのないもの同士が出会う場所が舞台だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ。

2017-06-15 | メモ。
政治的奴隷を生みだす手順は「孤立化」、「無力化」、「透明化」(中井久夫「いじめの政治学」)。

自分の言葉を持てず、弱みを握られた人間の顔は、悲しいが死体よりも死んでいる。

「治安維持法」は希代の悪法とぼくは認識してきた。“「治安維持法」は「適法」だった”という認識のもとに「共謀罪」を立法しようというなら、それはもう、そういうことなんだろう。

歴史の二度目は喜劇として、というが、悲劇だろう。

侍と町民の心性。人当たりがよく、仕事がよくできて、現実をクールに吟味し(皮肉さえよく口にする)、何かにじっと耐えている。侍は主君に仕えることを責務とする。町人はお上のオオトリテエに従う。人治国家の美学。

しかしながら、わたしたちの社会の主君はわたしたち自身だ。一国の首相ではない。今上天皇は人格者だと思うが、天皇でもない。

「孤立化」と「無力化」の過程を経た者は、反撃と脱出のための力を奪われ(“なにをしてもむだ”という学習)、自尊心を失う、と。自らの一挙手一投足が「彼/女」の意に適うものかを必死に窺う。「彼/女」の目が内在し、遍在し、もう身動きがとれない。

仕事を辞めさせられて、どうやって生きていけばよいのか、家族を路頭に迷わせるわけにはいかない、という恐怖。
あの人と、友達とわたしが、分断されることへの苦慮。

でも、銃殺される社会のなかでも、反撃を人はする。恥をさらしても。爪を剥がされても。家族を監禁されても。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜更け。

2017-04-27 | 生活の周辺。
夜更け、というより夜明けに、自分のつくる芝居のスリルのなさに、ゆううつな気持ちになっている。酷薄になりたい。お行儀のよさをかなぐり捨てたい。やむにやまれずに立ち現われてくるものでなければ、何の意味があるだろう。

夜更けに、ぼくはお腹のぜい肉をふやして、髪の毛をへらして、ゆっくりと縮んでいる。夢を見なくなった。



精神の危機には、大江健三郎の小説だ。幾度も救われた。とりわけ『取り替え子』と『芽むしり仔撃ち』に。ひとりであることを保護し、励ますような言葉たち。主語を無自覚に〈ぼくら〉にしてはいけない。〈だれか〉にしてもいけない。



お風呂に入って、態勢を立て直そう。目をつむって、頭をからっぽにしよう。それからだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この頃のこと。

2017-04-02 | 生活の周辺。
ずいぶん長いあいだ、何も書いていなかった。
言葉が枯れて、ぼんやりとしている。書かないから枯れるのだけど。



昨年10月には短編『月の光の下』を書き、theater 045 syndicateの中山朋文さんの演出で、劇王神奈川Ⅴにて上演されました。今井勝法さん、織田裕之さん、佐々木覚が参加した三人芝居でした。
11月にはSPIRAL MOONに『荒野ではない』を書きおろし、秋葉舞滝子さんの演出によって上演されました。印田彩希子が客演をしました。

どちらの作品においても、これまで書いたことのないことを書こうと試みた。傷も多かった。戯曲の狭小な射程を、遠く広げてくださる演出家と役者に出会えて幸福だった。



11月には、創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう vol.6」のプレゼン審査のため、福岡に向かいました。
今回の課題戯曲は川村毅さんの『春独丸』であり、刊行時に読み「いずれ演出をしたい」とひっそり夢想したものでした。プレゼンでは数分の抜粋上演をして、審査員の方たちからの質問に、しどろもどろになって答えました。出演は、洞口加奈と千葉恵佑さん。プレゼン後、劇場近くの櫛田神社に参拝し、有無をいわさぬ眠気に急激に襲われたことを覚えています。

晩秋、大学時代の友人に再会して、映画をいっしょに観にいった。
友人は、シナリオライターとして書きつづけていた。作品を読ませてもらい、特別な刺激を得た。構成の巧さにも舌を巻いたが、何よりも文体に心を動かされた。ひりひりとした熱を持ち、みずみずしいにおいの立ちのぼる文体。

年末年始は、死んでいた。書けなかった。

1月には加藤好昭が、伊藤全記さんの主宰する7度の公演『あこがれ』に参加。これが素晴らしかった。ファニーさと狂おしさが同時に胸を打つ。加藤くんの深奥に秘められたものが、存分に解き放たれていた。

年明けから、『春独丸』の稽古を開始。
この戯曲の内包する語りの姿勢を必死に探り求めた。衝突もあった。迷子にもなった。解釈より以前に、作家の意図を読み違えているのではないかとひどく不安になった。ほかならぬ川村さんの戯曲だ。ぼくがもっとも切実に読み、言葉の流れに目を凝らしつづけてきた作家だ。千秋楽の開演前にようやく気がついたこともあった。つくづく、自分が演出という行為を無自覚にしていることを思い知らされた。

3月、上演審査。
最優秀作品賞と観客賞を受賞しました。
役者とスタッフの力が重なりあって生まれ落ちた作品でした。関わってくださった方に、応援を寄せてくださった方に、何よりご観劇くださった方に、心より感謝します。

上演の記録は以下となります。

-----

【FFAC企画】創作コンペティション
一つの戯曲からの創作をとおして語ろう vol.6
『春独丸』

2017.3.24fri-25sat
ぽんプラザホール

作/川村毅
演出/波田野淳紘

◇出演
洞口加奈
千葉恵佑(ひるくらいむノ快車

◇スタッフ
音響/齋藤瑠美子
照明/みなみあかり(ACoRD)
演出助手/佐々木覚
作曲/Soul(Fis block
制作協力/薄田菜々子(beyond)

http://artlier.jp/events/detail1313.html

-----

講評と、その後の懇親会時に審査員の方々にいただいた言葉は、今後の糧となる重要なものでした。
叶うことならもう一度、上演の機会を得たい。ラストシーンを作り直したい。

財団の菅原さんをはじめ、お力添えくださったスタッフの皆さんに感謝いたします。
血みどろになって、がんばります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教文演劇フェスティバル2016参加『世界』終演しました。

2016-08-21 | ごあいさつ。
8月13日(土)、札幌でおこなわれた教文演劇フェスティバル2016に『世界』で参加させていただきました。
昨年10月に上演した作品の再演です。再演の機会をいただけたことがとてもうれしい。

初演と同じ、洞口加奈、荒井るり子、そしてtheater 045 syndicateの今井勝法さんの三人で臨みました。





始発で成田へ。慌ただしく搭乗。今井さんがハサミを没収されてしまった。数えるほどしか飛行機に乗っていないけれど、乗るたびにこわくなる。快晴。ずっと窓の向こうを眺めていた。ぶじに新千歳に降り立ち、ふらつく。地面のありがたさが身に沁みる。ゲストハウスのチェックインまでの時間、二条市場をぶらつき、セイコーマートに立ち寄り、ケンタッキーでお肉を食べた。「たどり着いた、という感じがしないね」と今井さん。「利賀の“たどり着いた感”は半端なかった」とゆーみんが口にして、いっせいに頷く。宿はとても清潔で快適。夕方から劇場入り、場当たり。スタッフの皆さんがとても親切に心を砕いて、作品に寄り添ってくださった。感謝。夜、狸小路で味噌ラーメン。今井さんとカナはジェラート。宿に戻り、本を読む。



気がつくと朝。セイコーマートに立ち寄ってから、会場へ。一時間の稽古。お昼を食べて、開場時間中に通し稽古。それから本番。粘った甲斐があって、神奈川での上演も含め三公演中、もっとも集中の高い芝居になったと思う。袖から観劇。上演が終わり、講評をいただく。得票は二位。
劇場そばのファミリーマートでカツ丼を食べた。Bブロックがはじまるまでの時間、札幌資料館に駆け込む。それから、観劇。宮川サキさんの演技が本当に素晴らしかった。かなうことならもう一度観たいと願う。そして得票率で宮川さんに負け、われわれの教文短編演劇祭は終わった。中山さんたちと合流し、ジンギスカンを食べようと、街に繰りだす。どこも満席で、再び狸小路まで。食べた、食べた、食べた。今夜はぼくもジェラートを食べた。中山さんたちと別れ、ふらつきながら、夜の道を四人で歩く。ああだこうだと話す。今井さんに何度か背を叩かれる。たましいのレベルでチューニングを合わせていただいたことに感謝する。



気がつくと朝。レンタカーを借りて、椅子の配送の手配を済ませ、牧場へ。北海道の広さに驚いた。何もかもスケールがちがう。夜はアフターパーティに参加。壁の花。今井さんのお力を借りて、お世話になった方々にご挨拶。お酒を三杯飲む。



気がつくと朝。北海道神宮に参拝。小樽へ。高校の修学旅行で行ったときと印象がちがう。記憶にある街のかたちとちがっていた。煉瓦造りの小さな橋を渡ったはずなのだけど、見つけられない。流氷凍れ館が閉館していて、落ち込む。三人と分かれて、ひとり古本屋さんに向かう。名作、絶版書が安価で売られていて、とびあがる。朝里駅で三人と合流、しばらく海辺で遊ぶ。宿に戻り、近くのラーメン屋さんで味噌ラーメン。すべてが報われる美味しさ。夜、演劇について、話しこむ。遅くまで、本を読む。



気がつくと朝。バスセンターからバスに乗り、空港へ。搭乗して、あっという間に成田へ。第三ターミナルから駅までの道にべたべたと貼られているポスターのコピーを目でたどり、胸がむかつく。ほとんど暴力のような、たちの悪い軽薄さ。電車のなかでみんなと別れる。帰宅してこんこんと眠る。魚を三匹手で掴む夢を見る。



こうして書きならべると、遊びに行ったようですね。
また北海道で芝居をできたらうれしいです。芝居ができるようにがんばります。

いっしょに『世界』を創ってくれた三人に、心から感謝します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

利賀演劇人コンクール参加『ハムレット』終演しました。

2016-08-01 | ごあいさつ。
利賀山房での『ハムレット』(河合祥一郎訳)の上演が終わった。
四か月間にわたって、この作品と向き合う日々だった。

五月の上演も観てくれた方から、役者たちの演技がより研ぎ澄まされたという声を聞いて、うれしく思う。
利賀まで来た甲斐があった、とおっしゃっていただいた。

上演当日の朝、何人かで近くの神社に参詣したところ、社の裏の斜面の茂みに鹿がいた。野生の鹿をはじめてみたように思う。
客入れ中には、劇場の裏に狸があらわれた。丸いお尻の濡れたような美しい毛並に見惚れた。
山の神様が見守ってくれていたのだと信じたい。

舞台は、生と死の境に位置する場所であると思っている。
利賀山房の空間は、よりくっきりとその境界性を感じさせてくれた。濃く、深い闇と沈黙の迫る劇場だった。

ぶじに生きて、全員東京に帰ってこられた。
同じ経験を重ねて、少しは劇団の輪郭が太くなっただろうか。



土曜日の夜、稽古をしたあと、四台に分乗して出発。新横浜駅でみなみさん、和希さんと合流し、練馬から関越道に乗る。眠気を吹き飛ばすよう、ブランキージェットシティのアルバムを聴き漁る。十代の感情が戻ってくる。朝10:30頃、富山駅でるーさんと合流。スーパーに立ち寄って、最後の物資補給。そのあと、各車ごとに昼食。僕らの入った食堂の地名は「蜷川」。越中八尾駅で再集合し、山へ。旧道で阿鼻叫喚。14:10頃、ぶじに芸術公園に到着。事務局本部でご挨拶をしてから、天竺の湯へ。
『ハムレット』と『お國と五平』の二作品を観劇。はじめてリフトシアターでの上演を観た。
その後、宿舎であすの打ち合わせをし、急いで本部に戻り講評の後半を聴く。劇団にとって大切なことは、いかに大きな敵を見つけて挑みかかるか、という宮城さんの言葉を胸に刻む。一日ずっと緊張していた。仲間の存在に心底救われた。

月曜日は仕込み作業日。ぶじに雪布も吊れてほっとする。すのこの隙間からしっかりと雪が降った。作業中、ものすごい音がすると思ったら、外は激しい雨。夜まで止まず。るーさん、みなみさん、和希さん、あしべ、役者たちのフル回転の作業のおかげで、20:00から場当たりを開始。退館時間ぎりぎりまで粘り、事前にこっそり予定していた箇所までは終わらせた。劇場を出て、翌日の進め方について打ち合わせ。洞口さんから「利賀山房はわたしたちを受け入れてくれているけど、わたしたちが勝手に壁をつくっている」との言葉。

火曜日は朝から雨。けーけと散歩をしようと約束していたが、あきらめた。午前中から場当たり。役者たちも空間となじんできた。夜、本番同様の通し。終わって、前半の十分だけ返し稽古。宿舎のミーティングルームであすの打ち合わせ、ノートの確認。全員、死んだような顔で部屋をあとにする。

水曜日、快晴。朝、覚さんとけーけ、城戸さんと近くの山へ。神社に参詣。午前中、30分だけ返し稽古をして、12:00よりゲネプロ。60分を切っていてほっとする。昼食後も返し稽古を続け、18:00に本番。上演を終え、急いで夕食を食べて、リフトシアターへ。観劇後、講評会。終わって、宮城さんと少しだけお話をさせていただく。けーけとお風呂。夜遅くまで、あすの段取りについて打ち合わせ。真理くんに肩をもんでもらって、驚くほどからだが軽くなった。

木曜日、晴れ。朝食後、重政さんとお話をする機会があった。感想をいただいて、感謝。11:00に利賀を出発。下山し、昼食。駅でお土産を買い、みんなでるーさんを見送る。道を間違えたり、おりるべきサービスエリアを素通りしたりしながら、22:00頃ぶじに練馬に到着。ゆーみん、亀ちゃん、加藤くんは、その足で荷返しへ。0:30頃、帰宅。2:00前に、最後まで運転していた城戸さんから「ミッション終了」との連絡。



結果は残念だった。とても残念だった。
でも、ここからまた、はじめられることがある。

関わってくださった皆さまに感謝します。
よりいっそう力のある芝居を生みだせるよう、奮闘します。

ぼくにとって演劇は、存在の肯定される場所をつくりだすことです。
ぼくにとって演出は、それでも世界は素晴らしいのだと、言祝ぎの手立てを探ることです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いやな感じ。

2016-07-14 | 生活の周辺。
耳が遠くなってしまった。音がすべてこもって聞こえる。咳の出る日が続き、寝起きには喉がひりつくように痛み、数日前の夜、突然耳がつまってしまった。いやな感じ。水のなかにいるような。あちこちにガタが来ているようだ。稽古場で、役者の語るせりふの微細な調子をキャッチできなくなって、青ざめた。病院に行かなければ。
利賀で上演する『ハムレット』の稽古の日々。五月に同一の作品の本番を終えていることが、力にもなり、枷にもなっているように感じる。そうは言ってもあと10日で出発だ。助けてくれ。誰か。
演劇以外のことをしていたくない。本当に苦しい。でもそれができない環境にいるのは僕の力だ。ここから何とかするしかないのだ。いやだいやだ。いやなものはいやだ。がんばろう。
布団で寝ることがまれな日々。けさは夢を見た、パン屋さんにいた。トレイに乗ったパンの上で、小さなクマのぬいぐるみが動いていた。よく見ると、その子もパンでできている。それなのにぺたん、ぺたんと動いている。どういうからくりだろう、と感心して見ていると、口からしゅるしゅるとチョコレートを吐き、小さくしぼんで、平べったくなっていった。それでも動いて、今度は手近なホイップクリームを自ら詰め込み、ムクムクと膨らんでいった。

弾圧されるような演劇をつくりたい。吐き捨てさせたい。
自分を作家だと思っているのに、ぼくはまだ何も残せるようなものを書いていない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河のはじまりを探す旅3『Hamlet』終演しました。

2016-06-05 | ごあいさつ。
ぶじに「河のはじまりを探す旅3/シェイクスピア編」終了しました。
ご来場いただいた皆さま、応援を寄せてくださった皆さま、本当にありがとうございました。



『Hamlet』、さすがに古典戯曲の高峰です。
幾たび、パーティーごと遭難しそうになったことか。
ぶじに終幕までたどり着けたのは、最後まであきらめず、心を重ねてくれたキャスト・スタッフのお力にほかなりません。本当に、本当にありがとう。誰が欠けてもたどり着けなかった。











photo by bozzo。

4、5年前、最初にハムレットを上演したいと考えたときには、ほとんどすべてを書き換えた翻案上演を構想していました。
当時から少しずつ書き溜めた台詞の断片もあり、今回はいよいよそれに取りかかろうと思ったのですが、心が動かず、原作を尊重する構成を採用しました。

終わったいまふり返れば、それは天に向かって放たれる言葉と、総身で向かい合いたいという思いからでした。
人間が、人間を超えた大きなものと、言葉によって対峙しようとして生み落とされた戯曲と、まっすぐに格闘してからでなければ翻案にも臨めないと、からだが反応したのでした。







わたしたちの柔弱なからだでは立つことも難しい嵐でした。
力及ばず、悔しい思いを抱かされます。

死者の声に耳をすますこと、その言葉の回路を切り拓くことが、演劇が社会に果たす役割の一つであると、稽古の過程で、はっきりと認識させられました。
そのための方途を、必死に探し、考えつづけたいと思います。





bozzoさん、今回も素晴らしい舞台写真をありがとうございました!

820製作所は7月の終わり、利賀演劇人コンクール2016に参加します。
演目は『ハムレット』(河合祥一郎訳)。会場は利賀山房。
2016年7月27日(水)18:00開演。
http://togaconcour.tumblr.com/

わたしたちが、利賀の上演空間で演劇を上演できるということが、夢のように感じられます。
わたしたちの現在の演劇観が要請する演劇を、誠実に導きだしたいと思います。

河のはじまりに向かって、旅を続けます。
細い小道を分け入って、清新な水の湧き出る場所へ、歩みを進めます。

どうか、お見守りいただけたら幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加