820note

820製作所/波田野淳紘のノート。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

利賀演劇人コンクール参加『ハムレット』終演しました。

2016-08-01 | ごあいさつ。
利賀山房での『ハムレット』(河合祥一郎訳)の上演が終わった。
四か月間にわたって、この作品と向き合う日々だった。

五月の上演も観てくれた方から、役者たちの演技がより研ぎ澄まされたという声を聞いて、うれしく思う。
利賀まで来た甲斐があった、とおっしゃっていただいた。

上演当日の朝、何人かで近くの神社に参詣したところ、社の裏の斜面の茂みに鹿がいた。野生の鹿をはじめてみたように思う。
客入れ中には、劇場の裏に狸があらわれた。丸いお尻の濡れたような美しい毛並に見惚れた。
山の神様が見守ってくれていたのだと信じたい。

舞台は、生と死の境に位置する場所であると思っている。
利賀山房の空間は、よりくっきりとその境界性を感じさせてくれた。濃く、深い闇と沈黙の迫る劇場だった。

ぶじに生きて、全員東京に帰ってこられた。
同じ経験を重ねて、少しは劇団の輪郭が太くなっただろうか。



土曜日の夜、稽古をしたあと、四台に分乗して出発。新横浜駅でみなみさん、和希さんと合流し、練馬から関越道に乗る。眠気を吹き飛ばすよう、ブランキージェットシティのアルバムを聴き漁る。十代の感情が戻ってくる。朝10:30頃、富山駅でるーさんと合流。スーパーに立ち寄って、最後の物資補給。そのあと、各車ごとに昼食。僕らの入った食堂の地名は「蜷川」。越中八尾駅で再集合し、山へ。旧道で阿鼻叫喚。14:10頃、ぶじに芸術公園に到着。事務局本部でご挨拶をしてから、天竺の湯へ。
『ハムレット』と『お國と五平』の二作品を観劇。はじめてリフトシアターでの上演を観た。
その後、宿舎であすの打ち合わせをし、急いで本部に戻り講評の後半を聴く。劇団にとって大切なことは、いかに大きな敵を見つけて挑みかかるか、という宮城さんの言葉を胸に刻む。一日ずっと緊張していた。仲間の存在に心底救われた。

月曜日は仕込み作業日。ぶじに雪布も吊れてほっとする。すのこの隙間からしっかりと雪が降った。作業中、ものすごい音がすると思ったら、外は激しい雨。夜まで止まず。るーさん、みなみさん、和希さん、あしべ、役者たちのフル回転の作業のおかげで、20:00から場当たりを開始。退館時間ぎりぎりまで粘り、事前にこっそり予定していた箇所までは終わらせた。劇場を出て、翌日の進め方について打ち合わせ。洞口さんから「利賀山房はわたしたちを受け入れてくれているけど、わたしたちが勝手に壁をつくっている」との言葉。

火曜日は朝から雨。けーけと散歩をしようと約束していたが、あきらめた。午前中から場当たり。役者たちも空間となじんできた。夜、本番同様の通し。終わって、前半の十分だけ返し稽古。宿舎のミーティングルームであすの打ち合わせ、ノートの確認。全員、死んだような顔で部屋をあとにする。

水曜日、快晴。朝、覚さんとけーけ、城戸さんと近くの山へ。神社に参詣。午前中、30分だけ返し稽古をして、12:00よりゲネプロ。60分を切っていてほっとする。昼食後も返し稽古を続け、18:00に本番。上演を終え、急いで夕食を食べて、リフトシアターへ。観劇後、講評会。終わって、宮城さんと少しだけお話をさせていただく。けーけとお風呂。夜遅くまで、あすの段取りについて打ち合わせ。真理くんに肩をもんでもらって、驚くほどからだが軽くなった。

木曜日、晴れ。朝食後、重政さんとお話をする機会があった。感想をいただいて、感謝。11:00に利賀を出発。下山し、昼食。駅でお土産を買い、みんなでるーさんを見送る。道を間違えたり、おりるべきサービスエリアを素通りしたりしながら、22:00頃ぶじに練馬に到着。ゆーみん、亀ちゃん、加藤くんは、その足で荷返しへ。0:30頃、帰宅。2:00前に、最後まで運転していた城戸さんから「ミッション終了」との連絡。



結果は残念だった。とても残念だった。
でも、ここからまた、はじめられることがある。

関わってくださった皆さまに感謝します。
よりいっそう力のある芝居を生みだせるよう、奮闘します。

ぼくにとって演劇は、存在の肯定される場所をつくりだすことです。
ぼくにとって演出は、それでも世界は素晴らしいのだと、言祝ぎの手立てを探ることです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いやな感じ。

2016-07-14 | 生活の周辺。
耳が遠くなってしまった。音がすべてこもって聞こえる。咳の出る日が続き、寝起きには喉がひりつくように痛み、数日前の夜、突然耳がつまってしまった。いやな感じ。水のなかにいるような。あちこちにガタが来ているようだ。稽古場で、役者の語るせりふの微細な調子をキャッチできなくなって、青ざめた。病院に行かなければ。
利賀で上演する『ハムレット』の稽古の日々。五月に同一の作品の本番を終えていることが、力にもなり、枷にもなっているように感じる。そうは言ってもあと10日で出発だ。助けてくれ。誰か。
演劇以外のことをしていたくない。本当に苦しい。でもそれができない環境にいるのは僕の力だ。ここから何とかするしかないのだ。いやだいやだ。いやなものはいやだ。がんばろう。
布団で寝ることがまれな日々。けさは夢を見た、パン屋さんにいた。トレイに乗ったパンの上で、小さなクマのぬいぐるみが動いていた。よく見ると、その子もパンでできている。それなのにぺたん、ぺたんと動いている。どういうからくりだろう、と感心して見ていると、口からしゅるしゅるとチョコレートを吐き、小さくしぼんで、平べったくなっていった。それでも動いて、今度は手近なホイップクリームを自ら詰め込み、ムクムクと膨らんでいった。

弾圧されるような演劇をつくりたい。吐き捨てさせたい。
自分を作家だと思っているのに、ぼくはまだ何も残せるようなものを書いていない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河のはじまりを探す旅3『Hamlet』終演しました。

2016-06-05 | ごあいさつ。
ぶじに「河のはじまりを探す旅3/シェイクスピア編」終了しました。
ご来場いただいた皆さま、応援を寄せてくださった皆さま、本当にありがとうございました。



『Hamlet』、さすがに古典戯曲の高峰です。
幾たび、パーティーごと遭難しそうになったことか。
ぶじに終幕までたどり着けたのは、最後まであきらめず、心を重ねてくれたキャスト・スタッフのお力にほかなりません。本当に、本当にありがとう。誰が欠けてもたどり着けなかった。











photo by bozzo。

4、5年前、最初にハムレットを上演したいと考えたときには、ほとんどすべてを書き換えた翻案上演を構想していました。
当時から少しずつ書き溜めた台詞の断片もあり、今回はいよいよそれに取りかかろうと思ったのですが、心が動かず、原作を尊重する構成を採用しました。

終わったいまふり返れば、それは天に向かって放たれる言葉と、総身で向かい合いたいという思いからでした。
人間が、人間を超えた大きなものと、言葉によって対峙しようとして生み落とされた戯曲と、まっすぐに格闘してからでなければ翻案にも臨めないと、からだが反応したのでした。







わたしたちの柔弱なからだでは立つことも難しい嵐でした。
力及ばず、悔しい思いを抱かされます。

死者の声に耳をすますこと、その言葉の回路を切り拓くことが、演劇が社会に果たす役割の一つであると、稽古の過程で、はっきりと認識させられました。
そのための方途を、必死に探し、考えつづけたいと思います。





bozzoさん、今回も素晴らしい舞台写真をありがとうございました!

820製作所は7月の終わり、利賀演劇人コンクール2016に参加します。
演目は『ハムレット』(河合祥一郎訳)。会場は利賀山房。
2016年7月27日(水)18:00開演。
http://togaconcour.tumblr.com/

わたしたちが、利賀の上演空間で演劇を上演できるということが、夢のように感じられます。
わたしたちの現在の演劇観が要請する演劇を、誠実に導きだしたいと思います。

河のはじまりに向かって、旅を続けます。
細い小道を分け入って、清新な水の湧き出る場所へ、歩みを進めます。

どうか、お見守りいただけたら幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『Hamlet』公演情報。

2016-05-29 | アナウンス。
嵐のような演劇と向き合っています。



820製作所×河のはじまりを探す旅3
シェイクスピア編
『Hamlet』



2016.5.26thu-29sun
神奈川県立青少年センター・多目的プラザ

作/ウィリアム・シェイクスピア
上演台本・演出/波田野淳紘

◇出演
洞口加奈
佐々木覚
加藤好昭
荒井るり子
今井勝法(theater 045 syndicate
おなか☆すいたろう
亀尾建史
城戸啓佑
木村衣織(チリアクターズ
金原並央
千葉恵佑(ひるくらいむノ快車
吉原真理(劇団森キリン

◇スタッフ
舞台監督/櫻岡 史行(アーティザンステージワークス合同会社)
照明/みなみあかり(ACoRD)
音響/齋藤 瑠美子
舞台写真/bozzo
宣伝美術/来住 真太
制作/印田 彩希子、薄田 菜々子(beyond)
企画・製作/820製作所

☆河のはじまりを探す旅、稽古場ブログへ

◆2016年5月26日(木)〜29日(月)
神奈川県立青少年センター・多目的プラザ
(横浜市西区紅葉ケ丘9-1)
・JR根岸線「桜木町駅」北改札より徒歩8分
・横浜市営地下鉄線「桜木町駅」より徒歩10分
・京急線「日ノ出町駅」より徒歩13分

-公演日程-
5月26日(木)19:30
27日(金)14:00/19:30
28日(土)14:00/19:00
29日(日)12:00/17:00
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。
※開演時間を過ぎますと、入場をお待ちいただく場合がございます。

◆料金
一般(前売・当日共)/2,800円
学生/2,300円
高校生以下/500円
※学生券、高校生以下券をお求めの方は、受付に証明できるものをお持ちください。

予約フォームへ。
※メールにてご予約の際は、件名を「チケット予約」とし、(1)氏名、(2)日時、(3)枚数、(4)ご連絡先を明記の上、info@820-haniwa.comまでお送りください。折り返し、確認メールを返信いたします。

☆劇団ホームページ

-----

820製作所が古典戯曲・近現代の作品と取り組む「河のはじまりを探す旅」シリーズ。
第三弾はシェイクスピアの大作『Hamlet』(1600-1601?)。
巨大な運命の導きにより、生か、死か、答えのない問いの渦中に投げだされたデンマークの王子、ハムレット。
逡巡し、気高さを求めて苦闘する彼の姿は、混迷の今日を生きるわたしたちの悲嘆と深く響きあうように思います。
災厄と流れる血の前で、わたしたちの必要とする“祈り”に届くことを願って、上演を試みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さみしさ。

2016-05-29 | 生活の周辺。
もし本当に劇場に来てくれていたなら、痛恨だ。どうして気がつかなかったのか。

僕たちの芝居は、きみの目から見てどうだったろうか、変わらないものをちゃんと握っていただろうか。
時間は過ぎて、たましいが削れていくようで、取りかえしのつかないことばかりだ。関わってくれる仲間に、下の世代の人間も増えて、あの頃とは違った種類の歯ぎしりも経験するようになった。
自分のさみしさの根のようなもの、喪失感の感触、作品の核となるそれが、もしかすると緩んでしまっているだろうか。

劇団というのはあらゆることを経験する場だとよく言うよね、まったく本当だと思う、この稽古場だけでもいろいろあった。芝居は人間と人間の関係の織りなす芸術だから、何かがこじれてしまえばもう修復はできない。真皮がむきだしになった。血も流れる。でも、人間はけっこう頑丈だ。時間の流れが大きく人を包んで癒してくれる。

それを、僕がこうして書くことの、何という厚顔さ。くそ野郎だな、ごめん。
ちゃんと会って話をしたかった、また観に来てよ。今度こそは会いたいよ。

『あの映画を照らすライムライト』もできるだけ早くやれますように。
僕はもう声も出ないし動きも俊敏でない、疲れやすいが、あれは生きること自体が役作りになるような芝居だから、ちゃんと自分の生を背負って、前に進んでいこうと思います。

元気でね。またね。
喜びや悲しみについて、さみしさについて、またお話しできますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

するするする。

2016-04-27 | 生活の周辺。
夢のなかで、剛さんと再会する。いっしょに自転車を漕いでいて、剛さんから不思議な告白を聞く。

このところ、本格的に記憶が持たない。自分が何を言ったか、どう行動したか、何を目にしたか、何をしようと思ったか、考えたか、次から次に忘れていく。本にしてもそうだ、もともと僕は小説でない限り、どんな本も読んだ端から忘れてしまう人間だったが、頁を閉じた瞬間に何が書かれていたかもう覚えていない。まったくの空白。

つまり、疲れているんだ。わかった。そうだな。おれは疲れている。どうしようもない。雲隠れしたい。一週間くらい。演劇だけやっていたい。だめだ、つまりおれはいま、演劇に傾けるべき力を、集中力を、別の場所に削り取られているわけだ。こんなことで殺されてたまるか。いやだ。元気だ。もう眠る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小石を握る。

2016-04-21 | メモ。
誰の目も気にせずに戯曲を書いたのは『踏みはずし』の初演(2013)が最後、と気がついた。あれは劇団の名義ではなく個人として発表したものだった。それ以降はほとんど、何かしらの点で自分を曲げている、無意識に。たくさんの人に届いてほしくて。

秋、晩秋、ひょっとしたら初冬になるかもしれないが、いちど徹底して自分の言葉で、可能な限りの速力で、作品を創ろう。小さなもの。よく意味の取りにくいもの。かたく、なるだけ孤独で、血で書かれたもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河のはじまりを探す旅2/別役実編、終演しました。

2016-04-18 | ごあいさつ。
毎日書くと決めていたのに、三月に入ってから、ぱったり更新を止めてしまいました。
携帯電話を落として、画面が割れて操作できなくなり、空いた時間に書き溜めることができなくなってしまったのでした……。言いわけですが。

ぶじに「河のはじまりを探す旅2/別役実編」が終わりました。
ご来場いただいた皆さま、応援を寄せてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

何よりも、上演を許してくださった別役実氏に、心よりの感謝を。
作家の祈りについて、これほどに考えた公演もありませんでした。

◇マッチ売りの少女

















◇一軒の家・一本の樹・一人の息子

















photo by bozzo。
bozzoさん、今回も素敵な写真をありがとうございます!

別役さんの劇世界は、不動に思える日常がふいに崩れ、人と人のあいだに、人と世界のあいだに、大きな裂け目がひらかれる構造となっています。
人の立つ場所が、本当は限りなく不安定なものであるのだと、わたしたちは虚空からの風につねに身をさらされているのだと、そのことを、観る者に、読む者に、取り組む者に思いださせます。



1月、3月と、大きなお力を貸してくださったRAFTには、感謝してもしきれません。
チラシにこめてくださった来住さんのメッセージ、「一方通行」「落石注意」「Uターン禁止」を胸に、その先へと歩みつづけます。



河のはじまりを探す旅はまだまだ続きます。
5月はシェイクスピアの悲劇『Hamlet』。

すさまじいエネルギーを内包した戯曲です。
人間のたたかいの、ある極北が描かれているように思います。

総力戦で臨みます。わたしたちは演劇を必要とします。ゆっくりと、河の上流へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『一軒の家・一本の樹・一人の息子』『マッチ売りの少女』公演情報。

2016-03-06 | アナウンス。
春のはじまりに、私淑する別役実氏の戯曲を上演します。
稽古をしながら、ずっと虚空のことを考えています。

-----

820製作所×河のはじまりを探す旅2
別役実
『一軒の家・一本の樹・一人の息子』
『マッチ売りの少女』



2016.3.4fri-6sun
RAFT(東中野)

作/別役実
演出/波田野淳紘

「河のはじまりを探す旅2」詳細ページ

◆出演
『一軒の家・一本の樹・一人の息子』
今井 勝法(theater 045 syndicate
洞口 加奈
大谷 由梨佳
佐々木 覚
千葉 恵佑(ひるくらいむノ快車
森 悠輔
加藤 好昭
印田 彩希子
and more?

『マッチ売りの少女』
佐々木 覚
印田 彩希子
加藤 好昭
松本 美香
千葉 恵佑(ひるくらいむノ快車
洞口 加奈
and more?

◆2016年3月4日(金)〜6日(日)
RAFT(中野区中野1-4-4 1F)
※東中野駅より徒歩13分、中野坂上駅より徒歩10分
>>>MAP

-公演日程-
3月4日(金)19:30『一軒の家・一本の樹・一人の息子』
5日(土)15:00『マッチ売りの少女』/19:00『一軒の家・一本の樹・一人の息子』
6日(日)13:00『マッチ売りの少女』/17:00『一軒の家・一本の樹・一人の息子』
※開場・受付開始は開演の30分前です。

◇料金
予約/2,300円
当日/2,500円
学生/1,000円(要学生証・要予約)
二演目セット/3,500円(要予約)
【席数に限りがございます。お早めのご予約をおすすめします】

予約フォームへ。
※メールにてご予約の際は、件名を「チケット予約」とし、(1)氏名、(2)日時、(3)枚数、(4)ご連絡先を明記の上、info@820-haniwa.comまでお送りください。折り返し、確認メールを返信いたします。

河のはじまりを探す旅、稽古場ブログへ。

-----

820製作所が近現代の戯曲に取り組み、演劇の源流をたどる「河のはじまりを探す旅」シリーズ。
第二弾は別役実氏の『一軒の家・一本の樹・一人の息子』(1978年)と、『マッチ売りの少女』(1966年)の連続上演。
別役実氏の劇世界では、平凡に見えながら、ひどく不安定な状況下で立ちすくむ人間の姿が描かれています。
時に滑稽に、時に酷薄なまでに存在の揺らぎを突きつける氏の劇構造と、それを支えるせりふと格闘することで、誰もが異なる文法に則り存在するわたしたちの、根源的な悲しみに触れることができたら、と考えています。



◎『一軒の家・一本の樹・一人の息子』
夕暮れ時の公園。人待ち顔の女のもとに、くたびれた男がやってくる。二つの孤独の相寄るように、取りとめもなくはじまった会話が、それぞれの事情を炙りだし――
根をうしない、自らの立つ「場所」を喪失した、孤独なたましいを浮かびあがらせる。1978年初演。

◎『マッチ売りの少女』
夜のお茶の時間。食卓の準備をする夫婦のもとに、ひとりの女性が来訪する。見知らぬそのひとを夫婦は歓待するが、やがて、女の語りは奇妙に歪み――
アンデルセンの童話を下敷きに、荒廃のあとを生きるひとびとの、暗い怯えをえぐり出す。1966年初演。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘れ物。

2016-02-29 | 生活の周辺。
二月の終わりには必ず「二月尽 何か大きな 忘れ物」(下村ひろし)という句を思いだす。
昼に『マッチ売りの少女』の稽古。夜、ノートに、小さな文章を書く。肉筆で書くと、文体が変わる。如実に変わる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加