太陽の下を歩ける日まで

躁鬱・不眠・OD・アムカ・過食・拒食・対人恐怖・突発性難聴・眩暈・幻視

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

逃避から現実の旅

2017年07月23日 21時23分27秒 | 小説

このブログにはもう書き込むことはないだろうと思っていました。
残念なことに闇が襲ってきてしまいました。
非常に深い闇です。
逃げ場のない闇です。
どう乗り切るか?れは見当もつきません。
死体となるまでは・・・

この土地に訪れてから早いもので1年4ケ月が経った
長いのか?短いのか?と聞かれるとどちらも当てはまらない
なぜなら現実を受け止めきれず
自分を殺し演じていたからだ

闇をもっているが
悟られないようにこっそり
気にしない気にしない気にしないと言い聞かせて

それは一生一緒にいたいという人に出会ったからだ
何があろうと一緒に添い遂げるつもりだった
だが、その望みは無力にも「ごめんね」の一言で砕かれた
ダイヤより硬い意思だったのに

この出来事があったのは
メンタルがボロボロになり入院中の出来事だ
電話を切った後
平常心を保つことができなくなり
人目も気にせず泣き崩れた
看護師さんが様子を察しすぐにかけつけ
うん、うん、と話を聞いてくれて一緒になって泣いてくれた

「〇〇〇さんは突発的な行動とるから心配で・・・」と一言
その夜は4人部屋で泣けないだろうと配慮してくれて
髪の毛が抜けるほど泣いた
本当に辛かった
いよいよ報いがきたと思った
これまで罪深き人生だった
人としてと思うようなことをやってきた
誰でも逃げるよな
手に負えないと

そう!次の日から一ヶ月、現実逃避が続くことになる
逃避すればするほどドツボに嵌り
明るくしていれば
忘れるさ
時間が解決してくれるさ
つらいのは長い人生の中のほんの一握りの時間
後になって考えれば
なぜあんなに悩んだんだろう?ってきっと思うさ
ポジティブ根性
そんな時間など長くは続かない
ついに張り詰めた糸は切れた

何とかけりをつけて次へ進もう
目覚めて数時間後には
バッグに荷物を詰め込み
福島に向かっていた
近づくにつれ不安感が心の奥底から沸々と湧いてきた
物凄い勢いで現実に引き戻される感じだ
怖い、この土地に足を踏み入れるのが怖い、怖い





集中しすぎて疲れてしまいました。
続きは後日。

皮肉なことに、このブログを書き終わった後のニュースで女子高生が死亡。
遮断機をくぐり列車にはねられる。
私が代わりに死んであげたのに。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心痛 | トップ | 逃避から現実の旅2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。