Mr.白狐の『Stock Cafe』

長年の証券界人脈&投資家経験で、日々タイムリーな急騰株情報を配信。いち早い情報と的確な売買タイミングで大幅利益をGET!

投資家はここをチェック!

2017-07-15 10:30:28 | 株式 投資 経済 金融 

やあ、みなさん、こんにちは、久しぶりにブログを書く気になりましたのでUPします。

まずは7月に入り各地で大雨が降り福岡県朝倉市・大分県日田市などで死傷者が多数でて避難者も1800人を超える甚大な被害となっています。洪水・土砂崩れ・河川の氾濫、大量の流木などで自宅が破壊され、被災されている皆様に言葉もありませんが心よりお見舞いを申し上げます。

また昨日は愛知県犬山市や岐阜県各務原市などでゲリラ豪雨の大雨となり冠水するな洪水などの被害が出ています。局地的に集中して降る雨が短時間での被害を拡大していますので今後も十分にご注意ください。

梅雨明け宣言で連日30℃を超える猛暑となっており、蝉たちも今を盛りに「蝉時雨」の大合唱ですが、地の中で6-7年も暮らしやっと地上へ出てわずか2週間程度のはかない命だそうですから、「蝉がうるさい!」と思わず、夏の風物詩と思って鳴かせてやりましょう。

さて、久しぶりのブログですが、今日のお題は「投資家はここをチェック!」と題して今朝方に会員の皆様に送信した”Spring倶楽部・週報<定期便7/15通巻633号>最新版”の末尾のコラム”CoffeeBreak”に書いた内容を以下の通り転載します。

『さて、今朝も早くから猛暑で今日も暑い一日となりそうです。先日ある件で某上場企業のIR担当へメールで質問したところ、数日後の昨日メールでお返事がありました。内容を読んでいると「だいぶ、内容が繊細かと思われますので事実確認・・云々」と書かれてありました。「だいぶ?」これにはその女性担当者の知性と教養を疑う言葉でビックリです。

どこの企業も人材不足ですが明らかに「我が社は人材不足」と言うことを露見するもので、企業の社内教育はいったいどうなっているのか?文章は口語体ではなく文語体で書くということを現代の日本人若者は知らないようで友人にメールするような軽い口調です。「だいぶ?」ではなく「随分」とか「あまりに」とか「極めて」とか書けないものか?
現代人の日本人の国語力の低下は嘆かわしく、英語を勉強する前に「日本人だろ!日本語をしっかり勉強しろ!」と言いたくなります。本を読まない世代の若者たちが増加し、メールで絵文字を使い感情表現したりその場を繕う事は出来ても公式な文章で「だいぶ?」は無いといえます。昔から「子を見れば親の顔が分かる=子は親の鏡」と言いますが、上場企業の窓口の広報担当者がこの程度の国語力しかないと言うことは企業全体の人材が良くない証拠といえます。「企業は人なり」と言うとおり企業の先行きを左右するのはやはり次代をになう若手社員であり、企業は本腰を入れてしっかりと社員教育を行うべきでしょう。上場企業のIR担当者へメールしてみると返信のメールの内容や電話での言葉遣いや対応でその企業の人材レベルが分かる訳で結局それが先行きの株価へ影響します。シャープや東芝、タカタの現状を見ればトップから末端社員までいずれも横柄な物言いでした。世の中を舐めてはいけませんね。投資家は業績だけで無く企業の人材レベルも見ていく必要があります。
・・・・と言う内容でしたが、今週は過去推奨した銘柄で4316.ビーマップ(4.6倍)、9233.アジア航測(3.7倍)、7519.五洋インテックス(4.3倍)などが連騰し大幅高でした。良かったですね。
それでは今回はこの辺りで失礼します。スイカでも食べますか!
平成29年7月15日
Spring倶楽部・代表:Mr.白狐
 
『株』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東芝の上場維持は不透明か? | トップ | そんなにドタバタしなくても! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む