(有)キンダーランド 補足説明用ブログ

掲載情報につきましては表記のメールアドレスまでお問い合わせください。

bikke GRIにフロントチャイルドシートを付ける際の落とし穴

2016年10月18日 19時09分30秒 | 子供乗せ関係

かれこれ、10月に入ってから、ブリヂストン bikke GRIを5台ほど組み立てまして、

色々見えてくるところが有るので、都度、部分部分改善したりしてます。

使う際に反映されないところで、組立作業の効率化とかも含め。

 

で、もともと、海外ブランドのチャイルドシートを中心にやってきた感があるので、

事、bikkeに関しては、従来モデルも含め、純正のフロントチャイルドシートを付けたことがほぼなかったです。

感覚的に10台に1台くらいのレベルです。

 

それで、昨日組み立てた1台が、純正のチャイルドシートを付けたんですけども、

取り付け、組立段階で、「これはどうするんだ?」というのが出てきたので1つほど。

 

従来のbikkeは、変な形状の専用設計バスケットがあり、

それは、フロントにシートを付けた際、シートの足乗せ部分が干渉しないようにそうなってました。

 

GRIは、ノーマルな感じのバスケットで、言い換えると、

汎用のバスケット全般、そのまま取り付け出来るってことですが、

そのままだと、純正パーツなのに、チャイルドシートがつきません。

 

YEPP他、カスタム系でやって販売店からすると、ほぼほぼ常設でバスケット延長金具をストックしてるので、

サクッと対応しているでしょうけども、同じ感じで対処してあります。

 

純正シート

 

 

純正の延長金具を付けてあります

 

これ、もともと、4~5年くらい前に、チャイルドシートを付けるときカゴを突き出せないかでいろいろやってて、

灯台下暗しに、ブリヂストンのパーツカタログに載っていたためそこから採用にしました。

当時は、それよりも以前に出ていた、マリポーサって言う車種の特定グレードにカゴを付けるための金具という扱いでしたが。

昨今だと、延長金具以外にも、ランプ掛け(カゴ背面固定金具)のロング版とかも流通しているので、

どっちか使えば、対策とれます。

 

ただ、クリアランスはそんなでも無いですが・・・。

従来のマリポーサ用は傾斜が付いていたり、も少し長かったりしましたけど。

 

 

 

よくよく見返してみると、公式パンフには文字情報だけで載ってます↓

 

 

ただ、見開きページのアピール部分にはその記載が無いです↓

 

 

組立時に、純正品どうやって付けるんだ?

と多少考える時間が発生し、このパンフを読み込んでみると、使われている写真に見覚えの有るブラケットが付いていたんで、

なんだ、これ使うのかで対処してます。

 

ただ、そもそも、純正品よりも、YEPPとかHAMAXとかばっかり付けてるので、

結局同じことになります。

 

このバスケット金具、今日の時点でも10個くらいはストック有りますので、

持ち込みでの取り付けとかでも大体即日対応可能です。

 

宣伝がてら書いておきます。

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 店頭常設予定の、安価なクロ... | トップ | ◆アウトレット◆なアイテムを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む