窈ちゃんのハナミズキ観察記録

コンサートでお土産に貰った苗木の成長観察日記というほど更新されない記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

播種後101日(8/14)

2005-09-04 17:28:17 | 
播種から100日を超えましたが、白い枯れの部分は相変わらずです。拡がらなかっただけ良かったのかもしれません。
辛抱の時期のようです。

土曜日に、34mmでの芝刈りを行っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中央も伸びてきた(8/14)

2005-09-04 17:14:27 | ハナミズキ
横方向へも伸びている今までは、脇の枝の生長が際立っていましたが、中央の枝も伸びてきています。良く見ると先週からスッと伸びだしていますが、今週葉が付いたことでそれと判りました。

各枝で生長が続いており、上から見た画で、横方向が窮屈になり、全体を収めるために上下にスペースが空いてきています。

食害の跡(?)また、数枚の葉に食害の痕跡がありました。少し様子を見て、被害が拡がるようであれば、対策を考えます。

樹高: 107cm
生長の勢いが少し落ちてきたようです。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

播種後94日(8/7)

2005-08-14 15:03:03 | 
暑い日が続き、参るのは人間だけでなく芝もダメージを受けたようで、残念ながら、白い枯れの部分が拡がってしまいました。
画を撮る前に、34mmでの芝刈りと、施肥(&水遣り)を行っています。

夕立で水分の補給が期待できますが、降らない時は水遣りで補って行こうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

100cm突破(8/7)

2005-08-10 02:52:47 | ハナミズキ
三枝が突出中漸く樹高が1mを超えました。
成長が著しいのは、横からの画でもそれと判る三枝で、高さ方向への伸びが活発です。それぞれの枝の先端の方では、高さ方向だけでなく横方向への伸びが期待できる複数組の枝に分かれてきています。
その他の枝でも一段増えたりしていますが、あの三枝と比べると霞んでしまいます。

樹高: 105cm

p.s.
ピーマンさんの『ピーマン栽培記録』で、花の後に膨らんだ実の画が公開されました。
今年花をつけた他の方(ほとんど指名しているのに等しい)のところはどんな状況なのでしょうか気になります。
コメント (1)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

播種後87日(7/31)

2005-08-06 23:36:54 | 
暑い日が続きだしたこともあり、白い枯れの部分が目立つような気がします。
それでも緑色の部分は生長しており、恒例の土曜日34mm芝刈りを行っています。

もう少し様子を見て、枯れが拡がるようであれば、水遣りや施肥をしてみようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八段目発見(7/31)

2005-08-01 01:50:12 | ハナミズキ
最上段の葉の向きが替わっている七段目の陰で、八段目の葉が姿を現しています。
上から見た画でも、成長の著しい枝の最上段の葉の向きが替わっており、一段階生長したことが判ります。
七~八段目の様子アップの画からは、八段目はまだ上を向いていることが判ります。
よく見ると、七段目の大きな葉の下にまだ細い葉が二組見えます。これは、全部で三組あった七段目の脇の二組です。
一段目は各枝に五組の葉があり、横へも展開していましたが、その後は一組の葉だけとなり縦へ伸びていくのを繰り返していました。ここにきて、急に三組になり、よく生長している中央とその脇といった感じになっています。

樹高: 99.5cm
1mの大台に乗るかと期待していましたが、少し足りませんでした。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

播種後80日(7/24)

2005-07-28 02:28:58 | 
先週に比べて、黄みが落ち、緑色が深くなっている感じがします。見守っていくしかありません。
梅雨も明けて、暑い日が続くことが想像されますが、耐えてくれることを願うのみです。

土曜日に恒例の34mm芝刈りを行っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六段目の茎生長中(7/24)

2005-07-27 01:39:26 | ハナミズキ
一回り大きくなった左上の枝では、六段目の茎も伸びてきて、茎から葉が生える状態になりました。
他の枝でも最上段の部分が茎が伸びたり、葉が大きくなったりとしっかり生長しています。

上からの画でも、葉が大きく開いているのがわかります。全体としては一回り大きくなったように感じられます。
生長具合の差先週、上下で生長具合に差があるといいましたが、実際にはこんな具合になっています。左側が上から見たときの下側になります。

今年は今のところウドンコ病の発症は免れているようですが、念のため土曜日に、4回目のミラネシン水溶剤散布を行いました。(先週調整した薬剤が余っていたので、今週も散布したともいえます。)

樹高: 94cm
片寄った生長ですが、そろそろ1mの大台になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

播種後73日(7/17)

2005-07-26 02:19:43 | 
枯れて白くなっていた部分からでてきている葉の黄緑色が判るようになってきました。このまま順調に回復していってもらいたいです。

金曜日に化学肥料を撒き、土曜日には恒例の34mm芝刈りを行っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胴吹き枝を剪定(7/17)

2005-07-19 02:33:26 | ハナミズキ
左下の枝が再度突出幹の下層に葉が二枚だけの胴吹き枝がありましたので、土曜日に剪定しました。同時に、雨の気配もなかったので、ミラネシン水溶剤を再び散布しました。

夏季剪定は、不要な枝の整理とともに、込みすぎている枝を整理して、風通し、日当たりを確保することも目的としています。
この目的からすれば、上の方にも込みすぎているかなと思われる部分がありますので、剪定すべきなのですが、花芽が付いていたらと考えると剪定できませんでした。

上からの画を見ると、左下の枝が再び突出してきているのが判ります。
また、この画からは判り難いのですが、高さを競っているのは下側の枝ばかりで、上側の枝は下側の6割程度の高さしかありません。

樹高: 89cm
下側ばかり伸びています。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加