休日限定エンジニアリング

アマチュア無線とエンジン付オモチャいじりの日記です。

RD125 キャブ

2017-07-15 18:02:29 | オイル臭い部屋
昨日、スロットルワイヤーの交換を終えたの
で、今日はキャブの同調を取ろうと思い、
室温32℃の中で作業を始めた。

しかし、エアクリーナーのケースがフレーム
を跨いでいて外れないのでとても邪魔だ。



まあ、それでもなんとかワイヤーの遊びの調
整から始め、アイドリング調整をしていると
エンジンが止まってしまう。

1500rpm以上にしていないと続かない感じだ

スロー系がよろしくないみたいだが、キャブ
の中も汚れているのだろう。
掃除したいのだが、外すのが面倒だ。
しかも2個も付いてるし。

パイロットスクリューを抜いて、そこからキ
ャブクリーナーを吹き付けてなんとか誤魔化
そうと思ったが、スクリューを抜いてみると
先の部分が段付き磨耗している。



変に削るわけにもいかないので、汚れだけ落
として穴からキャブクリーナーを吹いて再始
動してみるが、症状はかわらずだ。

やっまり外して掃除してみるしかないか・・・

まずは一個を外してみた。
当たり前だがガスケットは再使用不可の状態
になった。
パッキン紙で型を取って2枚作ったが、結構
厚いガスケットが入っていたので、1.5mmの
パッキン紙を使ったので型抜きに1時間くら
いかかってしまった。



そしていよいよ分解へと進む。



思った程汚れてはいなかったが、掃除してお
いた方が良いくらいにはなっていた。

しかし、ここであまりの作業場の暑さで一旦
作業を中止することにした。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RD125 スロットルワイヤー交換 | トップ | RD125 完了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。