休日限定エンジニアリング

アマチュア無線とエンジン付オモチャいじりの日記です。

R&P 中古タンクを見つけたが

2016-11-20 00:26:01 | R&Pが目覚めるとき
ハンダ付で修理を繰り返していた燃料タンク
だが、やはり完全にハンダが密着していない
ようで、1週間ほどで結構漏れていた。



それに錆もかなり深く侵食しているようで、
ポンチをあてて軽く叩くだけで穴が開いてし
まうほどである。

この状態だと、完全に漏れを止めたとしても
新たな穴がすぐにできそうな感じだ。

後々の手間を考えて、別のタンクを使うこと
にした。
外観は錆が多いが、中の錆はほとんど無いと
いうものが手に入った。



元色のままかと思ったら、塗ってあるようだ。
ロゴシールを剥がすと、塗装もいいしょに剥
がれた部分があった。
その塗装の剥がれた部分を見ると、元の色が
光った状態で見えている。
水研ぎなんかもしないまま塗ったのだろう。
完全な天ぷら塗装じゃないか。

これじゃあ一度全部剥がしてからでなければ
綺麗に塗ることができない。



4Lモンキーの時に使った剥離剤が残っていた
ので、それを使ってみたが、天ぷら塗装の部
分は剥がれてきたが、もとの色は全くと言っ
て良いくらい剥がれてこない。

モンキーの時は純正色ではなかったので、簡
単に剥がれたのか・・・

やはり純正色に対しては、ホームセンターで
売っているていどのものでは歯が立たないと
いうことか。

もっと強力なものを買ってからやり直しです
な。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R&P 燃料タンクやり直し | トップ | ペイント リムーバー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

R&Pが目覚めるとき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。