休日限定エンジニアリング

アマチュア無線とエンジン付オモチャいじりの日記です。

R&P あと少し

2017-07-29 21:23:45 | R&Pが目覚めるとき
エンジンが始動することも確認できたので、
あとはキャブの調整と、周辺部品の取り付け
で完成となる。


メッキ部分が曇っているウインカーを、綺麗
にした。
メッキ部分にはクリームクレンザーで磨くの
が効率よく綺麗になる。

クレンザー自体は安いので、惜しみなくどん
々使える。主成分は研磨剤なので、傷が心配
されるところだが、クロムメッキは硬いので、
クレンザーで磨いたくらいでは剥げたりもし
ない。
水で濡らしたあとクレンザーをたくさんかけ
て、ブラシで擦る。汚れや錆が酷いときは、
真鍮ブラシで擦ってもOKだ。



右がBEFOREで左がAFTER

あとはピカールなどで仕上げれば完璧だが、
このままでも充分に光沢がある。

最後はキャブ調整のみとなった。

CB50用のキャブにインマニはノーマルなの
で、口径が合わない。
そしてボアップもしているので、燃調は合わ
なくて当然だが、少し濃いみたいだ。

そこでエアクリーナーを外してみるが、あま
り変わらず。

パイロットスクリューが3回転以上戻さなけ
ればならない状態なので、濃すぎなのは間
違いない。

ニードルを外してみると、下から2番目にな
っていたので、これを中央にセットして組
みなおした。



でもまだ濃い感じなので、もう一段上げてみ
たら、今度はエンジンがかからなくなってし
まった。

やはりニードルだけでは対処できない・・・

そこで、以前マイクロカーのセッティング用
として買ってあったメインジェットがあるこ
とを思い出して探してみた。



#80と#82があった。
もともと付いているのは、#85なので、これ
を#82に変えて、ニードルを真ん中に戻して
みると、調子がよくなった。

ある程度キャブの調整はできたので、いよい
よ燃料タンクを載せて、細かいところの手直
しが終わればいよいよ完成だ。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R&P 工具箱 | トップ | R&P 遂に目覚める »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

R&Pが目覚めるとき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。