休日限定エンジニアリング

アマチュア無線とエンジン付オモチャいじりの日記です。

RD125

2017-07-11 18:46:17 | オイル臭い部屋
初期型のRD125が持ち込まれました。



タンクのカラーリングから察するにデビュー
からマイナーチェンジでカラーリングが変更
になったタイプではないかと予測する。
初度登録が1973年10月くらいかな。

エンジンは問題なくかかるのだが、フロント
ブレーキが全く効かないというもの。

その他細かいところで若干のメンテが必要と
いうものだ。

まずはヘッドライトとテール球が切れていま
した。
それに加えてニュートラルランプとロービー
ムインジケーターも切れていました。



赤のインジケーターが付いていたので、これ
がハイビームかと思いきや、球を交換してみ
ると、ロービームで点灯するものでした。
青ではなくて赤というのはそのためか。

そして作業のメインとなるフロントブレーキ
だが、レバーは動くがほとんど効かないとい
状態だ。

ディスクローターにはまるでゴムでも擦り付
けたような斑な跡がついています。



いったい何が起こっているのでしょうか?


つづく





『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R&P キャブその2 | トップ | RD125 フロントブレーキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オイル臭い部屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。