休日限定エンジニアリング

アマチュア無線とエンジン付オモチャいじりの日記です。

R&P 相変わらずの磨き作業

2017-05-14 21:53:12 | R&Pが目覚めるとき
フロントウインカーを付けようとしたが、や
はりそのままという訳にはいかなかった。

結構汚れて曇っていたので、クリームクレン
ザーでゴシゴシしてみた。

クレンザーで擦ると傷だらけになるかと思っ
たが、意外にと傷は付かず、メッキが綺麗に
なった。



磨く前のものと比べると、その差は歴然だ。

そして、配線のギボシ端子には、腐食と接触
不良の防止ペナトロックスを塗っておくこと
にする。



これは導電性グリースで、ナガラ電子工業と
いう会社で販売しているもの。

本来はアンテナに使うアルミパイプの指し込
み部に塗布して、接触不良を防止するための
ものだが、これを配線のカプラなどに使わな
いてはない。

ペナトロックスは結構古いもので、今はテナ
メイトという名称に変わったみたいだ。

4輪でもバッテリーターミナルなボディアー
スの端子部などにも使える。
でも、泥や埃が付きやすい場所には塗りすぎ
に注意しないと、逆に接触不良となるかもし
れない。

ナガラ電子工業は無線のアンテナを製造販売
している会社なので、このテナメイトはハム
ショップなどで買うことができる。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R&P リヤサス | トップ | R&P ハンドル周辺の組立て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

R&Pが目覚めるとき」カテゴリの最新記事