:: BACIO ::

ももちゃんの成長覚書

DEAR MOMOKO

2017-12-05 10:37:31 | Weblog


DEAR MOMOKO

おつかれさま。そして、ありがとう。
1時間半近いミュージカルのメインキャストは、
それはそれは、セリフも多く、舞台に出ずっぱりで、
休む暇もなく、それでも、立派にその役になりきっていた姿に驚きました。

舞台でのキラキラの笑顔や、
自信に満ち溢れた歌声やダンスに、
心が震えて、涙が止まりませんでした。
よく、がんばったね。

夏からの成長は、先生方やご一緒していただいたNYメンバー、
そして、いっしょに共演してれたたくさんの方々のお蔭だね。

先週の金曜日に、4日間の京都奈良修学旅行からのゲネプロ入り。
担任の先生には、ミュージカルの本番を控えている件をお手紙で伝え、
目を光らせていただくように頼みましたが、心配でたまりませんでした。
発熱は舞台に立てますが、声がでなかったら、、、
出演者全員のコーラスをバックに、ラストソングのソロをいただいているのに、
声が出なかったら・・・そんな夢をみて、夜中にとび起きたことも。

東京駅16:00、京都からの到着を迎えて、ホールに連れていく予定のパパから
「元気だけど、ちょっと声が枯れ気味」というラインに、心臓がバクバク。

3公演を全力でお芝居して、
多くの方々に賞賛いただくような歌が歌えたこと、
誇りに思います。
ふだんは、ぼんやりしているももちゃんだけど、本番の精神力と責任感、
キャストのみんなと協力しあう姿は、もう、ママを超えているなぁと思いました。

千秋楽後は、その修学旅行レポートの宿題6枚が、月曜提出で、
1文字も手をつけていないために、みんなとのご飯に、後ろ髪をひかれつつ、慌てて帰宅。

帰宅後、必死でレポートを書き上げたのも、立派でした。
疲れていたよね。
3回の本番中は、ずっと踊って歌って、叫んでいたわけですから。

すこしづつ、自立の階段を登っているんだね。
悩んだり、怒ったり、へこんだりすること、これからもいっぱいあるだろうけれど、
ママがしてあげられることは、もう、あまりなくなっちゃったような気もします。
でも、ももちゃんなら、大丈夫だって確信できたよ。
ずっと応援させてね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 輝いていたNY5期メンバーたち | トップ | 賞賛の花束が、いい薫り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事