ちょっと E オッサン

目指せ日本の正しいオッサン

青少年預かり所

2007-03-10 23:36:59 | ソフトボール
今日は午後から肌寒い小雨がパラツク天気だったのもあって、ずっと3号と家の中で留守番をしていました。そのせいで疲れが無いせいか、いつも以上に3号が寝なくて、ついさっきカミサンがしびれを切らして一緒に寝に行きました。俺と一緒に酒でも飲もうと思っていたようですが、残念ながら、また明日です。

午前中は恒例のソフトボールの練習でした。集合場所に行ってみると、ジーンズにトレーナー、手には塾に持っていくような手提げのカバンを持った18歳くらいの兄ちゃんがいました。いつも来る高校生達と仲良さそうに話をしていたので、通りすがりの塾の行き道の友達かと思っていたら、そいつもソフトボールの新入りでした(笑)。今日も全部で4人の高校生(今年卒業が3人、定時制が1人)が練習に参加してくれました。今日、来た新入りは野球経験ゼロだそうで、怪我するんじゃないかと思うくらい危なっかしくて体力的にもギリギリでついてきてる感じでしたが、本人はエラク楽しそうでした。どう思ってオッサンのソフトボールチームに、経験も無いのに参加しようと思うのか判りかねるのですが、力があり余って発散する場所を探してるんですかねえ。真面目一本みたいなのから、煙草ふかしてる奴までバラエティ豊かに来るし、普段はあいつら友達じゃないんでしょうが、練習に来ると仲良さそうにしてます。何処でどうつながって、あの年代に私達の練習情報が回ってるのか判らないのですが、練習に人数が多いのは構わないので、来ればいつでもWelcomeです。家に帰ってカミサンに「今日も新入りの兄ちゃんが来てて、しかも今日のはジーンズはいた未経験者だった。」と話したら、「地域の慈善団体になっとるね。」との事でした。たしかに、青少年預かり所の雰囲気を呈してしてきたな。

金曜日のことを思い出したのですが、一人の先輩の定年退職挨拶がありました。私は異動して存在を知った方なのですが、開発調整の神様と称される人で、定年後も5年間頼まれて仕事を続けていた方なのです。以前にも定年前に講演をされて、その時の話をブログに書いたことがあります。なにがすごくて神様なんだろうかと思っていたのですが、挨拶を聞きながら、この前の講演も思い出して判ってきた気がすることがあります。難しい事は何も言わなくて、しかし話の内容を曖昧にはされないのです。例えば定年後の抱負を話す際に「色々と頑張っていきたいと思います。」と言うパターンで使うような〝色々〟の様な表現を使われないのです。もう再就職はされないみたいなので、再就職後の夢を語るようなことも出来ない中、これから奥さんと過ごしていく上での心がけを判りやすく話されたのです。何がすごいのか理解しきれていないからなのでしょうが、うまく書けません。とにかく、だから調整の神様って言われたんだと思わせる挨拶だったのです。本とかで良く目にする、あれが「難しい事を易しく話す」と言う事だったのでしょうね。俺も、あんなふうになりたいなと思わせる方でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« xx子の毎日 | トップ | 3号ごめんね »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ソフトボール (mamekichi)
2007-03-11 08:12:15
ソフトボールチームに,若い人たちが結構参加してくる,という話,興味深いですね.慈善団体というよりも,年代を超えた地域活性化事業か,世代間格差解消事業という気がします.若者達も,実は人とのつながりを求めている,ということもあるのではないでしょうか?しかし,若者達の本音も聞いてみたいような気もしますね.
たぶん (bvauzuu)
2007-03-11 22:08:20
野球部に限らず高校の部活を謳歌出来るのは、運動能力に優れ、団体行動が出来る、やつなのです。野球が好きなやつが部活を謳歌できるわけではないのです。うちのチームに来ているやつらを見ていると感じるのです。みんな野球が好きなんだなあと、でも部活には合わないんだろうなと。野球が好きなんだけど、部活に入れなかったやつらが、野球を楽しむ場所を求めて来ている気がします。実は、オッサン達の大半も野球部上がりじゃないですし、根のところは一緒なのかもしれません。
包容力の差 (チーママ)
2007-03-26 23:20:19
きっとオッサンたちのwellcomeモードが、彼らの気持ちを和ませているのじゃないかしら?ちゃんと人として認めてもらって、仲間に入れてもらえる。「ここにいても良いんだ」という自分の居場所があるって、とても大事なことだと思うんですよ。mamekichi先生のおっしゃるように、人寂しいのもあるはずです。
良い意味での包容力の差ですよね。
彼らにとって、繁華街で意味なく過ごすより、ずっと良い時間の過ごし方。
ま、そんな小難しい事を考えず、「おー 一緒にやるか?」って男同士の付き合いをしてあげてくださいね。きっと彼らは、良い大人になりますよ(^^)
そうですね (bvauzuu)
2007-03-27 23:11:16
ソフトボールに来る時は、よく知らないオッサンの輪の中に入ってくるなと言う堂々振りなのですが、奴らのバイト先で偶然会ったりするととオドオドしてて、「あぁ本当は、こう言う奴なんだ。」とビックリさせる子もいます。そうじゃないのもいますが。(笑)何故か判りませんが、ソフトボールチームに自分の居場所を見つけているのかもしれませんね。
そんなバイト先で会うと、私も含めた大抵のオッサンは「接客態度がなっとらん!」と半分本気でいじめたりして大人気がありません。誰だか、泣かせたとか言ってたし、全く遠慮がありません。これが良いんでしょうね、たぶん。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL