ルを決めましょ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

私は街のさまよう亡霊

2016-12-28 11:24:12 | 日記
私は街のさまよう亡霊が、私は漂流したい、私に私の体に託してかもしれない、無去眼紋依の心。
――題言
万籁倶に静かで、最も艷けどそれ簇簇彼岸花咲く。風が吹いて一尘凄く濡れた靑石巷未染め。僕は、独り彷徨う。私は街のさまよう亡霊を待っている人が落ちて、私の身の跡。
軽く髪を結う、素顔に触れた靑衣、道端のすべての石、一木ごとに、あれは私の最も愛着の靑い石の坑道。
一貫の厚化粧を置いて、最も真実な自分にあの束縛の暗い、私人間韓國 醃肉汁見たい。一番は未練の妙齢、深い田舎窄巷。は誰がかつてその花前月下、約束幼稚な誓いの言葉、誰か、願い事が人の流離浮生。それは、昔の執の手、美しい幻の手と、すべてのものではない、ということは、美しい。
恋、恨、捨てず……
血のように鮮やかな彼岸花、遊覧客の孤独な姿映る羇旅。誰かの指先が流れ、一曲断腸の思いで天涯孤魂月ル人、痛かった旅人の心。
海は絢爛火の如く、海万籁クラ灰。探す纤夫指向、探す彼岸果てて、重い一度奈何橋。かつての真摯なことを探して、また方向を見失うことができて。
近くに夜明けが、私は探し出せなくてくる時の道、ニワトリが時をつげる、さまよう亡霊の心を刺した。慌しいて方向を探して、夜明けの第一縷朝の光、私の体に照らして。今、今、表情が倶。
恋、恨、捨てず……
私は、このように、最も愛する故郷には、灰になりました。しかし私には奶粉過敏恨みがないことがあることがない。私は、この地に生まれ、結局この土地に属します。土の中の胸の中で、私は感じたことがない暖かさ、落ち着いて。私は、このまま、風になる。
生まれて悔いはない、いずれ故郷に。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淡い悲しみに | トップ | 有名なら、有名なら? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。