日大豊山水泳部 活動日誌

インターハイでの総合優勝を目指して、日々練習に励んでいます。

全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会

2016-03-31 10:39:19 | Weblog

3月27日~30日まで東京辰巳国際水泳場にて、全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会が行われました。

多くの豊山水泳部選手が活躍しました!

優勝   50mバタフライ 池江毅隼

     100mバタフライ 池江毅隼

     100m背泳ぎ  小林正陛

     200m背泳ぎ   田中瑛之介

第2位 200m個人メドレー 高山凱

     200m平泳ぎ 塚田大輝

第4位 50m自由形 関 海哉

     50m背泳ぎ 小林正陛

     200m自由形 高山凱

     100m平泳ぎ 塚田大輝

第5位 1500m自由形 坂登輝

      400m自由形 坂登輝

その他、決勝に進出できなかった選手も多くの選手がベストタイムを更新しました。

特に3年生を中心とした活躍が目立ちました!大学進学後の活躍を楽しみにしております。

今回、豊山水泳部の選手が活躍した背景には、東京都水泳協会の強化方針にあります。

2020年の東京オリンピック開催が決定されてから、東京都水泳協会は東京からオリンピック選手を1人でも多く輩出するという目標を立てました。

その目標を達するために東京都では東京辰巳国際水泳場をはじめ、東洋大学や東京都体育館にて合同の強化練習を重ねています。

さらに昨年の四月からスタートした新校舎のプールは練習環境が整っており、それぞれの選手に応じたトレーニングができています。

今大会ではその成果を十分に出すことができたといえます。

ご協力いただいた東京都水泳協会の方々、スイミングクラブのコーチに感謝しております。

東京都水泳協会のご協力と新校舎の練習環境を生かして、インターハイをはじめとした夏季大会につなげていきたいと考えています。

4月より新年度がスタートし、新しいスタッフ・選手を迎えます。

今後とも応援の程、よろしくお願い申し上げます。

竹村知洋

コメント
この記事をはてなブックマークに追加