日大豊山水泳部 活動日誌

インターハイでの総合優勝を目指して、日々練習に励んでいます。

北島康介選手との思い出 「新潟国体合宿」

2016-11-25 08:39:34 | トピックス

私が20代前半の頃、コーチとして東京都水泳協会主催の「新潟国体合宿」に豊山水泳部員を引率したときに、高校生の北島康介選手も参加していました。

私は北島選手の担当コーチである平井伯昌コーチと共に男子チームを担当致しました。

今から思えば指導者として大変貴重な時間を過ごさせていただいたと考えています。

今だに記憶に残っている北島選手のすごさを感じた練習は、100mのDIVE練習です。

当時、100m平泳ぎの世界記録が1:00台の頃、高校生だった北島選手は長水路で1:02秒台を連発していたのです。

KICKやPULLなどの基礎的な練習では特別に目立つということはなかったのですが、ここ一番の集中力が必要な場面では非常に高いレベルの練習をしていたのが非常に印象的でした。

その後高校1年生でインターハイ優勝、高校3年生の頃にはオリンピックをはじめとする世界の舞台で活躍する一流選手になったのです。

北島選手が「世界の北島」として羽ばたいていく練習を直接見ることができたのは大変貴重なことでした。

平井コーチと一緒に選手の補食の買出しに行ったり、夜のミーティングで色々とお話を伺ったこともよく覚えています。

当時は豊山水泳部にもユニークな選手が多くいたこともあり、平井先生もあの頃のお話をよくして下さいます。

例えば、先ほどの100mのDIVE練習をウォーミングアップもしないでノーブレで泳ぐ國府誠司というような記憶に残る選手がいたことがあるのかもしれません。 

北島選手に新しくなった日大豊山高校のプールを使ってもらえるというのは大変うれしいことです。

選手として引退したわけですから本来は「北島康介さん」なのですが、私にとってはやはり「北島康介選手」なのです。

北島選手のこれからのますますのご活躍をお祈りしています。

 

竹村知洋

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Bチームの陸上トレーニング... | トップ | Bチームの水中練習について »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰しております。 先生、選手各位 (國府誠司)
2016-11-26 04:32:29
竹村先生、ご無沙汰しております。

本ブログにて私の事を取り上げて頂きありがとうございます。

同期の佐藤謙太郎氏から知らせを聞き拝読させて頂きました。

ただただ懐かしい記憶が蘇るばかりでした。

平井先生とは「DIVEでベスト」を出したら今日は練習終了とか、「ベストが出たので終了!」がありましたので、それ以降は、構ってくれませんでしたが。

あの時は、泳ぐのも大事でしたが、精神面で集中する練習をしてました。

正直、言うと(元々脚が悪いので、恥骨ヘルニアで)もう脚は痺れてたので、ターンをする度に差を詰められる状態でした。
(高校1年.2年の頃は使い物にならなく申し訳ないでした。)
ただ、高校3年の最後の年は、学校に恩を返さないと思い脚がダメなら呼吸を制限してロスを無くそうと。

竹村先生、上野先生、井上先生、夏井校長、また多数の先生、先輩方々に加護頂いていた事、感謝申し上げます。

最後に、日大豊山水泳部万歳!
また、高校総体優勝の報を待っております。
一端に関われた事を誇りに思います。
國府君へ (竹村知洋)
2016-11-28 10:55:18
コメントをありがとうございます。
平井先生は今だに新潟合宿の國分誠司のすごさを懐かしそうにお話しされます。
日大豊山も新しい校舎とプールになっていますので、ぜひ一度ご来校ください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トピックス」カテゴリの最新記事