日大豊山水泳部 活動日誌

インターハイでの総合優勝を目指して、日々練習に励んでいます。

日大豊山水泳部の歴史 11

2017-12-03 08:49:41 | トピックス

平成9(1996)年、から平成11(1998)年まで、日大豊山高校水泳部はインターハイ3連覇を成し遂げる。

平成9年、15年ぶりに4度目のインターハイ総合優勝を飾ったのは京都である。

中心となったのは、アテネオリンピック代表として200m個人メドレーで6位入賞を果たした森隆弘氏(写真中央)である。

200m・400m個人メドレーで優勝を果たした。

左は書道家の破留氏。

平成10(1997)年は、香川インターハイで待望の2連覇、5回目の総合優勝を果たした。

50m自由形で優勝した竹内佑仁をはじめとし、リレー3種目で優勝を果たした。

そして、インターハイ3連覇、6回目の総合優勝は岩手インターハイである。

200mバタフライで木場瞬介、100m背泳ぎで菅野貴規が優勝、リレーも全種目を制覇、400mリレーは高校新記録を更新した。

この3年間は日大豊山水泳部にとってまさに黄金時代であった。

竹村知洋

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都水泳協会70周年記念式... | トップ | 日大豊山水泳部の歴史 12 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トピックス」カテゴリの最新記事