日大豊山 卓球部

日大豊山卓球部のブログです。
ここには、試合の結果や日常のことを掲載していこうと思っています。

目標は全国入賞!

期待と不安

2015-04-28 22:27:25 | 日記
新シーズンに入って1ヶ月程が経とうとしています。

この時期はシーズンで試合が立て続けだったり、新入生が入ってきたりとなんだか落ち着きません。

新入生はおかげさまで現在11名。
練習場がだいぶ賑やかになりました。



一方で、規律は難しい時期です。
当然新入生は全然できません。
しょうがなくはないですが、早くどうにかしてほしいです。
2年生の出来てなかった感もあらわになります。
3年生は気を張れば張るほど空回りもします。

大切な時期なので緩みのないよう、厳しくあたります。



そして、期待している選手にこそ厳しくしてしまう。毎年そうです。
期待している選手には特段穴は作ってほしくない。精神的に逃げてほしくない。最後は自分で考えて立ち上がってほしい。
だから他より格段に厳しく突き放します。


逃げ道はない。

諦めたら終わり。


逃げるのも諦めるのも、全て自分が決めること。

答えが見えないから、と両手を上げるのは誰にでもできる。

人に、親に頼るのも誰にでもできる。


でも最後は自分で選択し、戦わなくてはならない。
手を差し伸べてもらったら最後。
優しさにすがったら終わりです。
自分で自分から逃げる癖が付きます。


見えなくて、見えなくて、答えなんかないかもしれない理不尽さが、対人競技の最後のメンタリティの勝負だと考えます。


だからエース候補には強くメンタルに訴えます。

耐え切ってほしいという、期待と不安を抱えて。


ここが耐えどころ。
来年をうらなうところ。





げんた

この記事をはてなブックマークに追加

関東予選 ダブルス

2015-04-20 07:35:09 | 日記
昨日一昨日で関東大会のダブルスの予選でした。

結果はエースダブルスが5位で通過。

ベスト16に1年生ペアがひとつ、
となんとも微妙な結果でした。。


新入生を迎え、新たなチームとしてのスタートの大会。3年生にとっては最後のシーズン。
色々うまくいかないのはわかる。
でも、そういったことに緊張感がないのは必ずどこかに穴がある証拠。
その穴は最後の最後、どこかにツメの甘さを残したまま、必ず自分に返ってくる。

怒られたから、許されるために、
そんな次元でこの時期行動しないでほしい。
彼ら自身がその甘さに恐ろしさを感じてほしい。
自分なりにはやった、なんて感じないでほしい。


最後は自分との戦い。
あと2ヶ月。それに気付いてほしい。



げんた

この記事をはてなブックマークに追加

ゼッケン

2015-04-17 07:39:36 | 日記
明日から平成27年度シーズンが始まります。

昨日は新シーズンに向けて新しいゼッケンを配布しました。


このゼッケンが大きな舞台で活躍してくれることを祈っています。


新入生たちにはユニフォームも配布しました。
今まで以上に、ユニフォームやゼッケンで周りからから見られる存在であるということ。1人のことが全てチームのことと見られること。是非とも良い話で語られる行動と誇りを持ってほしい、と伝えました。


まずは明日明後日のダブルス。
頑張っていきます!



げんた

この記事をはてなブックマークに追加

新学期

2015-04-08 07:32:09 | 日記
昨日は入学式でした。
入学式現在、練習に来ている新入部員は8名。クラブ説明会もこれからなので、まだ増えるかもしれませんが、新たな仲間が増えました。


今日は始業式。
ここからは学校行事が何かと忙しくなります。
練習時間確保のため、現在スケジュールの調整と多目的ホールの行事の確認やその行事の準備時間を遅らせてもらえるよう、様々交渉しているので
まだ予定表が出せてませんf^_^;)
今日には出します!


シーズンが始まると土日も試合で自分は練習場にいないなかでの練習が多くでてきます。
いつもこの時期は、見れていないところではある程度の緩みはあるものと承知し我慢しながらも、いられないことに申し訳なく思うところがあります。

ですが、彼らには強くあってほしいと願っています。
自分のために練習をしているということ。後に後悔しないようにやり切る気持ち。


昨年のインターハイでは、ランキング決定戦で、毎日毎日ほとんど欠かすことなくサーブ練習していたエースが、サーブミスで試合を落としました。

非常に悔しい経験ですが、次を歩く彼らにはそこから学んでほしい。そのような場面を実際に見たのだから。


話を戻します。
見ている見ていないではなく、自分として必要と感じ練習に臨んでほしい。
何をすればよいかを聞くのではなく、言われたことだけをやるのではなく、自ら必要と考えるものに取り組んでほしい。

朝も昼も夜も、卓球のことを考える時間もボールを触る時間もまだまだ作れると思います。



追い込みの時期です。
追い込んでほしいです。



げんた

この記事をはてなブックマークに追加

実践学園

2015-04-06 19:41:58 | 日記
昨日は午後から実践学園さんにお邪魔してきました。

自分のたっての希望で、顧問の先生にお願いしたところ、快く了承いただき実現しました。


昔から東京は、緑の実践とピンクの豊山と言われてもいたらしく、
監督を始めてからというもの、要所はいつも実践学園。

直接はお話ししたことはほとんどありませんでしたが、オーダーからアドバイス、団体戦の雰囲気等、様々勉強させていただいていました。


そんな監督さんとじっくりと話をしてみたくて、練習試合後の食事まで含めてお願いしました。


練習試合は五分より少し負けているような感があります。

そんなことよりも、練習場の雰囲気や選手に対する鼓舞の仕方。選手たちの気迫、緊張感。
勉強になりました。

その後もご一緒に食事をさせていただく中で、様々な考えや大切にしている部分、家庭のことや東京に対する思いなど伺うことができました。


やはり偉大な方のお話は凄まじくモチベーションになります。
先生に負けじと頑張っていきたいと思います。


シーズンまであと2週間足らず。
新学年やら試験やらオリエンテーションやら、忙しい時期ですが
与えられた時間は他チームも平等。
これから打てるボールのひとつひとつに思いや気迫を込めて、時間の使い方や行動、判断にも後悔のないようにしてほしいです。



げんた


この記事をはてなブックマークに追加