武陽液化ガス社員のブログリレー

ガスのこと、ガス屋のこと、その他いろいろなこと。

段位審査会

2016-10-11 16:21:34 | 趣味
こんにちは、武陽液化ガスです。

10月2日(日)江東区辰巳の日本空手道会館にて、秋季公認段位審査会が開催されました


この審査会(初段~参段)は春と秋の年2回開催されます。

四段位からは年一回開催されています。

今回は少年段位(8才から15才)から一般までの233名が受審しました。
 

最高齢は70才の男性が弐段位を受審していました。

公認段位とは、各受審者が所属している流派・会派・道場より認可された段位(黒帯)でなく、
(公益財団法人)全日本空手道連盟が主催する昇段審査会で、全空連より委嘱された資格審査委員が厳正に審査にあたります。

公認指導員資格や審判員資格を取得するには、公認段位が必要になります。

自分が所属している道場より段位を認可されているのに、公認段位を受審するのは、それだけ権威ある段位として認識されている為です。

各審査員も自分の流派の形だけでなく、他流派の形も知らなくては出来ませんので、受審者以上に大変勉強しています。


審査科目は初段位を受審する者は形(指定形)を一つと組手を行い、弐段・参段位は形(指定形・得意形)を二つと組手審査になります。
 

過緊張の為、普段通りの形を演武できなく不合格になる受審者もいます。

午前中は少年段位、午後から一般の部の審査になり午後4時30分頃に終了しました。

受審者の皆さん大変お疲れ様でした





師範
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みかん日記3 | トップ | 上田城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。