部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

2015 Road to THE GRAND PRIX ~開催まであと294日~

2015年02月27日 | 競艇事業局

こんにちは、競艇事業局の栢本です。

2月もいよいよ明日で終わり、今年度も残すところ1ヶ月となりました。
今週は、各地で春一番が観測されたニュースや、黄砂の飛来、花粉の飛散など、春の足音を感じさせるニュースが相次いでいました。
この時季は、三寒四温を繰り返しながら、少しずつ暖かくなり春に向かっていきます。春の訪れが待ち遠しい今日この頃です。
今年度のボートレース住之江における箕面市主催の開催も残すところ1開催となりました。次回は3月11日から3月16日までの6日間開催です。ぜひ、ボートレース住之江で迫力あるボートレースをお楽しみください。





また、ボートパーク住之江は、連日午前10時からオープンしています。多くのボートレースファンのみなさんのご来場をお待ちしています。

☆2015 Road to THE GRAND PRIX ~開催まであと294日~

 ボートレース住之江では、今年12月18日から23日までの6日間、ボートレース界最高峰のレース「第30回 THE GRAND PRIX(賞金王決定戦)」を開催いたします。箕面市主催としては、3年ぶりの THE GRAND PRIX開催となります。
この「第30回 THE GRAND PRIX」をPRするサイト「2015 Road to THE GRAND PRIX」(http://www.boatrace-grandprix.jp/2015/rtg/)が先週開設されました。



今年の獲得賞金ランキングをはじめ、SG競走、G1競走等の優勝者紹介、ボートレーサーのフォトギャラリーなどが盛り込まれており、今後順次さまざまな情報をお届けする予定です。
このサイトでは、すでに開催までのカウントダウンが始まっており、今日2月27日現在、開催まであと294日です。
できるだけ多くのみなさんにボートレース、 THE GRAND PRIXを知っていただき、参加していただき、楽しんでいただけるよう、我々競艇事業局職員一同、知恵を絞り、汗をかき、必死のパッチで取り組みます。ぜひお楽しみに!

☆2015 SGシリーズ第1弾
「第50回BOAT RACE CLASSIC(総理大臣杯)」まもなく開幕!

 平成27年のSG競走シリーズ第1弾、「第50回BOAT RACE CLASSIC(総理大臣杯)」がボートレース尼崎(兵庫県)において、3月17日開幕します。
BOAT RACE CLASSICは、過去1年間の優勝回数上位(SG・G1・G2競走優勝者は優先出場)のボートレーサーが出場する競走です。今回も52名のスターボートレーサーがSG競走覇者の称号をかけ、熱いレースを繰り広げます。
 大阪支部からも4人のボートレーサーが出場します(選出順に掲載)。
  松井  繁選手(4年連続20回目)
  太田 和美選手(4年連続14回目)
  石野 貴之選手(2年ぶり4回目)
  丸岡 正典選手(4年連続5回目)

 今年すでに近畿地区選手権(G1)を制した太田和美選手、芦屋62周年(G1)を制した石野貴之選手など、今回のBOAT RACE CLASSICでも大阪支部のボートレーサーの活躍を期待しましょう。

 BOAT RACE CLASSICは、ボートレース住之江、ボートピア梅田をはじめ、全国のボートレース場、ボートピアにて場外発売を実施いたします。
 3月22日の最終日、優勝戦まで、ボートレースファンのみなさんの熱いご声援をよろしくお願いします。

☆箕面市主催の次回開催は「ボートピア梅田開設8周年記念 デイリースポーツ杯争奪 2015サザンカップ」

平成26年度の箕面市主催の開催も78日間のうち72日間が終了し、残すところ6日間となりました。3月11日から6日間にわたり開催する「ボートピア梅田開設8周年記念 デイリースポーツ杯争奪 2015サザンカップ」が今年度箕面市主催の最終開催となります。
この開催も盛りだくさんのイベント、お客さまサービスをご用意して、みなさんのご来場をお待ちしています。その一部をご紹介します。
【女性ボートレーサートークショー】(場所はアクアライブステーション)
 ○西村 歩選手 3月13日(金)第9レース発売中(午後2時25分頃)



 ○水野望美選手 3月14日(土)第5レース発売中(午後0時25分頃)



【災害復興支援チャリティオークション】(場所はアクアライブステーション)
○3月11日(水)第8レース発売中(午後1時50分頃)
第9レース発売中(午後2時20分頃)
【タブレット投票端末1周年記念キャンペーン】(場所は有料指定席)
 ○開催期間中の平日に有料指定席において、タブレット投票端末をご利用いただいた先着50名様にクオカード等を進呈いたします
 ○開催期間中の土・日曜日に有料指定席において、タブレット投票端末で1,000円以上ご購入いただいたお客さまの中から抽選で素敵な賞品を進呈いたします
3月16日の最終日まで、熱いご声援をいただきますようよろしくお願いいたします。
 また、開設8周年を迎えるボートピア梅田にもぜひお立ち寄りください。
 なお、ボートピア梅田では、3月末からしばらくの間お休みをいただき、リニューアル工事を実施する予定です。くわしくは、次回のブログでお知らせいたします。

ボートレース住之江のレース情報、イベント・ファンサービス情報、ピット情報等は、ボートレース住之江オフィシャルホームページ(http://www.suminoe.gr.jp/)やボートレース住之江公式フェイスブック(https://www.facebook.com/boatrace.suminoe.jp)において随時配信しています。ぜひ一度アクセスしてみてください。


箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成27年度予算案が市議会で審議されています

2015年02月26日 | 市政統括

皆様こんにちは。市長政策室の稲野です。
例年のことながら、気がつくと、もう2月も終盤。梅の花もほころびだし、春の到来を予感させる季節になりました。
しかし、いまや国民4人に1人が罹患していると言われる花粉症の季節でもあります。私もその1人で、風が吹く晴れた日は特につらいですが、市議会も始まり、さらに多忙な日々が続きます。ともに頑張ってまいりましょう。

 

 

(春はそこまで。咲き始めた「梅の花」)

 

さて、今回は一昨日、2月24日(火曜日)から始まった平成27年第1回箕面市議会定例会に上程され、審議が始まった平成27年度(2015年度)予算案と、その主な施策・事業について、ご紹介いたします。

 

○平成27年度予算案
平成27年度の予算規模は、全会計で約1386億6千3百万円となり、前年度から約158億8千万円、12.9パーセントの増加となりました。このうち最も大きな要因は、競艇事業において3年ぶりにSG競走「第30回グランプリ(賞金王決定戦)」を箕面市が主催することになり、売上等の事業規模が膨らんだものです。

市民生活に直接関わる一般会計予算総額は419億2千万円で、前年度から8億8千万円、2.1パーセントの微増となりました。歳入の根幹である市税収入は、人口増加や企業の業績回復等から、前年度より約2億円増加し、226億5百万円を見込んでいます。

歳出における増加要因としては、社会保障関係費のうち、保育所増設による入所児童数の増加や児童手当の増加などにより、扶助費が初めて100億円を超えて、約102億2千7百万円となり、前年度から約10億2百万円、10.8パーセント増加しました。都市計画道路・萱野東西線や芝如意谷線の整備、箕面駅前駐車場・駐輪場の建替等により、土木費も約20億円増加しています。

また、今回の予算は昨年3月に制定した「箕面市財政運営基本条例」に基づき編成した初めての予算となります。安定的な財源の確保と効率的な予算執行などにより、財政規律を高いレベルで堅持しながら、緊縮一辺倒ではなく、活気あるまちづくりのための未来への積極投資など、メリハリのある、バランスのよい予算となっています。

財政運営の健全度を示す経常収支比率は94.5パーセントで、昨年度から、さらに0.1ポイント改善し、7年連続で経常黒字を達成しています。市立病院の赤字補填となる一般会計から病院会計への経常繰出しは、ついにゼロになりました。北大阪急行延伸事業には市税を使わず、競艇事業からの収益金で賄うため、新年度はそのほとんどを北大阪急行延伸のための基金に積み立てます。

 

(経常収支比率の推移)

 

昨年の「北急」カラーが色濃いものに比べ、派手なプロジェクトはほとんどありませんが、「安心・支えあい最優先」「子育てしやすさ日本一」「緑・住みやすさ最先端」という倉田市政の3本柱に基づき、子どもから高齢者まで、すべての市民生活に配慮した各種施策や事業が盛りだくさんです。

特に、防犯・防災対策等の強化による「安全・安心」や、保育・教育施策の拡大による「子育て支援」がより一層、充実され、「箕面に住みたい」「ずっと住み続けたい」と多くのかたに支持される『箕面ブランド』に、より磨きがかかる内容となっています。

 

○新年度の主な施策・事業
それでは、新年度の施策・事業のうち、その一部をご紹介します。今後、市議会の各常任委員会や本会議で慎重な審議がなされていきます。可決され、実施する段階になりましたら、各担当の部長がこの部長ブログでご紹介したり、「もみじだより」、市ホームページなどで詳しくご案内していきます。

◆水防整備指針の策定
昨年夏の集中豪雨や台風襲来を教訓に、水害対策を強化するため、「(仮称)箕面市水防整備指針」を策定します。この指針では、全市域の地形や河川・水路・雨水管等の水の流れを分析したうえで、「どこを、どう改修したらよいか」「優先すべき箇所はどこか」「費用はどれくらいかかるか」などを整理して、市全体のトータルかつ抜本的な水防対策を進めていきます。

 
(降雨シミュレーション例[浸水量ごとに色分け表示])

◆合葬式墓地の募集開始
少子化・核家族化が進む中、継承を必要としない新しい墓地の形「合葬式墓地(ひとつの墳墓に多数の焼骨を埋葬する墓地)」のニーズが高まっています。
本市ではこのニーズに応えるため、現在、市立霊園内に合葬式墓地を整備しています。この利用者を平成27年秋頃から募集する予定です。また、併せて、一般の区画墓地も20区画、募集する予定です。

◆英語教育の充実
昨年秋から試行的に実施してきた小・中学校全学年での英語教育(活動)が本格スタートします。そのため、教員と一緒になって授業を支援するネイティブ・スピーカー「英語指導助手」を、現在の7名から20名に増員し、各小・中学校に1名ずつ配置します。平成29年度には、英検3級の英語力のある中学生を50パーセントにすることをめざします。

◆病児保育の開始
これまでの「病後児保育」(萱野・桜ヶ丘・東保育所)に加え、病気中の子どもを預かる「病児保育」を、平成28年1月から萱野保育所で開始する予定です。急な発病・発熱などにも事前登録なしで即日対応し、子育てと仕事の両立をめざす保護者を強力にサポートします。

◆ペットボトルの全戸回収
これまでスーパーマーケットなど41箇所で拠点回収してきたペットボトルを、4月から新たに月2回全戸回収し、資源リサイクルの推進と環境負荷の軽減を進めます。なお、拠点回収については、これまでどおり継続します。

◆その他
これらのほか、市民生活の向上のためのさまざまな施策・事業が目白押しです。北大阪急行線延伸事業の設計等、着々と進んでいます。詳しくは、ぜひこちら(平成27年度施政及び予算編成方針)とこちら(倉田市長の個人ブログ)をご覧ください。

 

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市役所の仕事に興味のあるかた「箕面市役所」を訪問しませんか!

2015年02月25日 | 総務部

皆様こんにちは。総務部理事の中野です。各地で春一番が吹き、梅の便りも聞こえてきていますが、季節の変わり目で寒暖の変化もありますので、皆様、健康管理にはご留意ください。さて、箕面市議会も第1回定例会が始まり、2月24日の本会議において、倉田市長が平成27年度施政及び予算編成方針を述べました。この後、会期が終了する3月26日まで、平成27年度当初予算や、条例等の議案審査がなされます。会議は傍聴ができますので、興味のある方は、議会事務局へお問い合わせください。 (会議の傍聴

さて、今年度のブログで、何度か、職員採用試験を取り上げましたが、箕面市では、市民サービスの向上に向け、ぜひ本市職員として頑張ってみたいという方々に、幅広く採用試験にチャレンジしていただき、より優秀な人材を確保するため、さまざまな工夫を凝らしていますが、その一つとして「市役所訪問」を現在実施しています。市役所訪問とは、 「市役所の業務をもっと深く知りたい!」「一度職場を見学してみたい!」「先輩職員の話を聞いてみたい!」「採用スケジュールを知りたい!」と思っている方々に、市役所を訪問していただき、市の仕事内容や市の仕組み、職員の働きぶりなど、ざっくばらんに市職員が親切にご説明をいたします。興味のある方は、ぜひ、申し込みをしてください。

 

   siyakusyohoumon2013

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 ◆「市役所訪問」の訪問期間

 *平成27年1月7日(水曜日)から平成27年3月27日(金曜日)

 *申込みは平成27年3月12日(木曜日) (必着分)まで受け付けています。

 

◆市役所訪問の概要

箕面市は、あらゆる課題に積極的にチャレンジし、常に市民の視点で問題意識を持ちながら、行政の高度化・多様化・専門化に対応できる人材を求めています。現在就職活動中のみなさんや、将来箕面市で働いてみたいと考えているかたを対象に公務員志望のかたの「箕面市役所訪問」を実施します。どのような仕事をしているのか、訪問者が興味のある職場で、職員から仕事のやりがいや仕事の内容を紹介するほか、採用スケジュール、勤務条件、福利厚生制度などについて、市職員がていねいにご説明します。

 

◆市役所訪問の対象となるかた

箕面市役所で働きたいという意欲のあるかたで、平成27年4月1日現在、30歳までのかた。

 

◆市役所訪問までの流れ

1.申請書をダウンロードする。。申請書はこちらから(ワード:49KB)

2.申請書に必要事項(職場見学及び職員訪問をする希望の部署、聞いてみたいこと)を記載する。

3.箕面市総務部職員課へ電子メール(syokuin@maple.city.minoh.lg.jp) または郵送(〒562-0003箕面市西小路4-6-1)で申込。

4.訪問日程を調整するため、後日電話または電子メールでご連絡します。

 

◆市役所訪問されるかたへの留意事項

1.市役所訪問は、箕面市役所及び市内公共施設で行います。

2.訪問の実施時間は、平日の午前9時から午後5時までとします。

3.訪問は、職員採用選考に影響することはありません。

4.市役所訪問の対象となるかたが、必ずしも職員採用試験の受験資格があるとは限りません。

5.申し込みいただいてから連絡を差し上げるまで、1週間程度かかることがあります。

6.希望の課へ訪問できない場合もあります。

7.複数人数で申し込みも可能です。

8.複数課、複数回の申し込みはできません。

 

◆市役所訪問の実績(前回)

*申し込み受付期間   平成26年1月8日~平成26年4月10日

*訪問者数  51名

*訪問先   市役所の10部局、30課

*内容   若手職員が中心となって、各職場での仕事の内容や市の重点施策、仕事のやりがいや市役所での生活、市が求める人物像などについて親切にご説明し、また、訪問された方の箕面市への思いや志望動機などをお聞きし、ざっくばらんに意見交換を行いました。

 

◆箕面市の採用試験にぜひチャレンジを!

過去のブログでも何度か取り上げましたが、公務員志向の方々だけではなく、民間志向の方々も含め、より幅広く人材を募集し意欲・能力の高い職員を採用することをめざし、従前の公務員試験(教養試験)を廃止し、民間企業で実績のあるSPI(1次試験)と面接・人物重視の採用選考を実施しています。また、技術士や建築士、土木施工管理士などの資格を所持されている方は、1次試験を免除しています。

さらに、任期付職員としての勤務成績等による選考により、常勤職員へ採用する「行政実務経験者採用試験」も実施しています。本市の任期付採用試験にチャレンジいただき合格し任期付職員として採用された後、がんばって実績をあげた場合は、常勤職員に採用、というルートも用意しています。

また、市役所や近隣の大学などで、毎年春に採用試験説明会を実施しており、倉田市長自ら熱く語ります。

今年度は採用試験はほぼ終了しましたが、就職や転職を考えておられる方々で、箕面市で働いてみたいと思われる方は、ぜひ、来年度、箕面市の採用試験にチャレンジをお願いいたします。来年度の採用試験については、5月頃に、市ホームページでお知らせする予定です。

 

 *採用情報

 *箕面市の採用試験について

 *採用試験説明会(平成26年5月)

 *平成26年度箕面市職員採用試験実施状況

 先輩職員の声(若手職員へインタビュー) 

   平成26年度  平成25年度  平成24年度

 

 

 

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

子ども達が明るく、健やかに成長することを願って!

2015年02月24日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局 子育て政策統括監の木村です。

早いもので、今週で2月も終わり、今年度も後1ヶ月余りを残すのみとなりました。
今日から新年度予算などが審議される平成27年第1回箕面市議会定例会が始まります。
新聞報道などで見られた方も多いと思いますが、私の所管では新たな事業として、現在実施している「病後児保育」に加え、病中の子どもさんをお預かりする「病児保育」の開始に向け公立萱野保育所に病児・病後児保育室を整備する予算や民間保育所等で確保が難しくなってきている保育士確保への支援策などを提案しています。

その他にも、子ども達が元気に毎日過ごせるように、また、保護者の方々が安心して子育てできるように、子育て支援に係る様々な事業を提案しています。
平成27年度の事業展開に向け、この議会において、いろいろなご提案やご意見をいただき、よりよい事業を展開できればと考えています。

~子ども達が明るく、健やかに成長することを願って~
2月21日(土曜日) 13時30分から、メイプルホールで、市内で青少年健全育成や福祉に関わっていただいている12の市民団体の方々で構成された実行委員会が主催する青少年健全育成市民大会が開催されました。
この大会は、本市における青少年の健全育成活動が、これからも地域に根ざし広がっていくことを願って開催されているものです。

第1部の式典では、これからも地域での取り組みを継続させるとともに、団体間のつながりを更に強め、市民がお互いに支え合い、力をあわせて、いきいきと輝く「箕面っ子」の夢とロマンを育むまちづくりを進めること との大会決議が採択されました。

第2部では、「子どもを育てるまちづくり」について倉田市長が、青少年指導員さんが中心となって実施している「危険箇所・問題箇所点検」や現在通学路に設置中の防犯カメラなど地域の方々の取り組みや具体の箕面の子育て施策・教育などについて講演がありました。

第3部では、市及び教育委員会の主催で、スポーツや文化活動で世界大会や全国大会などで活躍された方・団体や、青少年のためになる育成活動をされた方・団体に贈られるもみじ顕彰・ささゆり褒章の表彰式を実施しました。
市長と教育委員長から、全国大会で優勝されたなど特に顕著な活動・貢献をされた方に贈られる「もみじ顕彰」を3名の個人の方と3団体に、また、57名の個人の方と10団体に「ささゆり褒賞」が贈呈されました。
受賞されたみなさんおめでとうございます。これからの益々のご活躍を願っています。


 


(受賞者を代表しての高柳薫杏さんの謝辞)


~やってみよう! はじけよう! こども会フェスタを開催しました~
2月1日(日曜日)こども会を身近に感じてもらう子どもたちの祭典「こども会フェスタ」を開催しました。
今年は、朝、雪が舞うなど少し寒い中、例年の3倍近い3500人の参加があり、屋台や、ゲームコーナーにはたくさんの行列ができました。
今回、新たに実施した救急車や消防車のバッテリーカーの試乗体験、バルーンアート、世界一に輝いた箕面高校ダンス部の皆さんと楽しくダンスを踊ろうなどでは、子ども達の笑顔がはじけていました。
事業に携わっていただいた、こども会育成協議会の皆さんを始め、ボランティアとして協力いただいた皆さん本当にありがとうございました。

 


 

 
(箕面高校ダンス部と楽しくみんなで踊りました)

 
(恒例の後藤さんのクラフトコーナー)

 
(大人気のバルーンにご協力頂いた バルーンアートクラブみのおの皆さん) 
 
(子ども達の舞台発表)

こんな楽しい行事がたくさんあるこども会に入会したい方、詳しく知りたい方は、青少年育成課 TEL 724-6968までお問い合わせください。
また、近所の仲間で新しいこども会を作ることもできます。そんな相談も是非青少年育成課まで。


(空飛ぶ担当者(前月に続き再登場)が皆さんの連絡をお待ちしています)

 

 ~今年度の集大成 笑顔いっぱいの楽しい発表会を開催しました~
公立幼稚園の今年度最後の一大イベント「生活発表会」が今月開催され、私は、とよかわみなみ幼稚園の発表を見に行きました。
子ども達は、合奏に、劇に、合唱に日頃の練習の成果を、力一杯発表してくれました。
特に、4月に1年生になる年長さんは、30分にも及ぶ劇を披露し、みんなしっかり台詞を覚え、大きな声で、しっかり演じてくれました。
最後には、たくさんの保護者の皆さんからの大きな拍手に笑顔で応えていました。
4月からは、ピッカピカの1年生、友達をたくさん作って楽しい小学校生活を送ってほしいと願っています。

   
(かわいい子ども達の出し物にコメントは必要ないですね)

 

~春の訪れを告げる音色を聴きに~
箕面市青少年吹奏楽団の第22回定期演奏会が、3月22日(日曜日)にグリーンホールで開催されます。
毎年この時期に開催され、春の訪れを告げてくれる恒例の演奏会です。
毎年、グリーンホールが満席になりますので、すてきな演奏をお聴きになりたい方は早い目のチケットの購入をお勧めします。


 

~子育て政策を担当するものとして~
先日、新婚旅行に行っていた娘夫婦を迎えに妻と一緒に関西国際空港に行きました。
空港に着くと、よくテレビで見る有名人を出迎える数百人の行列が・・・
妻と誰がくるんやろう? 写真撮りたいな。とか言っていると、「ワン・リー(正確には1Dと言っていたらしい)」が来るらしいと近くにいた人の声が聞こえ、妻が「ワン・リー」て誰? 香港か韓国にそんな名前のスターいたような気がする と自信満々の私。
娘に、荷物を受け取るところに「ワン・リー」とか言う有名人いない?と携帯電話で聞いたら、お父さんそれは、「ワン・リー」じゃなくて「1D」で「ワン・ダイレクション」ていうイギリスのスーパーグループで、日本のコマーシャルにも出てるチョー有名グループやんとの返事。
妻に香港・韓国でなかったね。と失笑され・・・・
おまえも知らんかったやないかと私は心で叫びつつ・・・
是非、写真をと思ったのですが、いつ出てくるのかもわからないので、そのまま夕食を食べて空港を後にしましたが、皆さん、「ワン・ダイレクション」知ってました?

青少年や若い保護者の方々のこと理解して子育て・青少年政策を考えないといけない子育て政策を担当する私が、実はついこないだまで「ようかい体操第一」も知りませんでした。新しい情報を積極的に吸収しなければと反省した関西国際空港でした。

 

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

通学路防犯カメラ ただいま工事中

2015年02月23日 | 総務部

こんにちは、総務部理事の中井です。
2月も後半になり各地の梅林から開花状況が届く頃です。

今年は、年初の冷え込みで何日か開花が遅れているそうですが、市内をのんびり歩いていると、時折庭木に梅を植栽されているお宅や畑で、開花した梅の花を見つけることができます。

 


以前は花木に興味もなく、ちょっとした四季の変化などには全く気
付きませんで
したが、先日、柿谷政策統括監のブログで大阪城の梅林が紹介されていた影響か、近所にあるホームセンターで細くて小さな梅の木を衝動買いしました。

枝には、つぼみらしき数ミリの豆状のぶつぶつがあり、本当に花が咲くのかと疑わしい状態で、いざ家に持ち帰っても植え替えるのを忘れ、店頭で販売されていた姿のまま玄関脇に放置していました。
しかし、昨日、
よく見ると、豆状のぶつぶつがしっかりつぼみに変化し、まもなく開花宣言が出来そうな状態にまでなっており、改めて自然の力を感じました。

  

 

 

通学路防犯カメラ、ただいま工事中

 

市ではより安全・安心なまちづくりを進めるため、箕面警察署の全面協力を得て、全ての市立小中学校の通学路に750台の防犯カメラ設置を進めています(全14小学校区、1校区あたり50台規模)。
全通学路に防犯カメラを設置するのは府内初で、1校区あたり50台もの防犯カメラを設置するのは全国でもトップクラスの取り組みです。

この防犯カメラ設置にあたり、市は箕面警察署と協定を締結しました。箕面警察署では特別プロジェクトチームを設置し、市に必要な情報提供や適切な助言をいただきました。これにより、市はより効果的に防犯カメラを設置することができ、児童連れ去りや痴漢などの犯罪防止、検挙率の向上が期待されます。防犯カメラの映像は、プライバシー保護の観点から、おおむね1週間の保存とし、警察の捜査時にのみ情報提供を行います。 

 

 

昨年の9月議会でご承認をいただき、当時はテレビや新聞でも報道されたため、市民からまだ工事も開始していないが本当に付くのか、いつ設置するのかという声も担当課に届いていました。設置工事は、市内を6区域に分け、2月当初からそれぞれの区域で開始しており、3月中旬には終了する予定です。
工事中ご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、御協力のほどよろしくお願いします。

 

 

防犯カメラを設置するには

 

設置工事の大まかな手順として、まずどこに設置すれば効果的かを考え、防犯カメラ750台の設置箇所を選定します。(これは現場確認を含め大変な作業ですが、箕面警察署と、地域の子育てに係る諸団体の全面協力をいただきました。)

 

次に、設置する電柱を確定していくのですが、同じ電柱でも、関西電力、NTTと所有者が異なります。また、電柱によりカメラなどの外部機器を設置できる電柱とできない電柱があるため、選定された電柱ごとに確認し、電柱所有者に使用申請を行います。

これと並行して、電柱すべてが市道に立っていれば問題はないのですが、府道や国道、私有地に立っている例もあるため、土地の所有者を確認した上で、許可申請を行います。
 
次に、750カ所の設置工事に当たり、道路上に自動車を止めたり、電柱にハシゴを立て掛けたりするため、警察にも工事の届出が必要になります。防犯カメラの設置は、これらを全部終了させて開始することができるのです。(少しですが、設置工事が遅れた言い分けです・・・)

  

萱野北小学校付近 雪が舞う中での設置工事 


 

  

  

 

北小学校付近

 

 

 

 

 

防犯カメラの機種選定と画像

 

テレビのニュース番組などで、犯罪発生当時の防犯カメラの画像が放映されることがありますが、夜間の画像は、暗くて何が映っているのかよくわからなかったり、見えにくいものが大半であると思います。

防犯カメラは、大手メーカーから中小の専業メーカーまで多数のメーカーがあり、価格、性能もさまざまですが、比較的安価なものでも昼間の画像は鮮明で人物も車両も特定できるものが大半です。

しかし、夜間、照明があっても暗い、照明がないという悪条件で、実際にどこまで撮影できるのか、メーカーのカタログや説明書などではよくわかりません。
そこで、今回、防犯カメラの設置に当たり機種の選定委員会を開催し、防犯カメラ設置工事店への推奨機種を選定しました。

そこで、市が示した性能基準(防犯カメラ仕様書)を満たした4社によりカメラの選考会を開催しました。いずれも官公庁等への納入実績があり、画像に大きな差異は出ないと考えていましたが、実際に撮影された画像を見ると各社それぞれの特徴が大きく現れていました。

  

選考会で使用した夜間の画像を紹介しますのでご覧ください。

1撮影画像の内容に違いはありますが、撮影された環境は同じです
2撮影環境は、10メートル先が目視できないほどの暗さの屋内駐車場
3撮影された動画を、png形式ファイルに変換しています

順位1  

カラー動画   

モノクロ動画

順位2  

カラー動画

   

モノクロ動画

順位3

 カラー静止画

モノクロ静止画

 

順位4

カラー動画

 

 

モノクロ動画

 

 

 
地域の防犯カメラの設置

市域の防犯カメラ網は、子どもの通学路には市がカメラを設置しますが、市全域を面として捉えるとやはり台数が不十分です。
そこで、通学路以外への防犯カメラの設置を促進するため、平成27年度から2年間限定で自治会の防犯カメラ設置に対する補助金制度を拡充し、自治会負担を設置費用の1割にまで軽減する予定です。これにより、市全域で、空き巣やひったくりなどの犯罪防止をめざします。自治会には、今月から開催される議会で承認をいただいた後、詳細をご案内する予定です。


 

 犯罪発生の抑止 ~安心・安全な街へ~

 

次の表は、昨年、全国で発生した子ども対象(13歳未満)の暴力的犯罪被害の件数です

(公然わいせつ等を除く)。子どもが被害者となった事件が全件報道されることはありませんが、改めて件数の多さに驚きます。

 

 

 

平成23年

平成24年

 平成25年

子ども対象暴力的性犯罪

1,114

1,159

1,210

強盗強姦

1

0

0

 強姦

65

76

69

強制わいせつ

1,019

1,054

1,117

わいせつ目的略取誘拐

29

29

24

(警察庁統計) 

  

箕面市の全刑法犯罪は1,216件で、犯罪率(平成26年12月末現在、人口10万人当たり)は大阪府内の33市(町村を除く)中31位と非常に低くなっています。

しかし、強制わいせつは20件も発生しており、子どもや女性の安全・安心を確保するにはさらに対策が必要です。

 

子ども対象・暴力的性犯罪は、被害者やその家族等の心身に深い傷を残し、地域住民を不安に陥れるなど社会に及ぼす影響が大きい犯罪です。子どもたちの明るい未来を守るためには、大人一人一人が、地域が、警察が、行政が連携し、有効な対策を立てる必要があります。

 

今回の通学路防犯カメラの設置により、犯罪を抑制し、犯人逮捕につながることを期待するのは当然ですが、防犯カメラだけでこれらを達成できるものではありません。子どもたちの見守り、地域の声かけ、不審者の情報提供などを通した地域の防犯力の向上と、それらを補完する防犯カメラなどのハード面の整備とが一体となって、初めて箕面市の防犯システムとして効果を高めることができるものと考えています。

 

防犯カメラについてのお問い合わせ

   市民安全政策課  電話 724-6750

 

 

 

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加