部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

平成26年(2014年)を振り返る

2014年12月26日 | 総務部

皆様こんにちは。総務部理事兼選挙管理委員会事務局理事の中野です。(先日の衆議院議員総選挙を期に、12月9日付けで、選挙管理委員会事務局の併任となりました。)今年も、いよいよ本日が市役所の多くの職場での仕事納めとなります。今年1年、何かとお世話になり、大変ありがとうございました。来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。なお、消防や市立病院、競艇事業局などでは、年末年始も業務に従事いたします。

 ◆今年1年を振り返って

 ●衆議院議員総選挙

今回の衆議院議員総選挙は、11月21日の衆議院解散から12月14日の投票期日までの間が23日という、昭和50年の中曽根内閣の解散時の選挙(20日間)に次ぐ、戦後2番目に準備期間が短い選挙でした。通常は選挙の準備期間は、最低でも30日間程度はありましたので、今回の選挙では全国のほとんどの自治体で、準備に大変な苦労をしていたようです。準備期間が短かったことから、全国の自治体で投票用紙の交付ミスや集計ミスなどが多発しました。本市におきましても、一部投票所で投票用紙を二重交付した可能性が高い事案や選挙特集号の誤配布などの重大なミスが発生し、重く受け止めるとともに再発防止に向け取り組んでまいります。また、周知・啓発期間が短かったことも影響し、投票率は平成24年の衆議院議員総選挙に比べ、かなり低下しました。箕面市では、小選挙区の投票率が、54.96%(前回比△6.7%)で、大阪府内平均が50.67%(前回比7.7%)、全国では52.66%(前回比△6.7%)でした。次回の選挙に向け、引き続き、投票率の向上のためのさらなる啓発などに取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

投票時間開始直前の投票所の様子。

 

<第47回衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査>

 

投票率(20時最終)

 

*開票結果

 ・小選挙区

 ・比例代表

 ・国民審査

 

 

その他の取り組みなどについて、今年、取り上げられた部長ブログを紹介しながら、1年を振り返りたいと思います。

 

●人事給与制度構造改革

 

本市では頑張った職員に報いる民間企業並みの人事給与制度の構築をめざし取り組んでおり、関係条例を本年第2回市議会定例会(6月議会)に提案し、可決されました。

 

*新人事考課制度が始まりました(稲野市長政策室長ブログ)

 

*全国初の人事・給与制度がスタートします(稲野市長政策室長ブログ)

 

いよいよ、来年4月にはこの改革が本格稼働し、来年度は人事給与制度改革元年となります。

さまざまな部門で働く職員一人一人が、能力を最大限発揮できるよう、制度運用を図っていきます。

 

 

 

●難関を突破したニューフェイス(採用試験、新規採用職員研修など)

 

箕面市では、民間志向の方々も含め、より幅広く門戸を広げ優秀な人材を確保するため、いわゆる公務員試験(教養試験)を廃止し、民間企業の採用選考で実績のあるSPIを採用試験に導入するとともに、人物重視の採用選考を行い、今年も春・秋の採用試験で、多くの人材を確保しました。採用試験合格者のうち、可能な人については、今年中に前倒し採用をしており、既に第一線で頑張っている職員もいます。

市としましては、引き続き、優秀な人材確保と人材育成に向け取り組んでいきます。

 

以下、今年の私のブログです。

 

*新規採用職員体験型研修-箕面の観光をPR

 

*秋の採用試験始まる

 

*平成26年度職員採用試験始まる

 

*さあ、やるぞ!頑張る新規採用職員

 

 

 

●全国に先駆けた条例制定-市の政策を支える法制課

 

地方分権の流れの中、まさに「自治体間競争の時代」が到来していますが、箕面市では、このような流れの中、市民サービスの向上に向けた施策立案については前例にとらわれず、ゼロベースで検討を進めており、その結果、全国に先駆けた新たな条例をいくつか制定してきました。その条例制定を支えているのが、総務部法制課です。新年が明けると、来年度に向けて市の事業の基本となる条例、規則等の整備がピークになります。引き続き事業原課による制度設計をもとに、知識を出し合いながら、市民サービス向上に向けた施策立案に取り組んでいきます。

 

以下、今年の私のブログです。

 

*市の政策を支える法制課

 

*2つの新たな条例

 

 

 

●着々と進む「マイナンバー制度」 

  

国民の利便性や行政の効率性の向上、税などの公平性確保の観点から、国が制度構築する「マイナンバー制度」について、本市でも総務部のマイナンバー担当が中心となり、関係課と連携しながら、着々と準備を進めています。関係予算につきましては、今年の第3回(9月)及び第4回(12月)市議会定例会に補正予算を提案し、可決されています。また、マイナンバー制度・システムにかかるセキュリティー対策等の妥当性については、システムごとに市個人情報保護制度運営審議会に諮問することとしており、住基システムや税システムについては、既に審議会からセキュリティー対策等は適切であるとの答申を得ています。引き続き、スムーズな制度・システム導入に向け取り組んでいきます。

 

*マイナンバー制度の準備を進めます(私のブログ)

 

*「マイナンバー」て、知ってます?(宇治野部長のブログ)

 

 

 

●国政や自治体施策の参考指標となるさまざまな統計調査

 

総務部統計担当が所管するさまざまな統計調査についてもご紹介しましたが、現在、統計担当では来年度予定されている、5年に1回の大規模な統計調査(=国勢調査)の準備を進めています。国勢調査は、市民の皆様方のご協力を頂かないとうまくいかない、最も重要な統計調査ですので、実施の際には、ぜひ、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

*家計簿をつけてみませんか?(宇治野部長のブログ)

 

*さまざまな統計調査(私のブログ)

 

 

 

●最後に、大切なお知らせとお願い

⇒臨時福祉給付金の申請の締切は「1月5日」です。まだ申請されていない対象者の方は、至急、申請をお願いいたします!!

 

*宇治野部長のブログから抜粋

箕面市の「臨時福祉給付金」の申請期限は平成27年1月5日です。まだ間に合います。未だに申請されていない方は、すぐに申請手続きをしてください。
「臨時福祉給付金」は、平成26年4月から消費税率が5%から8%へ引き上げられたことに伴い、所得の低い方々への負担増に配慮し、今回だけの措置として国の予算により支給される給付金です。
箕面市では、今年の7月から8月にかけて「臨時福祉給付金」の対象と考えられる方に申請書を送付しています。
もう一度確認してください。申請書が届いていたことをお忘れの場合もありますので、ご家族などが「臨時福祉給付金の申請書が届いていなかった?」と確認してください。
この「臨時福祉給付金」は、基本的に申請者名義の銀行などの口座に市役所から振り込みによりお支払いを行っていますので申請しないと「臨時福祉給付金」を受け取ることができません。
なお、電話でATM(現金自動預払機)の操作をお願いしたり、手数料などの振り込みをお願いすることは絶対にありません。

「臨時福祉給付金」という名称を装った詐欺には十分注意してください。

ご不明な点は、箕面市役所 臨時福祉給付金担当(072-724-6715)までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

今年1年、ブログをご覧いただき、ありがとうございました。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

今年の年末年始は、大型連休となりますが、健康にご留意頂き、ご家族そろって輝かしい新年を迎えられますことを、お祈り申し上げます。

 

では、皆様方、良いお年をお迎えください!! 

 

 

 

 

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

地域の皆さん1年間お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

2014年12月25日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局 子育て政策統括監の木村です。

今日はクリスマス、皆さんはどんな1日を過ごされていますか、家族と、友人と、・・・・・思い出に残るそれぞれの1日をお過ごしください。

私は、昨日のクリスマスイブの夜に、箕面自由学園高等学校チアリーダー部(GOLDEN BEARS)の25周年記念公演にご招待いただき、梅田芸術劇場に行ってきました。

GOLDEN BEARSは、この夏に行われた全国大会で、中学校・高等学校ともに、優勝されその優勝報告会も兼ねての記念公演でした。

1900人が入るホールは、満席でチケットも発売後即完売だったそうです。
私は14列目で見せていただき、迫力あるチアリーディングの演技に圧倒されるとともに、彼女たちの演技に、感動と元気をもらいました。

ほとんどのメンバーが、学校に入ってからチアリーディングを始めたとのことで、笑顔での演技に至るまでには、きっと毎日の厳しい練習と、すばらしい指導者の下で大変な努力をされてきたと思います。
また、高等学校吹奏楽部の演奏もあり、すばらしい演奏にひとときクリスマス気分に浸っていました。

GOLDEN BEARSの皆さん、すばらしいクリスマスイブをありがとうございました。ますますのご活躍を願っています。

 

今年も、この箕面自由学園を始め、府立箕面高等学校ダンス部や、個人での水泳大会・陸上競技など、箕面の青少年の皆さんが全国規模の大会で大活躍され優秀な成績を納められました。
青少年の皆さんには、来年もいい報告をたくさんいただきたいと願っています。


~地域の皆さん、今年1年大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。~
私の担当している保育所・幼稚園・青少年健全育成・子育て家庭支援では、地域の皆さんや様々な団体の方との連携やご協力いただきながら、安心して子育てができるまち「みのお」、子ども達一人ひとりの個性を大事にしながら、のびのび笑顔で育っていく「みのお」を目指し様々な取り組みや事業を行っています。
今年も、1年間いろいろな行事や幼稚園・保育所での地域の方々とのふれあいなどで、地域の皆さん・団体の皆さんには本当にお世話になりました。

この12月も、地域の力をお借りした取り組みを行いましたのでその一端をご報告したいと思います。

   

「少年を守る日」統一活動を実施しました!
少年を守る日は、昭和39年に当時の大阪府青少年問題協議会が主唱した運動で、当時少年非行が増加した傾向などを受けて、子どもを守る活動を強化する一環として始まったものです。

箕面市では、昭和55年から12月を「少年を守る日強化月間」とし、第一金曜日には、統一活動として、市立小中学校の登校時間帯に「おあしす運動(おはようございます・ありがとうございます・しつれいいたしました・すいません の頭文字をとったもので、みんなが気持ちよく挨拶しよう と言う運動です)」と「登校指導」を行っています。

今年度も5日に、箕面市青少年を守る会連絡協議会・箕面市更生保護女性会・箕面警察署のご協力の下、総勢56名で、市役所から8コースに分かれて、各通学路・各小中学校で啓発活動を行いました。

  

 

また、各通学路や校門前では、各校区の青少年健全育成団体の皆さんや子どもの安全見守り隊の皆さんも笑顔で子ども達の登校の見守り行っていただきました。
とても寒い中、ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

各校区では、たくさんの皆さんが統一活動日だけでなく毎日通学路などで子ども達の安全を見守っていただいています。
子ども達が安心して日々生活できるよう、引き続き、ご協力よろしくお願いします。


地域の皆さんとともに
公立幼稚園では、毎年12月に餅つき大会を開催しています。
子ども達や先生だけでは、実施できないため、地域の民生児童委員さんや青少年を守る会の皆さんなどのお力を借りて実施しています。
今年度も、皆さんと一緒に子ども達が餅つきを行い楽しい時間を過ごしました。

  

  

  

なか幼稚園では、地区福祉会のクリスマス会にご招待いただき歌をご披露させていただいたり、いろいろなお話をさせていただいたりして子ども達にとってすごくいい経験をさせていただきました。

  

また、ひがし幼稚園では、卒園された保護者の方が幼稚園のお楽しみ会で、「アナと雪の女王」を演奏いただくなど、卒園しても幼稚園のことを大切に思っていただき、子ども達のために楽しい時間をプレゼントしてくれました。

  


公立幼稚園は、小中学校との交流や地域の方との交流を年間を通じて行っています。子ども達にとってすごく大切な経験であり、いろいろな刺激を受けています。
これからも、地域に愛される幼稚園を目指し、職員一同がんばっていきますので、今後とも、引き続きよろしくお願いします。 

最後になりましたが、地域団体の皆さんを始め、市民の皆様方には、1年間いろいろとお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
今年も、残りわずかとなりましたが、健康には留意され新年をお迎えください。

 

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

1月17日は全市一斉総合防災訓練!

2014年12月24日 | 総務部

皆さんこんにちは。総務部理事の中井です。

早いもので今年もあと1週間を残すばかりとなりました。

忘年会シーズンも終盤となり、飲み過ぎ、食べ過ぎで胃腸の調子を崩されているかたも多いと思いますが、これから年末年始を控えさらに飲食の機会が増えます。

また、今の季節は例年のとおりインフルエンザが流行しており、医療機関ではマスクをつけた患者さんで溢れています。学校では学級閉鎖も出ており、これからも流行は続くと予想されます。体調管理には十分に注意してください。

 

今日はクリスマスイブ。街は色とりどりのイルミネーションに飾られています。

夜は家路を急ぎ家族で過ごすか、華やいだ街に繰り出すか、皆さんはどう過ごされますでしょうか。
 

 

 

突然ですが、先月外出先で食事をとろうとお店を探していると、写真のメニューの看板を見つけました。ヒグマの煮込みはおいしく美味と聞いたことがあるので、食べるか食べないか大分悩んだのですが、結局勇気がなくお店には入りませんでした。

ヒグマは市場に出回ることがなく、料理を提供する多くのお店は、知り合いの猟師さんから猟のあった時だけ仕入れるそうです。また、12月から冬眠明けまでは猟もなくメニューから外れるようなので、貴重な機会を逃がしたと、どうでもいいことで少し後悔しています。

 

 

 

毎年1月17日は、全市一斉総合防災訓練

 

いつ起きるかわからない大規模地震に備えて、家庭、地域、学校、市などさまざまな立場で防災体制を定期的に確認するため、市では毎年阪神・淡路大震災が起きた1月17日に大規模地震の発生を想定した全市一斉総合防災訓練を実施しています。曜日・時間によって、家族や地域の状況が大きく変わりますので、平日・休日に関わらず、いろいろな状況で防災訓練をしておくことが、いざというときの行動につながります。

 

今年度の訓練は平成27年1月17日(土曜日)です。 

各小学校区の地区防災委員会では、避難所開設手順の確認や安否情報の集約などに加えて、保存食の試食などそれぞれ独自に工夫した内容で訓練を予定されていますのでぜひご参加ください。 

内容は、広報紙12月号と、1月号にも詳しく掲載しますので、ぜひご覧ください。

  
  お問い合わせ  市民安全政策課  電  話  072-724-6750

                         ファクス 072-724-6376 

 

トリアージ訓練

 

今年度は、全市一斉総合防災訓練の一環として、箕面市では初めてのトリアージ訓練を実施します。

トリアージ(triage)とは、医療資源(医療スタッフや医薬品等)が制約される中で、一人でも多くの傷病者に対して最善の治療を行うため、傷病者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位を決めることで、救命の可能性が非常に低い者よりも、可能性の高い者から順に救護、搬送、治療にあたるべきであるという考え方です。

今回は、外科医と内科医、看護師がチームを作り、このトリアージを行うほか、消防署、自衛隊も訓練に参加します。

また、トリアージ訓練の他、市や自衛隊が保有している各種防災用品の展示なども行いますので、午前中の訓練から引き続きとなりますが、ぜひご参加ください。

 

日 時    平成27年1月17日(土曜日) 

       防災用品の展示他   午後1時から

           トリアージ訓練      午後1時30分から午後3時

 

場 所  ライフプラザ(総合保健福祉センター)アトリウム

 

 

 

トリアージの特徴

 

災害時の混乱の中では、限られた医療資源を最大限に活用しながら治療を行うため、診療前にまずトリアージが行われます。

 

トリアージを行わず通常と同じように受付け順で治療を行った場合、重症者が長時間放置されるということが出てきますし、また、最重症者から治療を始めた場合には、その治療だけで貴重な医療資源が使い尽くされてしまい、確実に救命可能なほかの重症者の治療ができなくなるといったことも考えられます。

こうした問題を解決するために、トリアージ(搬送優先順位、治療優先順位の決定)が必要となります。

救命の可能性が非常に低い者よりも、可能性の高い者から順に救護、搬送、治療にあたるべきであるという考え方です。

 

日常では、最大限の医療資源をもって救命処置された結果、救命できるような傷病者も、人材・資材が相対的に著しく不足する状況では、全く処置されず結果的に死亡する場合もあることが特徴です。

 

 

歳末防犯街頭啓発

 

歳末にかけて、詐欺やひったくりなどの犯罪が増える傾向にあります。 

また、最近では振り込め詐欺等の特殊詐欺による被害が特に急増しているということで、箕面警察でも金融機関を中心に警戒にあたられています。

 

そこで、犯罪を未然に防ぐ取組みとして、12月15日(月曜日)に「歳末防犯街頭啓発」をりそな銀行箕面支店のご協力のもと実施し、箕面警察署員、市職員とりそな銀行職員の三者が協力し、自転車の防犯カバーや啓発チラシを市民の皆さんに配りました。

 

 

同じ時間帯にりそな銀行の催しで、「クリスマスミニコンサート」が開催されていました。

箕面市在住のゴスペルシンガー、植村紀子さんによるすばらしい歌声に引き寄せられ、多くの方が来店されていたこともあり、防犯への呼びかけも十分に行うことができました。

 

 りそな銀行のキャラクター「りそにゃ」と「滝ノ道ゆずる」も駆け付けてくれました。 

 

  

振り込め詐欺等の特殊詐欺にご注意!

 

被害に遭わないためには、「自分だけは大丈夫」と思わずに、不審な電話が掛かってきたら一人で判断せずに、まず家族や友人、警察に相談してください。

 

・「必ず儲かります!」という投資勧誘詐欺

・市役所の職員を装ってATMで振り込みさせる還付金詐欺

・「レターパック・宅配便で現金送れ」は全て詐欺 

 

ひったくり被害にご注意!

 

ひったくりによる被害件数は、大阪府が全国で一番多く発生しており、細心の注意が必要です。

 

・自転車の前かごには、ひったくり防止カバーを装着しましょう。

・カバンは車道と反対側でしっかりと持ちましょう。

 たすき掛けにすることでより被害にあいにくくなります。

・昼夜に関わらず、人通りの多い明るい道を選びましょう。

・後方から自転車やオートバイが近づいてきたときは、振り返って注意しましょう。

・注意力が散漫になるので、音楽を聴いたり、スマートフォンを使用しながら歩かないようにしましょう。 


ひとりひとりのちょっとした防犯への取組みで、犯罪を減らすことができます。これから年末にかけて慌ただしい時期となりますが、被害にあわないよう十分に気を付け、よい年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

今年を振り返って

2014年12月22日 | 議会事務局

こんにちは。
議会事務局長の中井です。
12月15日の竹内議会事務局長さんのブログにもありましたように12月9日から議会事務局専任理事として仕事をさせていただき、12月20日付けで議会事務局長を拝命いたしました。どうぞ、よろしくお願いいたします。


さて、今日、12月22日は「冬至」です。
今日は、北半球では太陽の高さが一年で最も低い位置にあって、日照時間が一年で最も短く、反対に夜は長くなります。
冬至を境に、少しずつ日は長くなりますが、寒さは厳しくなっていきます。
また、今年の冬至は19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」にあたるそうです。朔旦冬至とは新月(朔)と冬至が重なる日で、月の復活と太陽の復活が重なる日ということでおめでたいとされています。
弱まった太陽の力がこの日を境に甦ることから、陰が極まり再び陽にかえる日「一陽来復」と呼び、冬至を境に運が向いてくるとされます。
冬至には、かぼちゃを食べてゆず湯に入るという風習がありますが、かぼちゃを食べる由縁には諸説あるようで、冬至に「ん」のつくものを食べると「運」がつくとされ、かぼちゃは漢字で南瓜(なんきん)と。これは「ん」が2つつく食べ物で、運をたくさんとりこめる、運盛りの野菜とも言われており、これも由縁のひとつのようです。また、かぼちゃは夏から長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための先人の知恵でもあります。
また、ゆず湯に入るのは、「柚子(ゆず)」は「融通」がきくように、「冬至」は湯につかって病を治す「湯治」といった語呂合わせから柚子湯に入るといわれていますが、もともとは運を呼び込む前に厄払いするためという説やゆずの木は寿命が長く病気にも強いことから、柚を入れたお風呂に入って無病息災を祈ったという説があります。
このほかにも「冬至の日は家族団欒で過ごす。」という風習もあるそうですので、ぜひ冬至の今日はご家族ご一緒にお過ごしください。

さて、今回は、これまでの振り返りということで、前職のみどりまちづくり部で取り組んできました主な道路事業についてご紹介したいと思います。

 

【市道才ケ原線歩道改良工事】
大阪みどりの百選にも選ばれ、桜の名所となっているこの美しい並木道をこれからも桜の名所として残し、歩行者が安全で歩きやすい道とするため、現道の幅員の中で車道部を狭めて西側歩道を拡幅しセミフラット化しました。また、交差点部の車道にはハンプを設置し車の速度の抑制を図り歩行者や自転車の安全確保に努めています。桜の木についても樹木医等に樹木調査をお願いし、老化が進んでいる桜の木については植え替えをしました。

 

【市道イ線道路改良工事】
阪急箕面駅の西側を流れている箕面川に沿って徳尾橋から南に府道箕面池田線までの約300メートルの間、歩道の狭い部分は現道の幅員の中で歩道を広げ、歩道の波打を解消するため歩道をセミフラット化しました。

 

【市道論場線道路改良工事】
市道イ線に連続して徳尾橋から箕面駅までの延長約90メートルの間についても歩道の改良を行いました。


 
【市道白島外院線歩道新設工事】
白島の集落から萱野東小学校や第四中学校の北側を通るこの道路は、国道171号や府道箕面池田線の渋滞時の抜け道として利用されることも多いことから、コミュニティセンター萱野東小会館(灯ろうの家)付近から西に約280メートルの間、歩行者などの安全を図るために新たに用地を取得し歩道を設置しました。今年度中に警察による横断歩道の設置が予定されており、その設置とあわせて通学路に指定することになっています。また、さらなる安全確保を図るため、速度抑制効果のあるハンプ設置を検討していきます。

 

【市道稲野上野線歩道改良工事】
西小学校の西側を学校に沿って南北に通る道路で、西小学校や第一中学校に通学するたくさんの児童や生徒のみなさんが利用しています。
今回の工事で新たに学校側にも歩道を設置し、西小学校の南西角の変則五差路の交差点部分も歩行者等の安全対策工事を行いました。

 

【都市計画道路萱野東西線(東地区)道路新設工事】
北大阪急行線延伸に合わせて新駅へのアクセス道路整備として、萱野中央地区の東端から東へ千里2号線まで約470メートルの間の整備を進めています。
平成25年度から道路用地の取得と道路の築造工事を進めています。まだ一部、工事に着手できていない区間がありますが、一日も早い整備完了を目指し取り組んでいます。 

 

【市道第四中学校東歩道新設工事】
箕面市内で唯一、自転車通学が認められている第四中学校の東から第二総合運動場の外周道路までの約135メートルの間、自転車・歩行者専用道路を新設するものです。まだ一部、工事に着手できていない区間がありますが、一日も早い竣工を目指し鋭意取り組んでいるところです。また、これと併せて第二総合運動場の外周道路の安全対策についても実施しています。


このほかにも船場東地域における交差点改良をはじめとする道路改良事業やカーブミラーや横断防止柵の設置など交通安全施設の整備事業などにも取り組んできました。また、北大阪急行線延伸の事業化合意に伴い現在進めています萱野東西線の東地区に加え西地区や芝如意谷線などの周辺道路整備を早急に進めていく必要がありますので、周辺地域のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

 

 

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

成人祭で待ってるよ

2014年12月19日 | 人権文化部

みなさん、こんにちは。生涯学習部長・人権文化部長の浜田です。
平成26年(2014年)も押し詰まってきました。今年は、例年以上に早めの寒波が来襲し、周りでも体調を崩したかたを多く見受けます。インフルエンザの流行もいつもより早くなっているようです。うがいや手洗いに努め、元気に新年をお迎えください。


〇成人祭にご参加ください。
平成27年1月12日(祝日 月曜日)に市立メイプルホールにおいて、平成26年度の成人祭を行います。当日は、式典といろいろな景品が当たる「お楽しみ抽選会」を予定しています。

開場 午前9時30分
開式 午前10時
場所 箕面市立メイプルホール大ホール

新成人のみなさんには、事前に案内はがきをお送りしていますので、ご参加ください。

お送りしている案内はがきです。これも若手職員の皆さんが一所懸命作りました。
宛名面

  
通信面

今年、箕面市では、1,408人が新成人となります。少子化の流れは、ここでも顕著で、平成15年度には、1,833人いた新成人が425人も少なくなっています。
箕面市の成人祭への参加率は、約10年前は約39%、その後も50%を下回る参加率で推移していました。
この参加率の減少傾向を抑えるために、入庁1年目の若手職員によってチームを組み、新成人と近い意識で今の時代にあった成人祭とすべく工夫を凝らす取り組みを行っています。その結果、まだまだ少ないですが、2年前から60%を超える参加率となりました。(ちなみに昨年平成25年度は、62%でした。)
今年も、総勢20人の若手職員が、年度当初から一所懸命に取り組んできました。ステージの企画やパンフレットの作成、市内事業者への成人祭への協賛のお願いなど、それぞれの役割に基づいて取り組んできました。
すべては、新成人の皆さんに楽しんでもらいたい。心に残るものにしたいとの思いのもとで励んできました。

チラシやパンフレットの作成、当日の企画や協賛の依頼に奔走してくれた若手職員の皆さんが当日の運営も行ってくれます。
新成人のみなさん、若手職員が待っていますので、ぜひ、ご参加ください。


当日の企画の詳細は、ここでお伝えできませんが、きっと楽しい成人祭となるものと思っています。

(昨年度の様子:誓いの言葉)

 

協賛いただいたみなさまから提供いただいた商品が貰える「お楽しみ抽選会」やパフォーマンスもあります。ぜひ参加していただき、恩師や友人と近況やこれからの決意や目標、夢について語り合いませんか。

(昨年度の様子:箕面高校生によるダンスパフォーマンス)


(昨年度の様子:抽選会)

 成人祭に参加される新成人の皆さまへのお願い。
成人祭での楽しさから、時々、はめを外す行為が見受けられます。他のみなさんへ迷惑をかけないよう、新成人としての自覚をもって、節度をもって楽しんでください。


〇音楽でふれあう、つながる ヒューマンライツ・コンサート
箕面市と人権擁護委員協議会は、差別のない住みやすいまちづくりをめざしていますが、人権を考えるきっかけとして、音楽と人権をテーマとしたヒューマンライツ・コンサートを市立メイプルホール・大ホールで開催します。

音楽と人権はどのように結び付いているのかという講演と、「友情」をキーワードに活動するアンサンブル・サビーナの演奏により、誰もが持っている人権をお互いに尊重し合うことや守り育てていくことの大切さなどを伝えるコンサートです。

音楽と人権、どうつながるの? といった疑問を持たれるかたも少なくないと思います。
音楽の中には、「どうしたら幸せになれるのか」、「こんな悲しいことがあっていいのか」といった、心の奥底にある思いや願いが表現されているものが少なくありません。
そこから生まれた音楽の歴史は、そのまま人間が人間として幸せに生きたいと叫び続けてきた歴史でもあり、今日でも、これらの思いは、歌い継がれ、演奏されています。

このコンサートでは、皆さんがよく知っている、馴染みのある歌曲や民謡、クラシック音楽などの演奏と、それらの曲ができた時代の背景などを伝えるトークで構成されています。
曲が作られた時代を知り、曲に込められた思いなどを知った上で、改めて曲にふれることで、新しい感動なども生まれると思います。

日時:平成27年1月31日(土曜日)午後2時から4時(午後1時30分開場)
場所:箕面市立メイプルホール・大ホール
定員:500人(当日先着順です。)
入場料は無料です。

 

〇恒例の箕面森町妙見山麓マラソンの参加募集のお知らせ

冬の終わりの風物詩となっている恒例の箕面森町妙見山麓マラソン大会が、3月8日(日曜日)に開催されます。
11月1日(土曜日)から平成27年1月26日(月曜日)まで、参加者を募集しています。“大阪一しんどいマラソン”といわれているこの大会に参加してみませんか。
アップダウンの激しいコースを使って開かれるもので、小・中学生の出場が多い3キロメートルの種目から、親子で楽しめるファミリーの部、少し本格的な10キロメートルの部などがおこなわれます。
今年はゲストランナーに、バルセロナ・アトランタの両五輪大会に連続出場し活躍された、箕面市在住の山岡(旧姓:真木)和(やまおか いずみ)さんをお招きしています。

お問い合わせは、箕面市教育委員会 生涯学習部スポーツ振興課まで

 

箕面市では、3月31日まで『明日くるかもしれない大災害!今すぐ始めよう!家庭の備え』の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加