部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

箕面市民 歯のつどい 歯っぴい健康フェスタ 2014

2014年05月30日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部長の小野啓輔です。

5 月、2 回目のブログです。

なんで月 2 回やねん。オレはフェイシャル・サロンか!
前回、サイレント・プアで深キョンを載せたからか~!!

意味不明のグチはさておき、

前回のブログ 「サイレント・プア」 は、割と大きな反響をいただきました。
例えば、大阪府の職員さんは、介護保険のメーリングリストにこのブログを紹介し、
全国へ情報発信してくださいました。
また、箕面市社会福祉協議会の職員さんは、ケースワーカー仲間のフェイスブックに
このブログのアドレスを貼り付け、それがナンと、
ドラマ「サイレンント・プア」の監修&モデルでもある豊中市社会福祉協議会の
勝部麗子さんにも届いたそうです。

勝部さんには、去年の箕面市民生委員児童委員協議会の場で、
 「社会的孤立における民生委員への期待」 というご講演をしていただきました。
そのとき 「インターネットで 「ごみ屋敷」 と検索したら、勝部麗子が上位に並ぶんです」
というエピソードを聞いて大笑いした覚えがあります。今あらためて講演資料を
読み返してみると、ごみ屋敷、若年性認知症、ホームレス、30 年間のひきこもりなど、
ドラマのベースとなった事例もしっかりと話をされていました。
実体験に裏打ちされた魅力的なお話とともに、
 「排除する側に立つか、支援する側に立つか」 という問いが、深く心に刻まれました。

 

さて、今日のテーマは、 6 月恒例 「箕面市民 歯のつどい」 です。


●歯っぴい健康フェスタ 2014

6 月 7 日(土曜日) 午後 1 時から 4 時まで、
みのおライフプラザ (総合保健福祉センター) で、
 「箕面市民 歯のつどい~歯っぴい健康フェスタ 2014」 を開催します。

 

 


歯っぴい健康フェスタ 2014 は、 「歯と口の健康週間」 にちなんで、
箕面市と箕面市歯科医師会の共催で実施している楽しいイベントです。
箕面市教育委員会、箕面市医療保健センター、箕面市学校保健会の協力も得て開催、
歯とお口の健康に役立つ多彩なイベントとなっています。

例えば、歯医者さんによる歯科健診や、歯のみがき残しチェック、ブラッシング指導、
模型でむし歯治療ができる 「歯医者さんのお仕事体験」 や、
口の中を小型カメラで見ることができる 「お口の中の探検隊」 、石膏模型立体ぬり絵、
歯みがき剤のテイスティングなどなど、他所ではできない貴重な体験もできます。
また、口臭チェックや血管年齢・アルコール体質の測定、骨密度測定、栄養相談、
禁煙相談など、子どもから大人まで楽しめる催し・コーナーをたくさん用意しています。
参加は、すべて無料ですので、この機会にぜひライフプラザへお越しください。


【去年までの歯のつどいの様子】

      
歯科健診                           ブラッシング指導

   
石こうで作った「立体塗り絵」          歯医者さんのお仕事体験

    
栄養相談                    骨密度測定

   
お砂糖コーナー                     お口の中の探検隊 


● 歯の図画・ポスターコンクール

また、同時開催している人気イベントとして、
歯とお口の健康に関する 「図画・ポスターコンクール」 があります。
今年のコンクールには、市内の保育所 (園) ・ 幼稚園 ・ 小学校の子どもたちから、
1,925 作品の応募がありました。この中から、箕面市長賞 1 点、歯科医師会会長賞 1 点、優秀賞 3 点、入選 80 点の作品が選ばれます。
みごと入賞作品に輝いた皆様には、
同じく 6 月 7 日(土曜日)午後 2 時から,、みのおライフプラザ (総合保健福祉センター)
 「箕面市民 歯のつどい~歯っぴい健康フェスタ 2014」 の会場で、表彰式を行います。

なお、今年の入賞作品は、6 月 2 日(月曜日)から 6 月 15 日 (日曜日) まで、
みのおライフプラザ (総合保健福祉センター) で展示します。


【歴代の箕面市長賞、箕面市歯科医師会会長賞に輝いた作品です。】

  
平成 22 年度 箕面市長賞              平成 22 年度 箕面市歯科医師会会長賞

   
平成 23 年度 箕面市長賞               平成 23 年度 箕面市歯科医師会会長賞

  
平成 24 年度 箕面市長賞             平成 24 年度 箕面市歯科医師会会長賞


  
平成 25 年度 箕面市長賞           平成 25 年度 箕面市歯科医師会会長賞

   
展示会場の様子


●歯と口の健康週間

6 月 4 日から 6 月 10 日は、歯と口の健康週間とされています。
もともと、今から 86 年前の昭和 3 年( 1928 年) に、日本歯科医師会が
 「むし歯予防デー」 という名称で普及啓発を提唱したのが始まりです。
その後 「護歯日」 「健民ムシ歯予防運動」 「口腔衛生週間」 などと名称も変遷し、
昭和 33 年( 1958 年)から平成 24 年( 2012 年)まで 「歯の衛生週間」 という名称で、
厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会が共同して、
歯に関する正しい知識の普及啓発と、歯科疾患の予防・早期発見、早期治療を進める
様々な取り組みが、全国各地で展開されてきました。
その 「歯の衛生週間」 が、去年から、 『歯と口の健康週間』 へと名称変更されました。
平成 23 年( 2011 年) 8月の「歯科口腔保健の推進に関する法律」の施行も相まって、
約 50 年ぶりの名称変更で、実施主体に 「日本学校歯科医会」 も加わり、
より幅広い活動が期待されています。

詳しくは、日本歯科医師会のホームページへ。

   



歯と口の健康週間は、歯だけでなく、歯を含めたお口全体、さらには体全体への意識を
高めていただくことをねらいとしています。
歯は、からだ全体の健康と密接に関わっているからです。

例えば、むし歯や歯周病により、かむ力や口の機能が衰えると、食事がしにくい、
柔らかいものしか食べられない、唾液の分泌や消化・吸収がうまくできない、
食欲が落ちるなど、栄養摂取にも大きく影響します。
栄養不足や栄養の偏りが長く続くと、筋力や運動機能の低下、生活習慣病などを
招いて、身体能力を壊す原因にもなってしまいます。
また、歯周病菌が、歯だけでなく肺など全身にまで影響し、
誤嚥性肺炎や動脈硬化などを引き起こすこともあります。
さらには、歯を使って食べ物をよく噛むことが、脳に流れる血液や脳神経への刺激にも
関係し、記憶力の向上や老化防止にも効果があることもわかってきました。
また最近では、歯や歯ぐき、舌や口の筋肉、だ液や飲み込みなども含めて、
口全体のケアにより、健康を維持し、食べる・会話する・表情豊かに暮らすなど、
生活の質を保つ 「口腔ケア」 という考え方も重要視されるようになってきました。

 「歯と口の健康週間」 の今年度の重点目標は、

 「生きる力を支える歯科口腔保健の推進
~生涯を通じた8020運動の新たな展開~」 とされています。

歯から 「歯と口」 へ、さらには全身の健康と生活の質へ。
歯と口は国民が健康に生きていく力を支えるもの。
歯科疾患の予防や歯と口の健康を保持する取り組みを進めることが、
人の 「生きる力を支える」 ことに必ずつながる・・・
「歯と口の健康週間」には、そんな熱い想いが込められているのです。

 

 

 

箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

箕面四季百景 ~ 青葉 ~

2014年05月29日 | 農業委員会事務局

おはようございます、農業委員会の吉田です。

 

止々呂美の春・・・。
桜の花を追いかけたのが遠い昔のように思えるはずで、もう五月も終ろうとしています。

 

箕面は新緑の季節も過ぎ、青葉が盛り。

 

時として突き刺すような日差しを避け、木陰で重なり合う青葉を見上げていると、来る夏を思い、また秋、冬へと心の中で季節が移ろいます。

 

 


滝道を呑み込むような青葉の勢い、、、

 

 

 

こうしていると、なんとなく木ぎを揺らす風も青葉の香りを含んだように感じたりするのですが、いち早く季節の移ろいを感じるのは風の香りだけでなく、「旬」という食べ物による場合もあるでしょう。 

 

今では旬を逃すと食べることのできない食材は少なくなりましたが、一年中手に入るものでも本当に「美味しい」時期はやはり「旬」のようです。

 

箕面の農家さんや農業公社が作る野菜は、すべて「旬」のもの。農家さんの野菜は市内朝市で購入できます。また、公社産のものは主に中学校給食で子どもたちに提供されています。 

 

 

その中学校給食ですが、市民の方にも味わっていただこうと試食会を開催します。日時は6月14日(土曜日)、会場は第二中学校。詳しくは左の画像をクリックしてご覧ください。お申し込みは6月9日まで、定員がありますのでお早めにどうぞ。

 

 

そしてPRついでに、もう一つ。
以前お知らせした岩手県大槌町の復興を支援する、箕面市美術協会チャリティオークション展が、6月1日から8日まで箕面文化・交流センター地下1階で、同会員展も同時開催で行われます。チャリティには113名の作品171点が、会員展には115点が展示される予定です。今も3名の本市職員が派遣され復興に尽力している大槌町。応援のメッセージを届けるためにも、お時間がありましたらぜひご覧になってください。

 


 

ところで、全国会長大会が一昨日東京で開催されました。主催者あいさつで全国農業会議所 二田孝司会長は「農家・農業を守るためには現行の公選農業委員会制度は欠かせない」など、来賓の林農林水産大臣を前に切切と訴えておられました。TPP交渉とともに一連の農政改革がどのように決着するのか様ざまな立場で議論がかわされていますが、「日本の農業」が大きな岐路に立っていることは間違いありません。大会資料は事務局窓口に備えていますのでご自由にご覧いただけます。

 


 

さて、この季節は樹上にばかり目が行きがちですが、足元の水の流れにも目を向けてみてください。 清らかな流れにも青葉の影が映り、

 

 

落葉を惜しむかのように、流れの渦がいつまでも青葉と戯れています。 

 

 

 

綺麗に化粧した青葉を映す鏡のような川面もあれば、

 

 

 

吸い込まれるほど神秘的に見える水を貯えた湖面もあり、

 

 

  

道行く人も、去りゆく春を心に留めるように・・・、 

 

 

 

いや、まったくいい季節ですね。 

 

 

  

そう思うのは私たちだけではないようで、カメもゆったり、気持ち良さげにプカプカ浮かんでおりました。 

 

 



それでは最後に、今月の一枚。

農家さんの多くは家内で作業をされています。そのせいでしょうか、ご夫婦の何気ない素振りの中にも信頼という言葉では表現しきれない、強い絆を感じることがあります。まったく羨ましいことでした。

 

ではまた次月、ありがとうございました。


 

箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。


この記事をはてなブックマークに追加

「マイナンバー」って、知ってます?

2014年05月28日 | 総務部

 こんにちは。総務部の宇治野清隆です。5月も残すところ3日です。沖縄地方では早くも梅雨に入っています。

 5月23日に発表された気象庁の6月から3ヶ月間の長期予報では、エルニーニョ現象が発生する可能性が高く、気温は北日本や東日本では平年並か低く、西日本は平年並か高い見込みとのことです。熱中症に注意し、暑さに負けない健康管理を行いましょう。

 
 昨年の5月に「マイナンバー ~社会保障・税番号制度~」に関する法律「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が新たに成立しました。

 何のことかな・・・?という感じですが、一言で言うと「マイナンバー」の意味のごとく、国民一人ひとりに割り当てられる番号のことです。 

 「マイナンバー」制度は、社会保障と税の各制度における効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)とされています。

 マイナンバー制度の導入により、より正確な所得把握が可能となり、社会保障や税の給付と負担の公平化が図られ、より公平・公正な社会の実現が期待されています。また、社会保障や税に係る各種行政事務の効率化が図られ、ITを活用することにより添付書類が不要となるなど、国民の利便性の向上が期待されています。 

 マイナンバー(個人番号)は、平成27年10月(予定)に住民票を有するかた全員に「通知カード」により送付されます。また、平成28年1月(予定)から希望者には個人番号カードが交付されます。

 「通知カード」も「個人番号カード」も氏名、住所、性別、生年月日が記載されていますが、「個人番号カード」には本人の顔写真が表示され内蔵のICチップにも同様の情報が記録されており、公的な身分証明書としても利用できます。 

 「マイナンバー」制度によって個人が特定されることで官公庁での様々な手続きが効率化するという仕組みですが、具体的にどのような利便があるかというと、

■ 年金などの給付過誤や給付漏れ、二重給付等の防止

■ 個人情報を紐づけることでより正確に個人の所得を把握

■ 災害時の本人確認等や生活再建への効果的な支援

■ 自己情報や必要なお知らせ(情報)等を自宅のパソコンから入手

■ 所得証明書等の添付書類が省略できるようになるなどの利便性が向上 

  などです。

 現時点での内容については下記をご覧ください。
 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

 「マイナンバー」制度の詳細が未定な部分も多いことから、進捗状況については、このブログでも報告していきたいと思います。
 

 ある休日、妻が薔薇(バラ)の花を見たいというので、伊丹市の荒牧公園に行ってきました。
 別名「薔薇公園」とも言うそうです。
 せっかくなので、薔薇の花の鑑賞に付き合うことにして、僕はブログに使う写真を撮ろうと古びたデジカメを持っていきました。

 

 僕も花は美しいと思うのですが、あまり興味がなく花の名前もほとんどわかりません。プレゼントなどに花を買うことがあっても庭で育てたり、自分のために花を買ったことは記憶にありません。

 

 花をプレゼントされると嬉しいと言われる女性は多いそうですが、僕の妻も例外ではなく、庭で花を育てています。

 天候も良かったので、老若男女の家族やカップルでいっぱいです。乗り物や遊具のない小さな公園ですが、一面に薔薇の花が咲き乱れていて、本当に美しいものだと思いました。

 お弁当を持ってきて薔薇の花と香りを満喫しながら食べている人や専門的に写真を撮っている人も多くいます。

 これらの写真は、普通のデジカメで撮ったものですので、あまりきれいに映っていませんが、実際にはこれ以上の美しさがあると思います。 

 薔薇の花の色は深紅や明るい赤、黄色、白色など、どれだけの種類があるのでしょうか。これほどの満開の薔薇を見たのは初めてだったので、少しだけ花に興味を持った一日となりました。

箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ホタルが乱舞!  滝道は夜も魅力がいっぱい。

2014年05月27日 | 地域創造部

 こんにちは、地域創造部長の広瀬幸平です。

 前回のブログでも紹介しましたが、箕面の滝道は今、瑞々しい新緑の季節を迎えており、散策すると爽やかな風とせせらぎの心地よい川音が日ごろの疲れを癒してくれます。


 大都市近郊にありながら、全国でも稀にみる豊かな自然があり、長い歴史をもつ箕面公園…。 こんなにも心地よく、訪れる人を楽しませてくれる滝道ですが、お昼だけでなく、夜にもたくさんの魅力があることをご存じでしょうか?
 今回は、夜も楽しい滝道の魅力について、その一端をご紹介します。

  


 箕面市では、2011年の秋に滝道のリニューアル工事を完了し、ガス灯風の省電力型 LED 照明やフットライトが整備されました。 夜も歩きやすく、昼間とは違った滝道の魅力を楽しめるように、大阪府と箕面市が協調して整備を進めたもので、電線類の地中化を進めるとともに、舗装を自然の風合いが感じられるものに改修し、景色を台無しにしていた電線類をなくすことによって、より自然に近い状態で箕面の滝道を楽しんでいただけるようにしたものです。

 現在の滝道 (音羽山荘前) の様子です。 電柱や電線がなくなり、ガス灯風の LED 照明やフットライトが設置されています。

 


 また、滝道では 2010年に川床が復活し、今年で5年目を迎えています。 2年間の社会実験を経て本格実施に至ったもので、明治から昭和の初期には箕面川の川辺に茶店や休憩所があった史実をもとに、今の時代にこれを復活し、自然環境と歴史的文化的資源を活かした “にぎわいとくつろぎの空間づくり” を進めたものです。
 川床と言えば京都の貴船や鴨川が有名ですが、箕面の川床はリーズナブルでお手軽な川床として浸透しつつあり、名勝箕面山の豊かな自然や景観・風情をゆっくりと満喫しながら、お店が腕を振るったお弁当や甘味を楽しむことができます。

※ 川床の詳細についてくは 【こちら】 をご覧ください。


 ホタルが乱舞!  滝道は隠れたホタルの鑑賞スポットです …    
 

 現在発売中の情報誌 “関西ウォーカー” のホタル特集ページで箕面市が大きく取り上げられています。 箕面の滝道は大阪市内から30分程度で訪れることのできる距離にありながら、天然のホタルが生息する貴重なエリアで、“夜の滝道を舞うホタルの光はとても幻想的” と紹介されています。

 例年、6月の上旬から下旬までホタルの飛翔を楽しむことができます。おすすめの鑑賞ポイントは一の橋から 100メートル ほど上流にある聖天橋の周辺や昆虫館、紅葉橋周辺の一帯で、午後8時30分から9時30分ごろがねらい目です。初夏の風物詩を楽しみに、ぜひお越しください。

 なお、滝道沿道のお店の有志による “たきのみちにぎわいの会” では、店頭に “ホタルの豆知識” を掲出し、ホタルを見に来られたお客さんに楽しんでいただく取り組みを進めています。



                                        (画像をクリックすると拡大します)


 サマーフェスタ箕面公園 2014  ~ 火と水と光の祭典 ~      
 

 今回で29回目を迎えるこのイベント。 箕面公園を舞台に、箕面市観光協会と箕面商工会議所が中心となり、大阪府や箕面市、大阪観光コンベンション協会のほか、多くの民間企業やボランティア団体が協賛・協力して実施されている、箕面の夏の風物詩とも言えるイベントです。

● 箕面大滝・滝道のライトアップ
 期 間 : 7月12日(土曜日) ~ 8月31日(日曜日)
 時 間 : 日没から夜10時まで
 場 所 : 箕面大滝、修行の古場、瀧安寺、一の橋 ほか

● みのおキャンドルロード 2014
 日 時 : 7月19日(土曜日) 午後7時 ~ 午後9時
 場 所 : 箕面大滝周辺、瀧安寺周辺、駅前から一の橋

 “みのおキャンドルロード” は、昨年まで “箕面まつり” と
同時開催してきましたが、今年度は一週間開催を早め、
“箕面地区納涼の夕べ” の初日に合わせて開催します。
 また、今年はろうそくの数を1000本増やし、6000本の灯りで幻想的な夜を演出しますので、ご期待ください。

※ 点灯ボランティアを募集しています!
 現在、キャンドルロードの点灯ボランティアを募集しています。
キャンドルロードは毎年、100名近くのボランティアの皆さんに支えていただいて成り立っているイベントです。
 幻想的な夏の夜の演出にあなたも参加してみませんか?
6月20日(金曜日)まで応募できますので、ぜひご参加ください!

右の画像をクリックすると “募集の詳細” が表示されます。

 


 今日はどのカフェ気分?  ~ 箕面・森カフェガイドのご紹介 ~   
 

 「今日はどのカフェ気分?」 とキャッチコピーにできるくらい、箕面にはカフェが多いことをご存じでしょうか。ただ単に数が多いのではなく、気分や相手に応じて選択できるほどオシャレなカフェが多く、性別を問わず支持されています。
 そこで、今回は、箕面駅周辺から滝道にかけて点在するオシャレなカフェを記した “箕面・森カフェガイド” をご紹介します。
 新緑の箕面を楽しみ、あるいは夜の滝道を楽しみ、オシャレなカフェで贅沢な時間を過ごすのも良いのではないでしょうか。ぜひ箕面にお越しください。

上の画像をクリックすると “お店の紹介” が表示されます。   

 

※ “箕面まつり” でもボランティアスタッフを募集しています!
 7月26日(土曜日) と 7月27日(日曜日) に開催される “箕面まつり” で
 「ときめき広場」 や 「パレード」 のお手伝いをしてくださるボランティアスタッフを
 募集しています。
 皆さんの積極的な参加をお待ちしています。
 応募締切は 6月20日(金曜日) です。

※ 詳細についてくは 【こちら】 をご覧ください。


箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

箕面駅前・滝道の路上喫煙禁止にご協力ください。

2014年05月26日 | 市民部

こんにちは。市民部長の千葉亜紀子です。
緑が美しい季節です。
川床に、まだ行ったことがないので、
今年こそは、だれかと行きたい!!と思っているところです。

1.   路上喫煙禁止 

さて、箕面の滝道と箕面駅周辺の路上は、ご存じのとおり、「禁煙」です。
たばこによる火傷や、受動喫煙を防止することを目的として
箕面市路上喫煙禁止条例により定められています。

ゴールデンウィークには、
環境政策課、道路課、公園みどり課の職員が
「路上喫煙禁止パトロール」を行いました。
このパトロールは毎年、観光シーズンに行っています。

たばこを吸っている方がいた場合には、注意をしています。
注意でも止められなければ千円の過料となりますが
これまで、みなさん、すぐに止めていただいています。

滝までの道ではほとんど吸っておられるかたはありませんでしたが
滝前の広場と駅前のロータリーでは、たばこの吸い殻が少し落ちていました。

箕面の滝は、多くの観光客が来られ、市民のみなさんにもハイキングコースとして
親しまれている場所です。
今はもみじの緑色が滝に映え、山の空気がより一層おいしく感じられます。
引き続き、路上喫煙禁止にご協力いただきたいと思っていますので、
よろしくお願いいたします。




 

2. 職員褒賞 

去る4月15日、ごみ収集委託先の弘伸商事株式会社の社員が、ごみ収集車運転中に、
側溝に転落した高齢のかたを発見し、救助しました。
幸い、このかたに怪我はなく、無事にお帰りいただくことができました。

民間のごみ収集車は、「こども110番」のステッカーも貼って運行しており
市民のかたの安全の見守り活動も行いながら業務を行っています。

今後も引き続き、市民の安全確保に貢献してもらいたいとの趣旨から
社員2名に褒賞を授与しました。
写真は左から
弘伸商事株式会社 中西社長、社員の南さん、小澤さんです。


 

 

箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。

 


この記事をはてなブックマークに追加