部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

箕面四季百景 ~ 桜 ~

2014年04月30日 | 農業委員会事務局

おはようございます、農業委員会の吉田です。

 

まずはPR告知から。

今年も「サツマイモの植付け・芋ほり」と「田植え・稲刈り」の農業体験を行います。実際に畑や水田で行いますので、より本格的な体験ができます。写真は昨年の田植えの様子。

 

定員・締切がありますのでお早めにお申し込みください。
友人やご家族とのご応募もお待ちしております。
詳細はこちらをご覧ください

 

 


 

 さて、桜の花も終わってしまいましたね。

 

 

楽しめたのも一瞬でした。

 

 

今月のタイトルは桜としましたが、さすがに時期はずれなのでこの程度で。お手入れされている皆さんのおかげで今年も市内の桜はどこも綺麗でした。

 

 

 

そして、桜の花が散ってしまうと、新緑の季節がやってきます。

 

 

 西江寺の紅葉が爽やかに芽生えるころ、

 

 

 裏山ではミツバツツジが咲き誇っていました。

 

 

 同じ頃、箕面ダムも綺麗に彩られ、

 

 

 山あいや谷あいにも春がやってきます。

 

 

 

アケビが好きな花のひとつになり、

 

 

 キブシを可愛らしく感じるのも、

 

 

 春だからでしょうか。

 

 


  ところで、この時期、林の中を歩いているとあちらこちらで野鳥の鳴き声が聞こえてきます。といっても私にわかるのは鶯ぐらいですが・・・。西江寺の裏山で撮ったこの野鳥、ネットで調べると年中山野にいるヤマガラという鳥で少しがっかりしましたが、平安時代にはすでに飼育されていた記録があり、学習能力が高くおみくじを引く鳥として有名とのことです。昔は神社などで普通に行われていたそうですが、私は見たことがありません。鳥も見かけによらぬもの、たいへん勉強になりました。


 

さて、山だけでなく農地にも春がやってきています。

 

 

 新稲の公社農園では収穫を終えたのらぼう菜が満開の花を咲かせていますが、その隣では春キャベツが収穫を待っています。5月にはジャガイモの花があたりを彩ってくれることでしょう。

 

 

 これらは農業公社の職員たちが植え付けたもので、左上から時計回りに、長谷川さん、中上さん、中村さん、山本さんの4名。箕面のこれからの農業を支える人たちです。どうぞよろしくお願いします。

 

 

また先日、こうした農業委員会の取り組みが全国農業新聞に掲載されました。

なお農業委員会の平成25年度事業活動報告、平成26年度事業計画をご覧になられる場合は、こちらの頁からご覧ください

 


 

 早いもので今日で4月も終わり。この連休はどちらかにお出かけですか?

今、箕面の山ではウワミズザクラの花が満開で、フワフワと風に揺られているのを見ることができます。

 

 

 そしてまもなく、眩い青葉の斜面に藤の花がアクセントになって見事な彩りをみせてくれるようになります。

 

 

 川沿いでは苔が美しく輝いて、

 

 

 深い樹木に囲まれた谷あいでは染み込むような緑の美しさを感じることができるでしょう。

 

 

連休中は人ごみを避け、箕面を歩いてみるのも面白いと思いますよ。

 

 


 

また春がきて、新しい一年が始まりました。
思いつくまま書かせてもらったこのブロクも2年が過ぎ、この間よく言われたのは「文章はいらん」。
当初は「私、文章も書いてるんですけど(-_-;)」などと抵抗したものの、いつしか今の写真主体のパターンに落ち着いてしまいました。
この間感じたのは、書き手側の立場として見ていただく力と読んでいただく力、両方備えるのはとても難しいということと、いずれか片方の力があってもそれを維持し続けることは同様にとても難しいということでした。
まもなく今年度採用職員の新人ブログが始まるようですが、新人ブログを楽しみにしている一人として、遠慮せずに個性を出し続けて一年間頑張って欲しいと思います。

最後に今月の一枚。
畑があり、田があり、背中には山。それでいて田畑の上に立つ桜の大木のすぐ向こうには大阪のビル群が迫る街。
歓迎すべき微妙な環境、というか不思議な街と感じる今日この頃でした。

 

ではまた次月、ありがとうございました。
(左クリックすると全ての画像が大きくなります)

 

箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

~ 熟年のルーキー!からの情報 ~

2014年04月28日 | 総務部

 こんにちは。総務部の熟年ルーキー宇治野清隆です。 

 平成26年度最初のブログです。4月も1ヶ月が過ぎようとしています。ようやく春らしい気候となり、箕面山麓の色彩も一気に緑色が濃くなりました。 

 前回のブログは3月19日に書きましたが、それから1ケ月の間に自分の生活環境が大きく変化しました。と言うのは、僕は4月1日付で市立病院事務局から総務部に異動いたしました。 

 3月24日に異動内示を受け取りました。僕は平成7年4月に市立病院事務局の病院管理課に異動後、経営企画課など19年間に亘って市立病院事務局に勤務しており、20年ぶりの市役所本庁の勤務となりました。 

- 驚 -

 僕が市役所本庁で勤務していたのは平成6年3月までで、それから環境クリーンセンターに1年勤務し、平成7年に市立病院事務局の勤務となりました。 

 その間、市議会関係や予算のヒアリング、様々な会議などで市役所本庁には来ていたのですが、本庁舎内で机に向かって仕事をすることがないので他の職員と話をする機会は会議の以外にはほとんどない状況でした。 

 「あれから20年」市役所本庁舎はほとんど変わっていませんが、部署の配置は大きく変わり、当然ですが若い職員が多数入職し、まさに「浦島太郎」状態です。
 
僕の容姿も20年前の髪の色は真っ黒でしたが、今は「玉手箱」を開けてしまったかのように真っ白になっています。 

 久しぶりに同期や先輩の職員から「久しぶりやな」とか「ここにいるのが不思議な感じがする」などと声をかけられました。
 
退職された先輩方も「顔を見に来たで」と寄っていただきました。やはり顔見知りの方から声をかけられると安心し、嬉しいものです。

 

 一方、若い職員の多くは「この人だれ?」とか、「こんな人が職員に?」と感じていると思います。
 
いざ仕事を始めると、コピー機の使い方や決裁の回し方、会議室や公用車の使い方など、新人職員と同じように分からないことばかりで、いろんな若い先輩?職員に聞きまくっています。
 
親切に教えてくれるのですが、忙しくしている職員に聞けるのは今のうちだけだと思い一生懸命覚える努力をしています。 

 仕事の内容が全く違うことに不安を感じながら、緊張の中でアッという間に過ぎた1ヶ月です。様々な場面で多くの方にご迷惑をかけるかもしれませんが、これからもご指導のほどよろしくお願いいたします。 

- 給 -

 総務部の組織は、一つの室と八つの課、五つの担当、一つの機構からなる大きな部になっています。
 
総務部でも様々な事業がありますが、その中で市民の皆さまに直接影響がある事業について、その情報とご協力のお願いについてご案内したいと思います。

 今回は、今月1日に消費税率が5%から8%に引き上げられたことに伴って、所得の低い方の負担を軽減する臨時的な国の給付金制度について、ご説明とご協力をお願いするものです。 

 給付金の名称は「臨時福祉給付金」です。今回限りの給付制度です。

 現在、市役所では案内チラシの作成や申請書を送付するための準備作業を行っています。それでは、この制度がどのようなものか簡単に説明します。 

* 給付金を受ける対象は?
 ○ 平成26年度の市民税(均等割)が課税されていない方。
   
しかし、その方の中でも親族に扶養されていて、その扶養している方が市民税(均等割)を課税されている場合
   は、
対象になりません。
 ○ 平成26年1月1日に箕面市に住民票がある方 

* どうして手続きをするの?
 ○ 6月下旬から7月上旬に箕面市税務課から今年度に限り非課税のお知らせと共に臨時給付金の「案内チラシ」と
  「申請書(給付にかかる税情報を使用する同意書を含む)」と「返信用封筒」が一緒に送付されます。
 ○ 同封された「申請書(同意書含む)」に必要事項を記入し、必ず必要書類を添付して「返信用封筒」で市役所に
  返送することで手続きが完了します。
 

* 平成26年1月1日に箕面市に住民票がない場合はどうするの?
 ○ 以前(1月1日現在)住民票があった市町村にお問い合わせください。 

4月時点での給付スケジュール(予定) 

 *  いくらもらえるの?
 ○ 対象者一人につき1万円です。また、その中で老齢基礎年金や児童扶養手当などを受けている方には、5千円が加算されます。 

*  いつ頃? 現金でもらえるの?
 ○ 申請書を受け付けてから約30日以内に給付できる見込みです。
 
○ 対象者から返送された申請書に記入していただいた銀行等の口座に給付金を振り込みます。 

 この制度に付け込んで、市の職員を騙る「振り込め詐欺」などの事件の発生も懸念されます。
 給付対象の方にATMの操作のお願いや手数料を集金することは一切ありません。
 
不審な電話や訪問者があれば、必ず市役所や警察相談専用電話(♯9110)にご連絡ください。
 

 「臨時福祉給付金」についての国のホームページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/rinjifukushikyuufukin/

  「臨時福祉給付金」についての市役所へのお問い合わせ先は、

  箕面市役所 総務部税務室 臨時福祉給付金担当  電話:072-723-2121

  (平日:8時45分から17時15分)となります。

  

箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。


この記事をはてなブックマークに追加

春のイベント情報! 新緑カーニバルのご案内

2014年04月25日 | 地域創造部

 こんにちは、地域創造部長の広瀬幸平です。

 平成26年度に入って早やひと月が過ぎようとしています。 新年度を迎えて、地域創造部では若干、組織体制が見直されました。人事異動で少しざわついたところもありましたが、少しずつ落ち着きを取り戻し、新しい体制で仕事がはじまっています。

 ところで皆さんは、地域創造部ってどんな仕事をしているかご存じでしょうか?
私自身、そう問われてもなかなかうまく説明できませんでした。


 ハードからソフトまで…。                        
 

 地域創造部は、4 室 7 課 1 担当で構成されています。それぞれが担当している仕事を簡単に紹介しますと…

活力推進室 (箕面営業課、商工観光課)
箕面市を元気にし、全国に発信するセクションです。 地域経済の活性化に関することや、商工業、観光の振興施策に関すること、労働施策の推進に関することなどなど、ソフト施策を中心に幅広く事業を展開しています。日常的な業務のほか、数多くの定例的、臨時的なイベントを手掛けるとともに、テレビCMやイベントで箕面を全国に発信する重要な役割を担っている人気者 “滝ノ道ゆずる” のコーディネーターでもあります。

地域活性化室 (特定地域活性課、公共用地活用推進課)
箕面駅周辺、桜井駅周辺など中心市街地の再整備や彩都、箕面森町など新市街地のまちづくり、止々呂美地域のまちづくりなど、特定地域の活性化施策の推進と、市が所有する多くの土地の利活用などを担当しています。外郭団体である箕面市土地開発公社の事務も所管しており、ハードとソフト、両にらみの施策展開といったところでしょうか。

鉄道延伸・交通まちづくり室
 (交通政策課、北急まちづくり推進課、鉄道延伸・まちづくりプロジェクト支援担当)
オレンジゆずるバスや駐車・駐輪場、交通結節点の計画など交通政策全般や、北大阪急行線の延伸で新駅ができる船場地区、かやの中央地区のまちづくりを担当しています。鉄道延伸のインパクトを最大限に活かした施策展開が使命で、10年後20年後の箕面市のありようを左右するセクションです。こちらもハード、ソフト両方の視点が必要です。

鉄道整備室 (鉄道整備課)
北大阪急行線の延伸事業を担当するセクションです。昨年度末、延伸事業の事業化が正式に決定し、新しいフェーズに入ったことから新設されました。 詳細設計や都市計画・許認可手続き、工事など専門的な事務を着実に進めるため、鉄道建設などで実績がある大阪市交通局・建設局から 3名の職員を派遣していただき、体制を強化しました。


 一見すれば、4つの室がバラバラの仕事をしているように見えますが、実はそれぞれがしっかりと関係しています。 鉄道延伸・交通まちづくり室と鉄道整備室が鉄道関係で密接に連携していることは当然のことですが、そのほかにも、例えば、船場のまちづくりと箕面森町が関係していたり、公共用地活用推進課が用地の先行取得を行なったりしています。また、地域商業の活性化といった観点からは、商工観光課と交通政策課、公共用地活用推進課などが連携しており、オレンジゆずるバスの利用促進や滝道にある旧河鹿荘のリニューアルによるカフェレストランの展開などが実現しています。
 箕面営業課は、箕面市が将来にわたって住宅都市として発展し続けるため、箕面の魅力を全国に発信し、定住人口の持続的な増加を図ることが大きな使命であるため、商工観光課と連携し、みどり豊かな箕面の自然環境や特産品のPR、四季折々の魅力の発信に努めるとともに、住宅メーカーなどと連携し、彩都や箕面森町の売り込みに取り組んでいます。今回、北大阪急行線の延伸が正式に決定したことにより、これも大きな魅力のコンテンツとして発信していく必要があります。 箕面を「知ってもらう」、箕面に「来てもらう」、箕面を「好きになってもらう」、そして最終的には箕面に「住んでもらう」 ことをめざし、何ができるのか、何をすべきなのか、試行錯誤の繰り返しです。

 

 平成26年度、地域創造部はこうした体制で、気持ち新たに頑張りたいと考えていますので、引き続き、ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。


 春のイベント情報! 新緑カーニバル (4/26~5/31) のご案内 …   
 

 明日からゴールデンウィークに突入です。 新緑のシーズンを迎え、箕面市でもたくさんのイベントが予定されています。 箕面といえば秋の観光シーズン、もみじの紅葉が有名ですが、春の箕面も魅力いっぱいです。

 意外なことに、新緑の時期は、「自然のエネルギーや生命力を感じることができるので、紅葉の時期より魅力を感じる」 という意見をお聞きすることがよくあります。新緑につつまれた箕面大滝と、そこに至る滝道の景色は格別です。ぜひお越しください。さわやかな風とせせらぎの心地よい川音が日ごろの疲れを癒してくれることは間違いありません。


● 箕面PR-DAY・春  ~ 春うらら、心ゆるゆる、森日和 ~

日 時 :  4月26日(土曜日)  ※ 雨天中止
場 所 : 瀧安寺前広場・梅屋敷ほか
主 催 : 箕面駅周辺・箕面公園とシンボルロード「地域の魅力・顔づくりプロジェクト」
       推進連絡協議会

 1.音の森に包まれる 春のせせらぎライブ
   会場となる瀧安寺前広場はすぐそばを箕面川が流れ、せせらぎの音が常に
   心地よく聞こえる場所。そんな広場で5組のアーティストがこの季節にぴったり
   のさわやかな音楽を奏でます。
   民族楽器とピアノのコラボや、琴に合わせた歌声、バイオリンの音色やラテン
   ソングの演奏に、ゆったりと耳を傾けてみてください。
   ライブは10時から始まり、入場は無料です。
  出演者 : 真依子  ~ koto (箏) を奏でるシンガーソングライター ~
         スンダランド  ~ 日比野俊彦のピアノと三上賢治のディジュリドゥ ~
         赤穂美紀  ~ 踊って歌えるラテン歌手。オペラ「カルメン」の主役を務める ~
         ACOON HIBINO  ~ 世界を股にかけるピアニスト ~
         西村泳子  ~ ドラマ「エジソンの母」挿入歌を手掛けるバイオリニスト ~

 2.広場まるごと、ゆるっとお楽しみブース
   瀧安寺前広場にたくさんのブースが出展します。箕面にしかない 『箕面逸品市』
   では、雑貨販売や、10分で受けられるリンパケア、箕面特産のゆずを使った軽食
   などをお楽しみいただけます。

 3.「箕面川床」オープン記念
   今や箕面の新たな風物詩となった箕面川床。今年も4月26日から始まります!
   当日は、川床のオープンを記念して、先着1,000名様に川床でご利用いただける
   特典付きチラシをお配りします。
   また、梅屋敷では、6月1日まで、箕面川床今昔散歩パネル展を開催。川床が
   現代に復活した歴史などをご紹介いたします。

※ 箕面PR-DAY・春の詳細については 【こちら】 をご覧ください。


● スタンプでつづる箕面公園名所めぐり

日 時 : 5月17日(土曜日)  午前10時30分から午後1時まで
         ※ 雨天の場合は、18日(日曜日) に順延
コース : 箕面駅(箕面駅前野外ステージ)→西江寺→森秀次像
          →昆虫館→箕面大滝→野口英世像→瀧安寺前広場 (約 5キロ)
主 催 : 箕面市観光協会
参加者 : 先着700人
 (箕面 交通・観光案内所前で10時30分から11時15分までスタンプ台紙を配布)
完歩者特典 : 空くじなしの抽選会、ぜんざいサービスコーナーの設置

 ゴールの瀧安寺前広場では午後 0時30分から 「箕面の森の音楽会」 を開催
  出演者 : ツハ・コ・ケストラ  ~ リコーダーアンサンブル ~
         hatao & nami  ~ 北欧音楽を笛とハープで奏でるデュオ ~
         Sky(スカイ)  ~ テレビCMソングを歌う姉妹デュオ ~

   スタンプラリーで箕面公園の名所をめぐった後は、森の中での音楽会で
   癒されてみてはいかがでしょうか…。

※ 森の音楽会の詳細については 【こちら】 をご覧ください。


● 箕面観光ボランティアガイド オープンハイキング

期 間 : (1) 5月10日(土曜日)  (2) 5月27日(火曜日)  ※ 雨天中止
主 催 : 箕面観光ボランティアガイド
コース : (1) ようらく園地 ・ 六個山方面 (約 8キロ 一般向き)
        (2) 地獄谷 ・ 谷山谷方面 (約 9キロ 一般向き)
  ※ いずれも無料、申込不要。箕面 交通・観光案内所前集合、9時40分より受付。10時出発

※ 詳しくは、 【こちら】 をご覧ください。


● 阪急宝塚線沿線観光あるき

実施日 : 5月26日(月曜日) 10時阪急箕面駅前集合  ※ 雨天中止
コース : 勝尾寺コース (約 11キロ)
        阪急箕面駅→箕面大滝→箕面ビジターセンター
                   →勝尾寺→勝尾寺旧参道→勝尾寺鳥居
定 員 : 50名
申し込み : 4月18日(金曜日) ~ 5月20日(火曜日) 【要予約・無料】
申込先 : 箕面 交通・観光案内所 (TEL 072-723-1885 木曜日休館)
主 催 : 豊能地区広域観光推進協議会、いいな里山ねっと、
       宝塚市国際観光協会、阪急電鉄(株)、能勢電鉄(株)
協 力 : 箕面市、宝塚市、川西市、池田市、豊中市、能勢町、豊能町、猪名川町、
       箕面観光ボランティアガイド、宝塚文化財ガイドソサエティ、
       川西市文化財ボランティアガイドの会、池田観光ボランティアガイドの会、
       とよなか・歴史と文化の会、猪名川町観光ボランティアガイド、
       能勢町観光ガイドの会、豊能町観光ボランティアガイドの会

※ 詳しくは、 【こちら】 をご覧ください。


 今年もはじまります! 箕面の川床 (4/26~10/26)       
 

期 間 : 4月26日(土曜日) ~ 10月26日(日曜日)
主 催 : 箕面川床協議会・箕面市観光協会
店舗数 : 箕面公園内の箕面川沿いに 2店舗出店
内 容 : 明治から昭和初期にかけて、箕面川の
      川辺に茶店や休憩所があったことから、
      自然環境と歴史的文化的資源を活かした 
      にぎわいとくつろぎの空間として復活し、
      今年で5年目を迎えます。
      春の名勝箕面山の豊かな自然や
      景観・風情をゆっくりと満喫しながら
      各お店が腕を振るったお弁当や甘味を
      楽しんでください。

※ 詳しくは、 【こちら】 をご覧ください。


箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市立聖苑・ご葬儀相談会

2014年04月24日 | 市民部

こんにちは。市民部長の千葉亜紀子です。

1. 箕面市立聖苑  ご葬儀相談会・施設見学会

昨今、身内のかたや、ご自身のことを考えられて、
お葬式について知っておきたいというかたが増えてきました。
このようなご要望を踏まえ、
4月23日水曜日、箕面市立聖苑で、ご葬儀相談会を開催し
15人のかたに参加いただきました。

箕面市立聖苑や箕面市規格葬儀のご案内を行い、
葬儀業者とのトラブル防止策や葬儀を行うときのポイントについて
アドバイスをさせていただいています。

毎月1回開催で、次回は、5月15日木曜日 13時30分から15時までです。
お申込み不要ですので、直接、箕面市立聖苑へお越しいただきたいと思います。

 

 

 

2. 環境クリーンセンター防災訓練

先月のことになりますが、3月25日火曜日、クリーンセンターで防災訓練を行いました。
環境クリーンセンター職員は、大きな地震で、災害対策本部立ち上げられた場合、
「市民窓口対策部」に位置付けられ「し尿」、「ごみ」、「がれき」に関する業務に従事します。

「し尿」  水洗トイレが使用できなくなった医療機関と避難所で仮設トイレの設置をしたところを把握し、「し尿」の収集体制を整えます。市の「し尿収集車」は1台なので、民間事業者に協力を依頼します。
「ごみ」  通常のごみ収集ができない状況においては、「災害時ごみ集積場」を設置して、市民に周知し、収集予定日を決めて収集します。
「がれき」 「応急普及対策部」「消防保安対策部」と情報共有し、道路の通行を阻害しているガレキなどを撤去します。

今回は、平日のごみ収集中の時間帯において、大きな地震が発生した場合、どのような手順で行動を行うか、といったシミュレーションを行いました。
回を重ねて、具体的なイメージを共有していくことが重要だと思っています。

 

 

 

箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

出納整理期間

2014年04月23日 | 会計室

 こんにちは、会計管理者の南です。

  「春雨降りて百穀を生化すればなり」と暦便覧に記され、穀物の成長を助ける雨のことをいう『穀雨』が先週の日曜日(4月20日)でした。ちょうどそれに合わせるかのように春雨が降りました。


 

  この節気が来るとそろそろ春も終わる頃といわれ、暦の上での夏が始まる『立夏』まで後2週間となりました。

  

                    ~ソメイヨシノから八重桜、芝桜へ~

  今日は3日続いた曇り空と打って変わって、晴天でぽかぽか陽気となりました。山も街もまぶしい新緑や花々に溢れ、清々しくてとても気持ちの良い季節になりました。


  

  

  新しい職場に異動された方や新規採用職員もそろそろ新しい環境に慣れてきたころではないでしょうか。引き続き同じ業務を担当する方ともども、それぞれの持ち場で存分に力を発揮してほしいと思います。

  

  かくいう私もこの4月から会計管理者(兼)会計室長を拝命しました。
これからも出納その他会計事務の適正な執行に努めていきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 会計室の業務

  出納事務は、市の各部局室から提出される支出のための書類(支出命令書等)を審査して、債権者に現金を支払う事務や市税などの収納金を受け入れる事務などです。


  もう少し具体的に言いますと、
  支出については、根拠となる契約その他の支出の原因となる行為が法令や予算に違反していないこと、その債務が確定していること、支出額、支払先、支払方法などを提出された書類により確認し、本市の公金の取り扱いを指定している、指定金融機関により正当な債権者へ支払われる手続きをしています。


  収入については、市の各部局室に歳入として入るべき科目や区分などと、納付すべき人と金額が確定された納入通知書により、指定金融機関・指定代理金融機関・収納代理金融機関(→こちら)に納入されると会計室に通知されます。
  いずれにしても、金融機関等により現金の支払いと収受をしますので、会計室では現金を取り扱うことはありませんが、収入額、支出額、保管現金額を日々刻々と確認するなど、市の資金管理をしています。

 

 出納整理期間

  地方自治体などの会計年度は、4月1日から翌年の3月31日までとなっていますが、3月31日までに完了した工事、購入した物品、年間を通した事業の委託契約などにかかる経費の支払いは4月以降になってしまいます。
  また、国や府などで交付決定している事業に対する補助金なども、4月以降に会計管理者の口座に振り込まれ、歳入となる場合があります。
 そこで、4月1日から5月31日までの期間を「出納整理期間」として、前会 計年度中に発生した支出の原因となる契約やその他の行為、また、確定している歳入などについて、未収や未払いとなっている現金の出納上の整理を行うため、2か月間を整理期間としています。ということで、現在、平成25年度と平成26年度の両年度の会計処理を行っています。

  この間に当年度の歳入歳出にかかる会計を確定させ、最終的に年度の会計を締める時期を、出納閉鎖と言って5月31日で締めることになります。
  そして、6月から決算調整の作業にとりかかっていくこととなります。

 

 ニューフェース
  この4月から新規採用職員として2名が会計室に配属されています。内保拓麻君と片岡健登君です。彼らは消防職として採用され、9月末まで会計室で勤務し、10月から6か月間、消防学校で消防士に必要な勉強をすることになっています。
  『市民の命と安全を守ること』のために消防士を目指している彼らですが、会計室でのデスクワークも将来きっと役立つことになると思います。
  内保君は、現在、福祉体験の研修中です。

   

内保 拓麻 君 「何事もあきらめずにやり抜きます。」    片岡 健登 君 「常に向上心を持って取り組みます。」                 

 

  最後に余談ですが、春の甲子園と呼ばれている第86回選抜高等学校野球大会が3月21日から4月2日の間、各地区代表の32チームの参加により、阪神甲子園球場で開催されました。


  近畿地区代表で4年連続6回目出場の履正社(大阪)は、1回戦で東京代表の小山台に11-0と圧勝し、2回戦は北海道代表の駒大苫小牧が相手。シーソーゲームの接戦を7-6で制し、続く準々決勝戦で福知山成美(京都)と対戦し、6-2で快勝。準決勝戦の豊川(愛知)とは、延長までもつれ込んだ試合を12-7でものにし、春夏初めての決勝に進みました。決勝戦の対戦相手は、同じ近畿地区代表で、大会最多38度目の出場の龍谷大平安(京都)。
  初めてとなった大阪勢と京都勢の決勝は、相譲らぬ戦いとなりましたが、夏3度の優勝を誇る龍谷大平安が初めて進んだ春の決勝を制しました。履正社の健闘も大いに称えたいと思います。

   

 その履正社が先週の日曜日、甲子園後初となる公式戦、春季近畿大会大阪予選に出場。私も関係者として参加してきました。対戦相手は生野工で結果は、7回コールド勝ちでした。

   

  171校が参加しているこの大会は、5月中旬まで続きます。

 

 

箕面市では、4月1日から8月31日まで統一キャンペーン『お家の耐震化チェック無料キャンペーンを実施中!』です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加