部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

一年間お世話になりました。来年も議会改革進めます。

2013年12月27日 | 議会事務局

こんにちは。議会事務局長の竹内です。

今年一年が終わろうとしています。この部長ブログ本年締めくくりのおおとりでございます。

一年間、無駄話やプライベートな話をうだうだ書き連れてきましたが、お付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

改めて過去のブログを見ますと、こんなこともそういえば有ったなとか、こんな事考えていたのかなど少し懐かしく思い出していました。

そういえば、一昨年も御用納めの日がブログ掲載に当たっていました。何か良いことがあったわけでもなく、最後までバタバタさせていただいていました。来年もきっとバタバタすることでしょう。

世間では、アベノミクスの効果で経済が上向いているそうですが、中々実感できるとこまでは行っていない気がします。来年こそ皆が笑顔で過ごせるような年になると良いなと思います。

私事ではございますが、本年年頭に宣言しました減量大作戦はあえなく目標値に届かず失敗してしまいました。

目標10キロ減のところ2.5キロしか減量出来ませんでした。潔く敗北を認め皆様方に謝罪いたします。残りの7.5キロは来年以降に持ち越し達成したいと今は強く思っています。それにしても、自分を律して食事や運動を計画的に行うことの難しさを痛感させられた一年でした。

また、我が家の重大ニュースとしては、娘が結婚して、浜松で住みはじめたことです。11月30日に式を挙げて、あっけなく新しい地での生活を始めています。若い人は頼りないとか言いますが、結構図太いというか適応力があるというかちょっと見直しつつ安心もしました。

 

議会改革の歩み~自由討議を実施~

 

さて、今年一年の議会の動きを振り返りますと、何といっても「議会改革」の議論が軌道に乗り始め、いくつかの項目が実施または実施予定となったことです。

先日終わりました第4回定例会で実施予定でした一般質問の一問一答式は議場改修という思わぬ出来事により先送りとなりましたが、「議員間の自由討議」は各委員会で実施されました。

 

 

 (第4回定例会は議場が使えず委員会室で行いました。こんな感じです。)

 

そもそもこの討議は、委員会審査中に各議員が行う発言などに対して、他の議員が違う意見を持っている場合に議員間で議論を行い、議員間の意見の違いの溝を埋めて、少しでも議会としての意思を一つにしていければとの発想で行われるものと理解しています。何故なら議会としての団体意思の決定は一つしかありません。

例え反対の立場であっても、議会として決定されたことには全議員が従う必要があります。

通常の委員会審査は、議員が理事者に質問し、それに答えるパターンになります。また、議員の発言対しては他の議員は意見が言えないことになっています。それを排除し議員間で考え方の違いをぶつけ合い相手を説得ないしは理解し、一つの結論に辿り着くのが理想形となります。

今回本市議会で行われた自由討議は、そこに辿り着く前に一度委員会中ではなく、委員会とは区別し、各委員会でテーマを決め、それに対して委員間で自身の考えをそれぞれ述べ合って、違う考えをお持ちの委員と議論していく形の協議会方式により実施することになりました。

最初に、文教常任委員会において、「土曜日授業」をテーマに12月3日委員会終了後に行われました。何せ初めてのことでしたので、どうなることかと心配致しましたが、土曜授業の効果や課題に関して、わりと活発に議員間で議論が交わされて安心しました。

次に、12月5日に建設水道常任委員会で「行政視察で感じたこと」をテーマに実施され、直前に実施されました行政視察で見たこと、聞いたことに対する議員間の感じたことや施策に関する意見が交わされました。

そして、12月6日に総務常任委員会では、「北大阪線延伸の進捗状況」をテーマに、まず理事者から進捗状況に関して説明を受け、それに対して議員間で今後の方向性や、船場のまちづくりに関して議論がなされました。

民生常任委員会は、来年1月21日に「国民健康保険」をテーマに実施予定です。

全体的に本来の「自由討議」とは違うものとも思いますが、議員各位が自らテーマを選び積極的に討議に臨まれたことが一番の収穫かなと思います。ただ、残念だったのは折角の試みでしたが、何せ急に決まりましたので、十分市民のかたなどに周知が出来ず、傍聴者がほとんどおられなかったのが悔やまれます。今後は、討議の質の向上を図るととともに、議員各位はもとより事務局としても広く市民に周知する方策を吟味していく必要を痛感いたしました。

このように、スピードは決して速いとはいえませんが、出来ることから順次実施していますので、是非今後の「議会改革」にご期待をお願いいたします。来年も引き続き「議会改革検討会議」同「専門部会」は継続して議論を進めてまいりますので、内容等につきましては逐次ご報告させていただきます。

来年の第1回定例会では、いよいよ一問一答式による一般質問が実施される予定です。是非皆さん議会を見に来てください。議場の改修も済み、空調関係も改善され、また、傍聴席も新調されます。少し快適な環境が整いますのでこぞってご参加ください。

 

あと少しで新しい年を迎えます。やはり心身ともに健康であることが何より大切だと58歳を迎えることになる身としては、痛切に思います。

皆様にとりましても新年が健康で笑顔の溢れる年になることをお祈りしまして、今年を締めくくりたいと思います。良い新春をお迎えくださいませ。一年間大変お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

(事務局一同。来年もよろしくお願いします。 真中が内海議長です。その右が私です。)

 

箕面市では、11月9日から3月31日まで『ラジオ体操を始めましょう』統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「みのおアイデアメニューコンテスト」を開催しました!

2013年12月26日 | みどりまちづくり部

こんにちは。
みどりまちづくり部長の中井です。
今年も残すところあとわずかとなりました。
市役所も明日27日で「仕事納め」です。
新年は暦の関係で6日から。
少し遅めの「仕事始め」です。

気象予報では、今年の年末は寒さが厳しいそうです。
お身体にはくれぐれも注意していただき、いいお正月をお迎えください。
また、新年が皆様にとっていい年となりますことを心よりお祈りいたします。

さて、今回は「みのおアイデアメニューコンテスト」についてご紹介します。

毎年恒例のアイデアメニューコンテスト。
今年は「箕面産を食べよう!!」をテーマにコンテストを開催しました。
市では、地産地消を推進し、学校給食に箕面産の野菜を可能な限り使用しており、市内のたくさんの農家の皆さんが食材の出荷にご協力くださっています。その他にも市では市内の農業の活性化を目指して「箕面市農業公社」を設立し、市内の遊休農地の解消や地産地消の拡大に取り組んでいます。
このコンテストは、市が進めている「地産地消」や「食育」の推進を目的に箕面市に在住・在学する小学5、6年生、中学生、高校生を対象として平成22年度から毎年実施しており、今年で4回目を迎えました。
今年は、2人1組でチームを組み、テーマに沿った内容のメニューを自分たちで考え応募していただくもので、全部で53組の応募がありました。11月13日(水曜日)に1次審査(書類審査)を行い、通過した7組が、12月21日(土曜日)の2次審査に挑みました。
2次審査は、第三中学校の調理実習室で、実際に自分たちが考えたメニューを調理してもらいました。このコンテストでは、調理の過程も審査の対象としています。また、出来上がった料理を試食した後、子どもたちによるプレゼンテーションもしてもらい最終審査を行いました。

 

2次審査の風景

   準備が整った参加者のみなさん!説明を聞く様子は真剣そのもの。

 

  どのチームも、お互いの役割を分担し段取り良く調理を進めていました。
 今日に備えて繰り返し繰り返し練習してきた努力の跡がうかがえました。
  その成果もしっかりとあらわれていたと思います。

 

 

 

 

  出来上がった各チームの力作をご覧ください!
 各チームともに味も絶品!本当においしかったです。
 小学生の力量に驚かされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  プレゼンテーション会場の様子。調理実習とは違った緊張感が走ります。
  調理だけでなく、プレゼンテーションについても、練習の成果があらわれていて、甲乙つけがたく審査員を悩ませました。

 

  全部のチームに賞を出したい気持ちですが、協議して決めなければなりません・・・。

こうして終えた2次審査の結果は、後日、応募者のみなさんに通知し、来年2月1日(土曜日)に開催される「箕面食育フェア」の中で表彰式(10時~10時半 メイプルホール 小ホールにて)を行います。
その他「箕面食育フェア」では、箕面市の食育についての展示や、箕面産野菜の販売、記念講演会(事前申し込み必要)等を実施いたします。会場は中央生涯学習センターですので、みなさま、是非ともご来場ください。

また、箕面市では、次の三つの目標を掲げ、日々の食生活の中で「食育」を実践していけるよう取り組んでいます。


1 朝食宣言!
 
  毎日食べます!
  朝ごはん

   1日のスタートは、「朝ごはん」から!
   朝ごはんは、元気に活動するエネルギーのもとです。
   毎朝欠かさず朝ごはんを食べる習慣をつけましょう。


2 食は健康!
 
  野菜たっぷり
 バランスごはん

   野菜は、ビタミン、鉄分、カルシウムなどのミネラル
  や食物繊維をたっぷり含んでいるため、かぜや貧血、
  便秘などを予防するなど、体の調子を整える働きがあ
   ります。


3 お米習慣!

 旬と味わう
 お米のごはん

   ごはんは、どんなおかずとも相性がよく、ごはんとい
   ろいろなおかずを組み合わせる「日本型食生活」は、
   栄養的にも、地産地消の観点からも優れています。
   地元でとれた四季折々の旬を味わいましょう。

 

 是非、皆さんも実践してみてください。

 これで、今年の私のブログは終わりです。
 それでは、また来年お会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箕面市では、11月9日から3月31日まで『ラジオ体操を始めましょう』統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

年齢別の投票率について

2013年12月25日 | 選挙管理委員会事務局

こんにちは、選挙管理委員会事務局の印藤です。

今日はクリスマス。12月に入ってからというもの、いろんなところでイルミネーションがきらめき始めていましたが、ここ最近はあちらこちらでイベントが開かれたりして一段と賑わいを見せています。
大阪市内にミラーボールでできたクリスマスツリーが飾られているところがあり、いろんな色に変化してとてもきれいでした。

      

 

寒さが一段と厳しくなってきました。朝早く箕面の山に行くと、もうすっかり霜が降りています。これからの時期、風邪をひかないようくれぐれもご注意ください。

           

 

さて、今回は7月に執行された参議院選挙の結果の続報で、年齢別投票率についてお知らせいたします。

選挙の投票率で必ず課題となるのが、若い人たちの政治・選挙離れと低い投票率、そしてその対応の難しさです。今回の箕面市の結果をみても、20歳代の投票率が30%台と他の年齢層よりも低くなっています。昨年12月に執行された衆議院選挙の結果も重ねてみました。全体の投票率は衆議院が61.62%、参議院が55.33%で、投票率そのものに差があるため衆議院の方が全体的に高くなっていますが、傾向は同じで、20歳代の投票率が最も低いことが分かります。

 

 

総務省も、今回の参議院選挙の年齢別投票率を公表していますが、20歳代が33.37%、30歳代が43.78%で、他の年代と比べて低い水準にとどまっています。

《総務省公表データ》
 

  ☆このグラフは他の選挙資料とともに総務省のホームページに掲載されています。
    http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/index.html

 

7月の参議院選挙から解禁されたインターネットを使った選挙運動も、まだ浸透していないようです。今後、若年層への選挙啓発をどのように進めていくのか、関係機関等と連携を図り、投票率の向上に努めていきたいと考えています。

                           

 ◎明るい選挙ポスター展の開催について

前回のブログで明るい選挙ポスターコンクールとポスター展のご案内をいたしましたが、12月に箕面市の入選作品応募者5名の児童・生徒のみなさんに賞状と記念品を授与しました。
また、箕面、池田、豊中各市の入選作品が、明日26日まで豊能府民センターの1階で展示されています。

         

       

 

箕面市でも、市役所本館1階ロビー「みのお子どもミュージアム」で入選の5作品を展示いたしますので、ご覧ください。
 *期間 平成26年1月7日(火)~1月27日(月) (開庁日時のみ)


 

先日、琵琶湖のほとりにある「草津市立水生植物公園みずの森」に行ってきました。寒い中、ロータス館の中は暖かく一年中ハスの花が楽しめます。この時期はちょうど、クリスマスのイルミネーションと来年の干支の飾り付けがしてありました。夕暮れ時ともなると、カモたちが次々と湖面からねぐらに帰って行いきます。冬の間はすいていて、水鳥たちもやって来るので、一日のんびり過ごせます。 

       

        

       

 

さて、4月から始まった私のブログも今年はこれが最後になります。慣れないせいか、脈略のない内容になっていたのではないでしょうか。来年は、もう少し良くしたいと思いますので、またお付き合いいただきますようよろしくお願いいたします。

 

クリスマスが過ぎると、もう間もなく新年を迎えます。今年一年どんな年でしたでしょうか。
来年、平成26年は十二支でいうと「午」。「うま」と読み、十二支の7番目にあたります。そして、十二支には動物が割り当てられており、「馬」が来年の動物です。馬は「物事が《うま》くいく」、「幸運が駆け込んでくる」などといわれる縁起のいい動物です。


                

              みなさまも、どうぞよいお年をお迎えください。

 

 

 

箕面市では、11月9日から3月31日まで『ラジオ体操を始めましょう』統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

8か月を振り返って

2013年12月24日 | 教育委員会委員

教育委員の丹澤直己でございます。

☆MERRY CHRISTMAS☆   

私たち公募の教育委員として務めさせていただき、はや8か月が過ぎました。未熟な私たちを温かく見守ってくださった市民の皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました。

今年一杯は学習会を通して箕面市の教育についてを学び、市内全ての小・中学校への訪問を通してそれぞれの学校の取組を見させていただきました。また、秋田県の学校視察をはじめ、箕面市内の運動会、文化祭、給食参観、ステップアップ調査、あいあい園、教職員研修、歯の集いなど、できる限り多くの視察を通して箕面市の取組や今後の課題などを勉強いたしました。

そして、私たち公募の教育委員が実際の子育てを通して感じたことや、ときには悩んだことを活かし、市民の皆さまと、学校、保護者、教育委員会とが目標を共有し、ともに取り組みをすすめられるような、よりよい子育てのできる環境を整えていこうと考えています。

私が、今年の視察の中で一番心に残っているのが、総合保健福祉センター分室あいあい園でした。私が初めて教職に就いたのが支援学校だったからでしょう。当時は私もまだ23歳で、生徒一人ひとりの事を考えているつもりでも、親の立場として子どもたちへの思いを理解できていなかったと思うと悔やまれて仕方ありません。今なら、自分が親ならこの様な感情になるだろう…とか、こうするだろう…とか考えて行動できますが、あの頃は子どもたちと楽しむという思いしかなかったように感じます。

あいあい園で、お母様がたが子ども達と一緒に取り組まれている姿を拝見し、支援を必要とする子どもに必要な支援が届くよう、教育委員として力を尽くしていきたいという思いがわき上がってきました。子どもたちが小学校に入学するとき、進級していく中、多くの不安があり、またその分期待もあると思います。

箕面市では就学前の教育、保育、療育などの関係機関と小学校との連携を密にすることで、不安の共有や解消に努めています。保護者が安心して子どもの成長を見守ることができるよう、学校だけでなく、地域の中にもともに学び、ともに育つという支援教育の理念が浸透するよう取り組みたいと思っております。

箕面市では、11月9日から3月31日まで『ラジオ体操を始めましょう』統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

水道管の冬支度と企業団マラソン結果について

2013年12月24日 | 上下水道局

こんにちは、上下水道局の武藤です

今日はクリスマスイヴ。いたるところに色とりどりのイルミネーションで飾られた文字などがクリスマスを盛り上げてくれます。クリスマスが終わると、正月の準備に向け一斉に模様替えが始まります。今年も残すところ7日余りとなりました。28日は土曜日と重なり、9連休と2008年以来5年ぶりのロング休暇。しかし、土日に関係なく業務している消防や病院などの部署もあり職務といえどもご苦労様です。(年末年始の市の業務)

お天気のほうは、週末から平年より最高・最低気温とも低く寒くなりそうです。寒波に備えて定番ですが、今日は水道管の冬支度として、水道の凍結防止対策を紹介します。また、前回のブログで紹介した企業団マラソン結果について報告します。

〇水道管にも冬支度を!    

屋外にある水道管は、気温がマイナス4度を下回ると凍結し、破損する恐れがありますので、水道管の凍結防止対策をしましょう。

<水道管の凍結防止方法>

屋外に露出している水道管を布や保温材で覆いビニールテープを巻いて凍結を防止します。(保温材やビニールテープ等はホームセンターで販売しています。)

寒くなる予報が出たら、蛇口から鉛筆の芯ぐらいの水をお休み前から一晩中流してください。(バケツ等に水をため、再利用しましょう。)
ソーラー温水器やボイラーは、元栓を閉め水抜きをしてください。
                                      

 

<水道管が凍結した場合>

凍結部分にタオルをかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりかけます。熱湯をかけると管が破損する恐れがありますので、ご注意ください。

 

○今年も企業団・市町村親睦の駅伝大会に参加しました。

去る12月7日、恒例の大阪広域水道企業団と市町村合同の親睦駅伝大会が、堺市にある大泉(おおいずみ)緑地で開催されました。今年も箕面市上下水道局チーム名「滝ノ道ゆずるA」「滝ノ道ゆずるB」2チームが参加。選手5名が各3キロメートル、合計15キロメートルを走りました。

当日は、天候にも恵まれ、竹山企業庁の挨拶で始まり府域の市町村をはじめ関係団体を含めて約430名が参加しました。

  【竹山企業庁の挨拶模様】

年を追うごとに参加人数も増え43チーム215人となり寒風のなか走る姿に熱気が伝わりました。

昨年は、下水道課職員・渡辺選手が、10分36秒で区間1位となり、36チーム180人中トップのタイムで走りきったこと、一昨年の22位を上回る14位にまで順位がアップしたことなど前回のブログで紹介しました。

さて、今年の結果は、やはり渡辺選手が10分23秒と昨年より10秒上回るタイムで区間1区1位になりましたが、それより5秒上回る10分18秒の選手が現れ1位を譲りました。しかし、215人中2位の成績はたいしたものです。

ゆずるチームAはおかげさまで、昨年の14位から12位と順位をあげることができました。選手の皆さんは、それぞれ自己記録更新をめざして参加して頂いており、仕事とは違う姿が見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箕面市では、11月9日から3月31日まで『ラジオ体操を始めましょう』統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加