部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

北急延伸の事業化に向けた取り組み!

2013年09月30日 | 地域創造部

こんにちは、地域創造部 鉄道延伸・交通戦略統括監の柿谷武志です。

今日9月30日は「交通事故死ゼロをめざす日」です。人は一生のうち、二人に一人が交通事故に遭うと言われています。決して他人事ではありません。この標語は、一人ひとりが交通ルールを守り、交通マナーを実践するなど交通事故に注意して行動することにより交通事故の発生を抑制することを目的としています。

交通事故は、車の運転開始から30分以内の事故発生が最も多く、自宅や会社等の慣れた場所付近で多発しています。交通死亡事故発生直前の速度は、40㎞/h以下の事故発生が最も多く、車との歩行者・自転車死亡事故は、この速度域で発生しています。また、秋口における日没時間の急激な早まりにより、例年夕暮れ時から夜間に交通事故が多発しています。

ついつい気を抜いてしまう慣れた道路が一番危険ということになります。特に、夕暮れ時から夜間にかけては、視認性が急激に悪くなるので十分注意して運転してください。

 

 

さて、今回は、北大阪急行線の延伸と関連まちづくりの取り組み状況をお知らせします。

●北大阪急行線延伸に向けた取り組み状況!
平成24年度から大阪府、箕面市、鉄道事業者が共同で実施している鉄道基本設計は、地層が複雑かつ軟弱な地盤を含んでいることが判明したことから、トンネル工法や地下駅である(仮称)箕面船場駅位置の再検討などを行うとともに、線路のほとんどが道路の地下及び上空になることから、道路管理者等との協議を行い、現在、最終の取りまとめ作業を行っています。

また、今後の詳細設計や工事施工等に際しては、安全性・経済性を考慮した構造や施工方法等を具体的に検討することから、昨年度実施した地盤調査の結果を踏まえた追加の地盤調査を事前に実施しておく必要があります。

そのため、学識経験者等の意見をもとに8月末から追加の地盤調査を実施しています。
今回の地盤調査は、計画している線路方向(約2.5㎞)に沿って連続した地層を把握することが出来る弾性波探査(反射法)を行っています。調査は自動車振動の影響が及ばないように深夜に実施しました。

 ※弾性波探査(反射法)のイメージ図

 

 

※振動を発生させる起振車 

 

 
※振動を受信する受振器


現在、弾性波探査(反射法)は現地調査が終了し、解析作業を進めています。その結果を踏まえてボーリング調査を行い、年内には概ね完了する予定です。


●船場地区のまちづくりの取り組み状況!
市民の皆さんから、「船場地区で誘致を進めていた国立循環器病研究センターの建替え移転が不調に終わったため、北大阪急行線の延伸は中止になるのか。」との声をお聞きすることがありますが、北大阪急行線延伸の事業化に影響はありません。

そもそも、船場地区のまちづくりは、船場団地組合をはじめとする地権者の方々が、北大阪急行線の延伸を契機として、新駅((仮称)箕面船場駅)周辺を再整備する計画づくりを進めていたところ、国立循環器病研究センターから移転誘致の意向調査があったことから誘致施設の選択肢の一つとして、市と船場団地組合で誘致活動に取り組んだものです。

そのため、国立循環器病研究センターの誘致が不調に終わっても新駅周辺を再整備することに変更はなく、船場団地組合はスーパーゼネコンを事業化パートナーとして選定され、再整備の事業化に向けて取り組まれています。

市も、グリーンホールの建替え移転場所として、新駅直近の船場地区であれば、集客力が飛躍的に向上することから、実現に向けた可能性について検討を重ねるとともに、新たな施設進出に関して複数の引き合いもあることから、船場団地組合と連携を密にして、船場地区のまちづくりに取り組んでいます。


※船場団地再整備マスタープランの「駅周辺整備地区」イメージ図


●北大阪急行線延伸の事業化に向けて
当初の予定より事業化合意に必要な事業費の算出等に時間を要し、未だ事業化合意には至っていませんが、大阪府、箕面市、鉄道事業者(阪急電鉄㈱、北大阪急行電鉄㈱)の4者共同で着々と準備を進めています。
できる限り早く事業化合意を行い、早期に工事着手して開業できるように、全力で取り組んでいます。

 

 

 

箕面市では、9月1日から11月8日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も参戦!ゆるキャラグランプリ2013」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!現在13位で奮闘中!


この記事をはてなブックマークに追加

物思う秋 第3回定例会も終盤戦

2013年09月27日 | 議会事務局

こんにちは。議会事務局長の竹内です。

初秋のさわやかなと言いたいところですが、まだ夏がしぶとく残り暑いですね。

それでも、空を見ていると雲が高く、秋は着実に深まっています。栗や柿などの実は確実に大きくなり、稲穂もたわわに実り収穫を待っています。

秋になると思い出すのが、毎年実家の畑での芋ほりです。もう実家では畑で農作物は特に作っていなかったのですが、イモ畑だけは、毎年私たち家族や友人たちも楽しみにしていて、2畝だけ残してくれていました。

普段全く農業の経験がない私たちにとっては丁度いいくらいの広さでした。焼き芋屋のイモと違って大小さまざまな形のイモが収穫でき、フライにしたり、蒸かしたりもちろん焼き芋で美味しくいただいたものでした。

しかしながら、父も亡くなって畑の世話が出来なくなり、最近は収穫できず寂しい思いをしています。

一念発起して自分でとも考えましたが、経験も知識もないし、場所も離れていて断念しております。

秋の風物詩の一つがまた失われていき、そういえば昔は柿の木もあり、渋柿でしたので縁側に干してあったのも懐かしく思い出しました。今どきの秋の風物詩は何なのか考えてみましたが、特に思い当りません。

昔はよかったと言う気は無いのですが、何となくさびしい気持ちになってしまいます。やっぱり物思う秋なんですかね?

 

(物思う秋の夕焼け 自宅ベランダより)

夏の終わりに娘の婚約者の実家があります愛知県知多半島の田原市に行ってきました。初めての町でしたが、近くに伊良湖岬があり太平洋と三河湾を隔てるように突き出た半島で、其れに繋がる島崎藤村のヤシの実の歌で有名な恋路が浜が美しい海岸線を見せてくれます。

 

(夏の思い出パート1)

 (恋路が浜海岸)

(伊良湖岬の灯台)

 

町の周辺で目に付いたことは、海抜が非常に低い土地みたいで地震や津波に関する表示が非常に多く見られ、この道は海抜5メートルなどの案内板があちこちに設置されていました。やはり東海地震に対する心構えは浸透しているようでした。また、メロンとイチゴのハウス栽培が盛んでビニールハウスが点在しています。

帰りに道の駅で見たところメロン1玉1200円位で売られていてお手頃価格に釣られて買ってしまいましたが、非常に甘く美味しくいただけました。ひと夏の小さな思い出に味付けをしていただき感謝です。

 

さて、本市における防災に関しても議論されました、決算委員会が25日に終了しました。各委員会とも熱心な質疑が平成24年度の決算に対して行われました。平成26年度の予算編成に向けて少しでもより良いものが編成されますよう、この決算審査を通して議論された様々な内容が生かされたらと考えています。

この後、市議会では本会議での採決等を経て一般質問が行われ、その後役員改選が行われて、10月17日に第3回定例会が閉会されます。(詳細はこちら)

次回定例会は、12月上旬からの予定ですが、いよいよ議会改革検討会議で決定されました一問一答式が一般質問で導入されます。事務局としては、他市の先進事例の研究やシュミレーションを行い議会運営が停滞しないよう準備を進めて行きます。しかしながら、何せ初めて取り組むことでもありますので、臨機応変も大事な要素になってくると思われます。いかなる事態でも対応出来るよう事務局全体での意識共有は勿論、理事者、各議員とも十分に説明が必要と考えています。この定例会が終わりましたら、議場の一部改修も含め、しばらくは慌ただしい時期が続きますが、今まで以上の臨場感溢れる議論が聞けると思いますので、是非傍聴に来てください。「開かれた議会」を目的に議会改革を進めています。市民の皆様にご覧いただかないと目的の達成もままなりませんので、よろしくお願いします。

他の改革項目では、「請願」に関する請願人に対して趣旨説明が委員会で行えるように専門部会で決定されました。

この項目の実施は、検討会議に諮り決定されましたら、条例・規則の改正等もあり、新年度からの実施になりますが、今まで当事者として委員会に参加できなかった請求人が希望すれば出席できるように改正される「開かれた議会」にのっとった改革項目になっています。

正式に決定されましたら、また、ご紹介させていただきます。

これから、ますます秋深くなって参ります。気温の低下とともに体調に影響もしてまいりますので、風邪など引かれませんようにご注意いただきまして、さわやかな秋の日をお楽しみください。

 

箕面市では、9月1日から11月8日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も参戦!ゆるキャラグランプリ2013」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!現在13位で奮闘中!

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

中学校給食に箕面産の野菜を届けます!

2013年09月26日 | みどりまちづくり部

こんにちは。
みどりまちづくり部の中井です。

今日9月26日は、統計上、台風襲来の回数が多い日だそうです。昭和29年に「洞爺丸台風」で青函連絡船・洞爺丸が転覆、昭和33年に「狩野川台風」が伊豆・関東地方に来襲。昭和34年に「伊勢湾台風」が東海地方に上陸したのは全てこの日。今年も台風20号が日本列島の東の海上を北東に進んでいます。本土への直接的な影響はないようですが、引き続き風水害への備えをよろしくお願いします。


さて、今回は、今年の4月に発足した農業公社による中学校給食への取り組みと彩都地域の公園内に開設するドッグランについてご紹介します。

 

 ~中学校給食に箕面産の野菜を届けます~

4月1日に発足した箕面市農業公社では、9月から始まった中学校給食に市内農家が生産した箕面産野菜を届ける取組みを始めました。
箕面市農業公社で箕面産野菜を中学校給食に出荷していただける協力農家を募集し、現在36軒の農家から出荷の協力をいただいています。9月の給食では、使用する全野菜に占める“箕面産”が重量ベースで16パーセント、約1.3トンとなりました。この時期に箕面市内で収穫・出荷できる野菜として、玉ねぎ、なす、ピーマン、ジャガイモ、サツマイモなど13品目が出荷されています。
学校給食へ出荷の協力をしてくださった農家の皆さん、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

主な出荷された野菜の状況

 

玉ねぎ

じゃがいも

なす

かぼちゃ

箕面産の量(kg)

581

280

102

87

全体の使用量(kg)

1,601

1,008

193

136

箕面産の割合(%)

36.3

27.8

52.8

64.0

 

 

    

 

                                                                                                   

 

さつまいも

他の野菜

合 計

箕面産の量(kg)

207

108

1,365

全体の使用量(kg)

331

5,256

8,525

箕面産の割合(%)

62.5

2.1

16.0

 

     

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

 

農家のみなさんに箕面産の野菜を中学校へ納入していただいている風景

 

 

 

給食食材として出荷していただいた箕面産の野菜

 

 

箕面産の野菜を使った給食

 

  

また、市では、箕面産の野菜をドンドン学校給食で使用していく方針です。出荷の協力をしていただける農家の皆さんのご協力をお待ちしています。

箕面市内は、恵まれたことに山すそ沿いからまちなかに田畑が広がり、農家と消費者が隣りあわせ、極めて近い時間距離です。学校給食で箕面産のシェア(使用率)を高めることは、子どもたちが学校へ通う途中の毎日見える農地、毎日見える農家さんから、季節感のある新鮮な野菜が届くということです。
それは、食材として食べることは勿論、その背景を知る機会が増え、いろんな事を学び、感じ取ることができます。

私たちが簡単に口にできる食べ物を、食べられるまでに育ててくださる農家さんの日々の努力、箕面が恵まれた山麓に覆われ、広がる里地・里山、そこにある草・緑・水・土・太陽の大切さを改めて発見するかもしれません。

箕面市農業公社では、箕面の農業を多くのかたに知ってもらい、その応援の裾野を広げたいと考えています。それは、箕面産の消費を拡大し、地域産業の活性化と“田畑と緑があふれるまちづくり”へとつながるものだからです。

 


~10月1日から彩都の公園にドッグランを開設します~

市では、国際文化公園都市(彩都)地区内の彩都の丘学園に隣接する場所に都市計画公園「国文都市6号公園」(平成26年開園予定)の整備を進めています。
この公園の整備面積は約2.6ヘクタール。整備が完了すると市内で4番目に大きな公園となります。公園の整備にあたっては、子どもたちの思いを公園整備の中に取り入れるため、彩都の丘学園の子どもたちによるワークショップを実施しました。そのワークショップの中で出された子どもたちのアイデアや思いを公園の整備に生かしていきたいと思います。
また、この公園内にドッグラン (犬の運動場)施設、 約570平方メートルを設け、愛犬家のみなさんが愛犬を自由に遊ばせることができる場所を提供していきます。このドッグラン施設については、整備も完了したことから少しでも早く市民の皆さんに活用していただくために、公園の開園に先立ち、10月1日(火)から運用を開始します。

 

 

 

   

 ドッグランの工事風景

 

 


このドッグランの開設にあたっては、公園や公共の場等での糞の放置やリードをつけない散歩など、犬によるトラブルの解消やマナーの向上につながるモデルとなるよう、市と地域の見守り協定を結んでいるワンワンパトロール隊など(地域の見守りパトロール隊4団体)の協力を得て運用していきます。

遠方の方でもご利用いただけるよう駐車場もありますので、是非、一度利用してみてください。

 

 

 

箕面市では、9月1日から11月8日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も参戦!ゆるキャラグランプリ2013」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!現在13位で奮闘中!


この記事をはてなブックマークに追加

平成24年度上下水道事業の決算概要について

2013年09月25日 | 上下水道局

こんにちは上下水道局の武藤です。

明日は彼岸明けです。「暑さ寒さも彼岸まで」といったもので、台風一過の何とやらで、このところの日中の気温は30度超えて、厳しい暑さが続く日もありますが、晩になると20度台を割り込み一日の寒暖の差が大きくなり、風邪等には注意し体調管理に気をつけて下さい。

先の台風18号による本市の被害は、人的被害など幸いにしてありませんでした。しかし、特別警報が出された京都府や滋賀県等におけるテレビやニュースを見てあらためて自然災害の恐ろしさを目の当たりにして思い知らされました。被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

 

   (9月下旬の稲刈時に咲く定番の彼岸花)

これから10月を迎え、季節柄、何をするにしてもいい気候となり、スポーツなど適度に体を動かした後の汗がさわやかな秋風とともに心地よく感じるのではないでしょうか。また、「食欲の秋」「実りの秋」といわれるように栗、松茸、柿、黒枝豆、葡萄、新米や根菜類のジャガイモ、さつまいもといった秋野菜が出回り、「うまいもん・味まつり」などイベントが催される各地で名産が出回り、旬のうまいものを食べ歩くのもいいかもしれません。気分転換には最高です!!

 

 さて、9月のブログですが、平成24年度箕面市水道事業会計及び箕面市公共下水道事業会計の決算について、去る9月4日に開会された箕面市議会第3回定例会に上程し、昨日の建設水道常任委員会において、決算審査が行われ同委員会で認定していただきました。来月の初めの本会議に諮られ認定可否の判断がされることになります。

今回は平成24年度の水道事業会計及び公共下水道事業会計の決算状況に関する概要について、ご報告したいと思います。

はじめに

水道事業は、地方公営企業法という法律によって、市の一般会計とは別に、水道を利用した方から水道料金をいただき、そのお金などですべてまかなわれています。(独立採算性)また、新たに施設を建てるとき等には、多額の費用が掛かるため、国等からの借り入れ(企業債など)によって事業を進めており、借り入れたお金は利息を付けて返済しています。

下水道事業についても基本的には水道事業と同様に汚水処理等に必要な経費を下水道を利用した方から下水道使用料金でまかなう独立採算の仕組みですが、水道事業と大きく違うところが雨水整備については、道路整備や公園整備等と同じように公共施設整備となるので、市の一般会計から負担金をもらい事業を実施しています。

<水道事業決算概要>

 

 

※一人1日平均有収水量は、290リットルとなっており、全国平均304リットルと比べ14リットル使用水量が下回っており、昨年度と比較しても微減しています。これは、節水型トイレ等、省エネモデルの水道機器の普及により有収水量(料金徴収の対象となる水量)が減少しているものと考えられます。

※年間有収率は、97.4パーセントで前年度と比較して0.1ポイント上昇しております

(注)有収率とは、給水する水量と料金として収入のあった水量との比率で、水道の経営上重要な指標となります。(全国平均の有収率は89.5パーセント)

※未回収の2.6パーセントは、漏水によるものと洗管作業や消防活動及び給水訓練等の公共用水によるものです。

 

※経営状況ですが、収入総額は27億66百万円で、前年度と比較して59百万円の減収となりました。

減収の主な理由は、受託工事収益及び給水収益などが減少したものです。これに対し同様に支出総額は、24億26百万円で、53百万円の減少となりました。主な理由は、職員数の減などで職員給与費が減ったことや企業債支払利息などの利払いが減少したことによるものです。この結果、当年度は、3億4千万円の純利益となっています。

※収益的収支とは、地方公営企業の経常的企業活動に伴い、年度内に発生すると見込まれるすべての収益とそれに対応するすべての費用をいい、減価償却費のように現金支出を伴わない支出についても費用に含まれます。

   

 続いて下水道事業について

<下水道事業決算概要>

 

                            

 

※一人1日平均汚水量は291リットルで、節水型トイレや省エネモデルの洗濯機の普及などにより昨年度と比較して減少              

※水洗化人口とは、汚水整備人口のうち、処理区域内の汲み取り人口を除いたもの

※平成24年度末総人口    132,823人

※平成24年度末汚水整備人口132,797人 

 

  

 

 

 

※経営状況ですが、収入総額は18億6百万円で、前年度と比較して21百万円の増収となりました。

 主な理由は、水洗化人口の増加に伴う下水道使用料の増収や他会計負担金の増などで増収となりしました。これに対し支出総額は、15億45百万円で、23百万円の減少となりました。この主な理由は、職員数の減などで職員給与費が減少したことや退職金の負担減に伴う流域下水道負担金の負担が減小したことによるものです。この結果、当年度は、2億61百万円の純利益となっています。

  

 【まとめ】

水道事業及び公共下水道事業について本年度も前年度に引き続き黒字決算となりましたが、今後迎える上下水道施設の老朽化や耐震化などの改善に伴う支出増に向け適切な更新方法、投資資金の平準化などの検討を進め、効率的・計画的な事業運営による健全経営を持続し、経営の基盤強化に努めるとともに、安全、安心、安価で良質な水道水の安定供給を堅持していきます。

【お願い】

市民のみなさま、また、こよなく滝ノ道ゆずるを応援する方々へ、是非とも「滝ノ道ゆずる」10位以内入賞をめざし投票のほどよろしくお願いします。!!

 

 

箕面市では、9月1日から11月8日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も参戦!ゆるキャラグランプリ2013」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!現在14位で奮闘中!

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

9月議会

2013年09月24日 | 教育委員会委員

みなさん、こんにちは。教育長の具田です。

秋の虫たちの鳴く声が少しずつ聞こえはじめ、朝夕もたいへん過ごしやすくなりました。
公立のいくつかの中学校では、文化祭が既に開催され、今週末からは運動会・体育祭が順次開催されます。よろしければお近くの学校をご覧いただけたらと思います。日程は次の通りです。
9月28日:箕面、萱野、南、西、西南、萱野東、豊川北、中、豊川南、萱野北の各小学校、彩都の丘学園。
10月5日:一中、二中、三中、四中、五中、六中の各中学校、とどろみの森学園、桜ヶ丘、箕面、稲、東の各保育所。
10月6日:全幼稚園
10月12日:萱野保育所

オクラの花

二中文化祭の様子①

二中文化祭の様子②

二中文化祭の様子③

さて、9月議会の真っ只中です(会期:9月4日~10月17日)。既に、教育委員会に関係する文教常任委員会は、条例や補正予算を審査する定例の委員会も、昨年度の決算を審査するための委員会(決算委員会)も、無事終了していますので、その一部をご紹介します。

●文教常任委員会(定例)

“箕面市立保育所・幼稚園民営化法人選定委員会条例制定の件”
これは、前回ブログでも紹介しました、ひがし幼稚園の民間移管に関し、必要な手続きを条例として定めるもので、これまで保育所民営化の法人選定手続きを定めていた条例を全文改正して新たに制定するものです。審議の中では次のようなやりとりをしました。
議員:民営化の時期を1年延期したが、そもそも見通しが甘かったのではないか。
回答:幼稚園のPTAのみなさんなどのご意見を真摯に受け止めて再検討し、延期を決定しました。当初は急増する就学前人口への対応と逼迫する子育て応援幼稚園ニーズへの対応を最優先し、平成27年度の実施としていましたが、その後、近隣市の幼稚園から子育て応援幼稚園化の申し出があったことも延期の要因です。
議員:配慮を要する園児に対応する支援教育は公立並みに実施できるのか。
回答:法人の公募条件として位置づけますので、民営化後も一人ひとりの個性に応じ、公立並みの支援教育が可能と考えます。
議員:支援教育に対する人的な配置が本当に民間でできるのか。
回答:支援教育を担当する教員を配置する民間幼稚園に対しては、現時点でも市から人件費補助を行っています。

“平成25年度補正予算の中の中学校給食実施事業について”
この2学期から中学校給食を実施していますが、中学校給食導入委員会で検討の結果、当初牛乳はビンで提供すると定まっていたものを、教委として牛乳アレルギーの生徒への安全性の配慮から急きょ紙パックに変更したことに関して、次のやりとりがありました。
議員:変更の経過は。
回答:当初ビンとすることで決まっていたが、ビンの蓋の形状によってはより飛散しやすいものがあり、学校給食で調達できる牛乳はそのタイプであったため、何とか危険性の少ない形状のビンの調達をギリギリまで交渉していたが叶わなかったことや、アレルギーのある生徒の保護者などから紙パックを望む声を受けて、安全性を優先して再検討した結果、緊急避難的に当分の間、紙パックに変更することとしました。
議員:小学校で実施している紙パックのリサイクルは中学校ではしないのか。中学生は、小学校6年間でリサイクルを十分経験している。教育委員会が、中学校ではリサイクルしなくていいと決めたことが問題ではないか。
回答:リサイクルの重要性は認識していますが、安全性を優先し急きょ紙パックに変更したので、リサイクル実施の課題もあり、当分の間は見合わせたものです。早急に検討をし、最終的にビンか紙パックかを決定する時点で紙パックとなればリサイクルの導入についてを検討します。

●決算委員会

“箕面学力・体力・生活状況総合調査実施事業”
議員:期待される成果はどうなのか。
回答:子どもたちの学力面、体力面、生活面の全ての実態を経年で把握し、学びの連続性を確保するとともに、学校は指導の継続性や自校の取り組みを調査結果から検証するものです。教員もみずからの授業方法の見直しや事業改善に生かします。
議員:経年変化を担任はどのように把握するのか。
回答:教育センターにサーバを構築し、各学校の校務専用端末から、児童・生徒のデータを確認します。
議員:出題の問題の作成方法は。
回答:各学校の進度を調査し、教員の意見も聞きながら、指導主事が点検して問題を確定します。実施後は、次年度に向けた意見を業者に伝え改善を図る。特に、活用力を問う問題を増やすよう依頼はしています。
議員:解答用紙やデータの取り扱いは。
回答:データ処理終了後3か月以内に消去、溶解処分等を行います。

ご紹介しましたのは、ほんの一部のやりとりです。次の議会の時期には、市議会のホームページで委員会での発言をそのまま閲覧することができるようになっていますので、ご活用ください。
委員会が終わりましたので、次は、主には各提出議案の採決と、一般質問に移ります。10月7日、8日の2日間でそれらが行われ、その後議長、副議長などの役員の選出となり、最終日の17日を迎える予定です。
この議会が終わりますと、議会や市民のみなさんから頂いたご意見などを踏まえ、来年度の当初予算の編成作業へと移っていきます。

 

さて、今年の夏にラジオ体操に参加しました(2回だけですが)。市のホームページでも紹介していますが、ラジオ体操はたった3分間で行える全身運動。また、定期的に近くの公園などで体操することで、地域のコミュニティの醸成にもつながります。ホームページにありますように夏休みだけでなく、1年中ラジオ体操を行っておられる地域もありますので、少し朝起きをして、すがすがしい朝の空気を吸ってみてはどうでしょうか。

ラジオ体操の様子

最後に、お願いです。
「ゆるキャラ(R)グランプリ2013」が11月8日(金曜日)まで開催されて「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開しています。
滝ノ道ゆずるは、2年連続で全国トップ10入りを果たし、テレビ番組やCMに出演するなど大活躍していますが、これもトップ10に入ったからです。今回も上位入賞をめざしていますので、市民のみなさんの投票をよろしくお願いします。

箕面市では、9月1日から11月8日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も参戦!ゆるキャラグランプリ2013」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!現在14位で奮闘中!


この記事をはてなブックマークに追加