部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

あらためて農業の必要性を感じます

2011年06月30日 | 農業委員会事務局

  こんにちは 農業委員会事務局長の岡山です。
  朝の食卓に、我が家のミニトマトが載るようになりました。
  小さな庭に少しだけ植えたミニトマトは、少し堅いように思いますが、まぁ、食べています。他にもナスが紫色の花を咲かせ確実に育ってきています。ゴーヤも伸びてきました。

G20農相会議のニュースで思うこと
  先進国に新興国を加えた20カ国・地域、いわゆる「G20農相会議」が、6月22日から23日の両日、フランスのパリで初めて開催されました。大きく報道されなかったように思いますが、ここでは、将来の世界の食料危機を懸念して、「食料価格高騰と農業に関する行動計画」が採択されています。
  世界の人口予測では、2050年までに70億人から90億人を超えるとし、食料生産を70パーセント増産しなければならない、憂慮すべき状況としています。そのため、今後の対策として、穀物の生産性を高める品種改良を進めることや、農業分野への投資を増加させることなどが盛り込まれ、また、食料価格が上昇していることについては、主要穀物の在庫状況や生産の見通しなどの情報を各国が共有する仕組みを構築して、市場の透明性を高めるとしています。
  経済協力開発機構(OECD)も、この食料問題について、今後10年間に穀物価格が01年から10年比で2割、食肉で3割上昇すると予測し、9億人の飢餓人口は更に増加しかねないと指摘しています。
  このようなニュースを知ると、あらためて、我が国においても農作物の生産拡大の必要性を感じますし、農業振興策の取り組みの重要性を再認識します。

農業体験について思うこと
  市民の皆さんに少しでも農業に親しんでもらい、農業に対する認識と理解を深めてもらおうと、市では、毎年、農家さんの協力を得て農業体験を企画しています。既に、「さつまいもの苗の植え付け」と「田植え」体験を実施しましたが、各小学校でも小学校区の農家さんの協力を得て「田植え」体験が行われました。

  今は、さつまいも畑は苗も根付き、田んぼは青さが増してきました。自然を感じられる農空間がまだまだ多く残っていて、箕面の良さを感じます。
  次の農業体験は、「黒大豆の苗の植え付け」体験で、7月2日を予定していますが、このような農業体験に子どもたちが多く参加してくれることに大きな意義を感じています。それは、私たちが食べる米や野菜などがお店で買えることが当たり前と、子どもたちが思いこんでいたら心配ですので、農業体験することで、将来の大人達に、農作物が農地で手間暇かけて自然の恵みの中で生産されるものであることを知ってもらえるからです。加えて、土地に触れ、ものをつくる作業を通して心の働きを豊かにすることになると思うからです。
  秋になれば、農産物の収穫が待っていますので、これも子どもたちの参加を楽しみにしています。

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

災害への備え

2011年06月29日 | 総務部

こんにちは。総務部長の浅井です。
今回は市民安全政策課の仕事の一端を紹介します。
 東日本大震災は、今もなお、国民に不安を抱かせるとともに日本経済にも大きな影響を与えています。しかし、全国的に、被災地復興を支援する輪は広がり、義援金やボランティアをはじめ、何かやらなければならないという気運は高まり、皆さんもできる範囲で、取り組んでおられることと思います。
箕面市の被災地支援については、前々回のブログでお伝えしていますが、現在は、大阪府市長会のもと、各市の職員派遣が短期から中・長期間へと移行しており、箕面市においても8月から来年3月末まで保健師3名を、8月から来年1月末まで建築技術職2名を、また11月から来年3月末まで事務職2名を派遣します。いずれも一人3ヶ月程度の派遣期間となっています。
被災地支援は、被災地の一日も早い復興を願っての支援ですが、職員が、現地で経験し学んだことを無駄にすることなく、今後の箕面市の防災に活かして行きたいと考えています。

  また、梅雨を迎え大雨に対する警戒や、さらに今年は、台風に対する備えを万全にしなければなりません。      
  先の5月29日、台風2号が接近した際には、大雨警報発令段階から、総務部市民安全政策課が情報収集を行うとともに、みどりまちづくり部が班編制を組み、市内の危険箇所の巡回パトロールを実施しました。その後避難所を担当する教育委員会などが合流し、両副市長のもと、関係部長が集まり、台風への対応を確認しました。結果は、台風が温帯低気圧になったこともあり、大きな被害もなく過ぎ去ってくれました。
  しかし、これから、本格的な大雨のシーズンを迎えます。皆さんが居住されているところが、豪雨時に浸水や崖崩れの危険性がないか、さらに、地震などが発生したときの避難場所はどこか、また緊急時、何を持って避難すべきかなど、常に準備しておいていただきたいと思います。
そこで箕面市では、平成19年1月に「箕面市防災マップ」を市内全戸に配布(転入者の皆さんには、窓口課で配布。)し、非常時に即応できる内容を掲載しています。


  マップには、「土砂災害・洪水ハザードマップ」をはじめ「一時避難地、避難所」「非常持ち出しリスト」「我が家の防災リスト」など、解りやすく掲載していますので、今一度確認して、備えを万全にしておいて下さい。
紛失された方は、市ホームページにも掲載していますのでご覧になるか、総務部市民安全政策課 (本庁舎2階窓口202)まで、お越しいただければ再度お渡しいたします。
安心・安全の中でも、防災はもっとも重要な課題であることから、広報紙「もみじだより」7月号に「災害からあなたと家族を守る『命のパスポート』」として、今後、防災関連のタイムリーな情報を皆さんにお届けいたしますので、ご覧いただければ幸いです。

 

 箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

今年の夏も納涼川床で

2011年06月28日 | 地域創造部

こんにちは、地域創造部長の小泉です。

今年の夏は、関西電力から節電のお願いがありますが、皆さんはどのように過ごされますか。前回もお知らせしましたが、川のせせらぎを聞きながら涼しく過ごせる、箕面川床はいかがでしょうか。

明治時代から、納涼のために行われていた箕面の川床ですが、電気を使わずに涼をとる先人達の知恵は、エコの現代の参考になります。暑い夏は、家で電気を使わず、涼しい箕面公園で過ごしてエコに取り組みましょう!

【納涼川床】
期間:7月16日土曜日から8月28日日曜日の金・土・日曜日、祝日、お盆(8月11日から15日)
時間:午後5時から9時

基本、予約が必要ですが、予約なしでもご利用いただけるお店もありますので、各店舗にお問い合わせください。
http://www.city.minoh.lg.jp/syoukou/kawayuka.html


【夏まつりを楽しもう】
夏まつりのシーズンがやってきました。市内各地でお祭りが行われますが、箕面の夏の風物詩となった箕面まつりの日程を紹介します。
7月30日土曜日、31日日曜日いずれも午後3時30分から芦原公園一帯で開催されます。
また、箕面まつりの関連イベントが各地域で開催されます。

『みのお東 de 愛 納涼大会』が7月23日土曜日午後6時から粟生ショッピングセンター前広場で、箕面地区『納涼の夕べ』が7月23日土曜日・24日日曜日午後5時から箕面駅前ロータリーで、桜井地区『納涼の夕べ』が8月6日土曜日・7日日曜日午後5時から桜井駅周辺で開催されます。

また、7月31日日曜日には、『サマーフェスタ箕面公園2011メインイベント』が午後2時30分から箕面温泉スパーガーデン大駐車場で音楽ステージや漫才が行われ、午後7時からは箕面公園一帯で『箕面キャンドルロード2011』も開催されます。みのおキャンドルロードのろうそく点灯ボランティアを募集中ですので、一緒に箕面の夏を盛り上げましょう!

【100円商店街でおかいものを】
昨年度実施し、大好評であった「箕面100円商店街」が今年も実施されます。
商店街全体をひとつの100円ショップと見たてて、各店が選りすぐりの商品を100円で販売し、普段は見過ごされがちな地元の商店街をあらためて見直していただくためのイベントです。
普段は100円で買えないようなお値打ち商品・お宝商品も出品されます。
参加店舗は、粟生、小野原、箕面、桜井各地区で180店、食料品、飲食、生活雑貨、衣料品、サービス業などあらゆる業種のお店が参加されています。
7月9日土曜日は桜井地区、粟生地区、小野原地区、7月10日日曜日は箕面地区で、いずれも午前10時から午後4時までです。
各店のサービスメニューなど詳しくは、7月号の箕面市広報紙「もみじだより」に同封された冊子か、商工会議所ホームページをご覧ください。

【ツイッターで情報提供】
地域創造部箕面営業課では、無料のソーシャルネットワークサービスである「ツイッター」を使用し、市の情報発信等を行っています。
ツイッターの優れた点は、市からの一方的な情報発信にとどまらず、その情報をご覧になられたかたとの双方向的なコミュニケーションが可能であることです。これまでも「たきのみちゆずる」や市イベント等の様々な話題について多くのかたがたと語り合い、一緒に情報共有をしてきました。
まだご覧になられたことがないかたは、ぜひ箕面営業課のツイッターを覗いてみてください。行政用語を一切使用せず、親しみやすい言葉や顔文字を多用していますので、これが行政の公式ツイッターか、と驚くことうけあいです。
http://twitter.com/#!/minoheigyou

 

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面の今昔

2011年06月27日 | 子ども未来創造局

 前回「歴史の一コマ」として箕面市郷土資料館での丸善石油学院の企画展を取り上げさせていただきました。
「見に行ってきたよ」
「懐かしかったね」
とご一報をいただいた方もありました。ご覧いただきありがとうございました。
また、「あの写真の場所はどこ?」
とご質問もいただきましたので、今回は企画展で展示できなかった写真も含めて半世紀前と現在の箕面を対比してご紹介したいと思います。

 当時の丸善石油学院は文武ともに力の入った学校だったようで、府や地域の各種大会などにも必ず参加しており、その一つマラソン大会は毎年の恒例行事だったようです。そのマラソンコースの沿道で撮られた写真を中心にご紹介します。

先頭を走るのは私ではありません。
スタート直後ですので後ろには道幅いっぱいの生徒が続きます。
背後に大きな樹が見えますが桜2丁目の正丸稲荷神社の鎮守の森です。

両側のほとんどが二階建てのお家となり視界は大きく変わりました。
右側の側溝の補強材が半世紀前と変わりません。


市内を大きく一週してきてこのあたりでは集団もかなりバラけてきました。

場所は箕面北小学校前交差点で桜並木と右側の水路、左の邸宅の石垣は今もそのままです。


箕面の駅まで帰ってくるとそろそろラストスパート。
まだ駅前ロータリーもサンプラザビルの2棟もありません。
箕面駅前が再整備されるのはこれから20年後のことです。

そして再整備された現在の箕面駅前がこの姿
いえいえ、正しくはつい最近までの箕面駅前です。

直近の箕面駅前はこちら

 箕面市の顔として周辺も含めて整備を進めているところで、誰もが利用しやすく、開放的で回遊性もあり、そして何より箕面らしさを目指したものとなっています。
一際目を引くオブジェが写真の「ガレリア」
改札前の人だまり空間として造られました。

 柱が4本、その対角にある柱にそれぞれ寄り添って2人で話をしてください。他の人には聞こえなくても2人にはしっかり聞こえるはずです。とても不思議ですが一世一代の告白など使い道はそれぞれで。

 もう一つ、中心部で声を出してください、天井がドーム状になっていますのでびっくりするくらいエコーがききます。しかも不思議ですが周りの人にはほとんど聞こえません。

エコーといえば前回にご紹介した「宇宙の宮」

 半円ドーム状の建物はガレリアと同じく内部で声を出すと得も言われぬ反響があり、無宗派な施設とはいえ子ども心には荘厳と神秘を感じる響きでした。


最後にここはどこでしょう?

 左側の横に長い建物は民間会社の社員寮で今は存在しません。右隅の4階建ては箕面紅葉ケ丘住宅の第1棟です。真ん中が箕面第一中学校の体育館で、「宇宙の宮」あたりから見た第一中学校です。

 でもなぜ校舎が写っていないのでしょうか?
実は昭和36年12月25日、前日の24日は2学期の終業式でしたが、その翌未明にほとんどの教室を焼き尽くす火災にみまわれました。
 この時に真っ先に駆けつけてくれたのが丸善石油学院の生徒たち、全寮制の学校が隣にあり、しかも校内に消化班も組織されていたため初期消火にいち早く駆けつけてくれたとのことです。
 また、一年余の後には新校舎ができあがりましたが、その間は体育館を間仕切って職員室等の教室以外の総ての機能をこちらに仮設置したため、体育の授業などは丸善石油学院の体育館を使わせいただいたようです。

 写真の体育館は私にとっても懐かしく中学1年生の時はここを使用していました。そしてこの時に復興された新校舎(と当時は言っていました)で3年間を過ごしました。
 しかし、この新校舎も耐震化をするにあたり、補強工事の施行方法を検討する中で、工事規模が全面的、大規模になるため新たに建て替えて耐震化を図る方が有利との判断から、現在の校舎が2年前に完成したところです。

山並みだけは当時と変わっていませんね。
手前が西小学校のグランドで当時はこの場所に丸善石油学院の校舎が建っていました。


 今回はご質問をいただいたことがきっかけで改めて市内を見て回ることになりましたが、過去と対比させながらの一巡は楽しいものでした。

 

 また、いただいたご意見の中に「郷土資料館の催しはよう知らんかった」とも。
ということで郷土資料館の企画展ですが、今は「箱」をテーマとした展示をしています。

たとえば半世紀前ならどこのご家庭にも必ずあったマッチ箱、今は見なくなりましたね。
一つ一つの箱の絵柄も時代を反映していたり、それ自身が芸術的な作品であったりと。

その他にも箱と名の付くいろんな種類を多数展示しています。
展示できなかったのは玉手箱はくらいでしょうか。
正に開けてびっくり、一度覗いてみてください。
8月1日まで開催しています。


 箕面市立郷土資料館
 箕面市箕面6丁目3番1号(箕面市文化・交流センター地下1階)
  午前10時から午後5時まで 木曜日休館



 箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

節電の夏です。熱中症には充分気をつけていただきつつ、ご協力ください。

2011年06月24日 | 市民部

 こんにちは。市民部長の千葉亜紀子です。
 6月10日(金曜日)、箕面市は関西電力株式会社(大阪北支店)から「今夏の平日ピーク時間帯における節電のお願い」を受けました。
 市は、同日付で「箕面市節電対策本部」(本部長:倉田哲郎市長)を設置し、全公共施設の徹底的な節電や、市民・事業者のみなさまへの節電の呼びかけを始めました。

1 箕面市の節電の取り組み

  夏季の電力受給が厳しくなると予測される7月から9月にかけて、午前
 前9時から午後8時までで、節電の取り組みを行います。(この時間帯の
  中でも、特に
午後1時から午後4時で、重点的に取り組みます。)       

2 公共施設でも徹底的に節電に取り組みます。

 (1) 今、このような節電対策に取り組んでいます。

   ・本庁舎内の照明全体の約30パーセントを削減

    5月26日(木曜日)に市役所・出先機関の1,068個の蛍光灯(電
   球)を減らしました。電力にすると1ヶ月あたり約7,200キロワット
      の削減です。
    少し暗く感じるところがあるかもしれませんが、ご協力くださ
   い。   

       <電球は今、3分の1ほど減らしています。>

  ・パソコンの節電

    5月18日(水曜日)より、市の業務用のパソコン778台に節電対策
   ソフトを適用し、待機電力の節電をしています。
   →5分間、パソコンに触れないと、画面の電源が切れます。
   →10分間、パソコンに触れないと、ハードディスクの電源が切れ
    ます。
   →そして、15分間でスリープ状態に!       

       <すぐ「POWER SAVING」の表示に変わります。>

 (2) 7月からの取り組み(予定) 

  ・エレベーターの一部を休止

    本庁舎内にある、別館エレベーターの一部(2台のうちの1台)を
   休止します。ご迷惑をおかけしますがご協力をお願いします。 

   ・「ランチタイムシフト」を実施

    昼休みの時間帯を、消費電力ピーク時の午後1時からずらす「ラ
   ンチタイムシフト」を実施します。 

    <電気を消して暗いですが、市役所の楽しいランチタイム
    ゆずるくんもお弁当食べたいな………> 

3 節電にご協力ください!

  市民のみなさま、事業者のみなさまへのお願いです。
  
7月1日から9月22日まで(8月12日から8月16日までを除く。)の平日
 の午前9時から午後8時において、節電にご協力くださ
い。
  ご家庭では、特に午後1時から午後4時までの間、重点的な節電をお
 願いいたします。

 ◇ ご家庭での節電対策のポイントは、次のとおりです。ご参考にして
  ください。

  ○ エアコン

   ・室温設定は、28度を目安に!
   ・カーテンやすだれなどを利用して、窓からの日差しをカット!

         (遮光カーテンなども有効です。)

   ・無理のない範囲でエアコンを消して、扇風機の使用を!
   ・フィルターのこまめな掃除を!

     ※熱中症などにご注意いただき、無理のない範囲でご協力くださ
     い。 

  ○ 冷蔵庫

   ・食品が傷まない程度で、設定温度は適切に!
   ・詰め込みすぎにご注意! 

   

    (わが家の冷蔵庫は、こんな状態です。ここまで「から」にする
     必要はありませんが………)

   ・ドアの開閉は、回数も時間も少なめに!
   ・壁から離して配置を!
   ・熱いものは冷ましてから!       

    (これは、悪い例。できたてのカレーを鍋ごといれるのは、良く
     ないですね。 

  ○ テレビ

   ・見ないときは消してください!
    ・明るさや音量はほどほどに!
   ・こまめなお掃除で画面を明るく!
   ・お休みのとき、お出かけのときは、主電源オフを習慣に! 

  ○ 照明

   ・こまめに消灯を!
   ・こまめなお掃除でいつも明るく!
   ・暗くなれば、早めに取り替えを!  

  ○ その他の電化製品

   ・便座暖房のスイッチオフ!
   ・炊飯器の長時間保存を避ける!
   ・食器洗い乾燥機の食器はまとめて!     

   (うちはもともとありませんので、毛糸たわしで洗っています。)

   ・掃除機をかける前に部屋を整理して、短い時間で掃除!     

        (拭き掃除をすると、体にいいです。)

   ・洗濯機はまとめ洗いを!
   ・主電源を切るかプラグを抜いて待機電力を減らす!
   ・太陽光を利用する方法は、いろいろあります。 

   (実は、私、こんなものを持っています。携帯用太陽光発電機。
    あまり使ったことはありませんでしたが今年は使ってみます。)

  節電のためのパンフレットは、市役所正面玄関ロビーや、別館1階の市民サービス政策課、別館2階の環境政策課に配置しております。お気軽にお立ち寄りください。

 事業者のみなさまには、経済産業省のホームページに掲載されている「節電-電力消費をおさえるには」をご参考にしてください。

 ここで、箕面市節電対策本部事務局の環境政策課の河辺課長を紹介します。

「こんにちは。事務局の河辺です。みなさんも熱中症や防犯などに支障のない範囲で、節電にご協力ください。」 

 

 いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。
 読み終わったら、パソコン電源を落としてくださいね!! 

 ◇経済産業省アドレス http://www.meti.go.jp/setsuden/index.html 

     

 箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」の統一キャンペーンを実施中です。  

 

  

 

 

 

 

 

 

       

 

    


この記事をはてなブックマークに追加