部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

糖尿病予備軍、市民医療講座に来られたし!!

2010年05月31日 | 病院事業管理者

 こんにちは。病院事業管理者の重松です。


【山里で見つけたミズバショウ】

 通勤の道すがら、アスパラガスがにょきにょきと何本も生えているのを目にしました。美味しそうです。あれを放っておくとほうき草のようになるのが信じられませんが、つくしとスギナの関係を考えれば納得もできますかね。
この、まさに春の大地の恵みアスパラガスを愛でたスペインの歌を、何かで読んだことがあるのですが、こんな趣旨の内容でした。

≪春の恵み。まず1本目は、私が。そして2本目、これはワンちゃんに。3本目、あっ、これはあなたに≫

 アスパラガスの美味さがそうさせるのか、愛の序列をアスパラにかこつけて言っているのか? 亭主や恋人はペットよりも次なのです!! 「うちもスペイン風です」。 えっ、○○君聴かなかったことにしておくよ。

 5月13・14日の医療看護フェア、今年もたくさんの方にお越しいただきました。骨密度や肺年齢の測定コーナー、フードモデルを用いた栄養バランスチェックのコーナーなど盛況でした。一日看護師体験には高校生の参加もあり、将来看護師として市立病院に就職してくれるかと期待を持てました。来年もまた、5月に実施いたしますのでよろしくご参加ください。


【栄養相談】


【パネル展示】


【医療・看護フェア 実行委員会】

 5月22日(土曜日)、箕面文化・交流センターで、第2回目の「登録医意見交換会」を開催いたしました。これは、昨年の11月にはじめて実施したものですが、市立病院と連携して医療に当たってくださることを表明していただいた開業医さんたちとの意見交換の場です。「こういう場で忌憚なく意見を述べあうことは大切なことだ」と、参加された診療所の先生に評価もいただき、また継続すべきだとのご指摘もいただきました。


【登録医意見交換会】

 検査や診療の予約をしていただいている開業医さんはたくさんおられますが、登録まではまだという診療所もありました。11月時点では96人の登録でしたが、地域医療室からの趣旨の説明、働きかけが大きく効果を上げ、箕面はもちろん豊中、池田、吹田、豊能町の診療所からも応えていただき、現在は255人の医師の登録があります。
 患者さんの治療の連続性をどう持たせるかなど、意見を交換しながら、地域医療のネットワークの充実を今後とも追求したいと思います。

 さて、今年も市民医療講座を開催します。
6月26日(土曜日)午後2時~4時。メイプルホール(小ホール)。
 「あなたの糖尿病知識は十分ですか~ 『日進月歩の糖尿病診療』」
   糖尿病センター長 飯田さよみ医師。
 生活習慣病として糖尿病は普段から気を付けなければならないものです。6人に1人が糖尿病患者といわれるほどに増加している疾病です。飯田センター長は、もちろん糖尿病に造詣も深く、地域の診療所と病院での一環連続した治療を進めることを追求(地域クリニカルパス)されており、池田保健所も含め豊能医療圏での連携の強化を模索していただいています。
 この機会に、生活習慣を見直すことも含め、是非ともご参加ください。

 明日から6月。もうすぐ田んぼに張った水の中でカエルが嬉しく賑やかに歌い出す時期です。今、夜には「トッキョキョカキョク」と鳴き声が聞こえるホトトギスの声をよく聞きます。夏ですね。ビールですねー。ビール腹は困りものですねー。

 ご自分の<おなか>をよーく見ていただいて、健康・体調のことも考えて!
糖尿病予備軍のあなた!!
 6月26日、メイプルホールでお待ちしています。

  箕面市では、4月から6月まで、「みのおっ子体力向上」統一キャンペーンを実施中です。 


この記事をはてなブックマークに追加

第52回 水道週間(6月1日から6月7日まで)が実施されます

2010年05月28日 | 上下水道局
 今年のスローガンは 「水道に 寄せる信頼 飲む安心」
~ 第52回 水道週間(6月1日から6月7日まで)を実施します ~

 皆さまこんにちは、上下水道局の島谷です。

 今年も6月1日(火曜日)から6月7日(月曜日)まで、全国一斉に第52回「水道週間」が実施されます。
 「水道週間」は、普段何気なくお使いになっている水道への理解と関心を深めていただくため、毎年設けられているもので、水道関係者が連携して全国一斉に広報活動などを実施するものです。
今年のスローガンは「水道に 寄せる信頼 飲む安心」です。
今回のポスターは昨年の第51回水道週間懸賞募集で小学生高学年の部で特選となった作品です。


 〔第52回水道週間ポスター〕

 初日の6月1日(火曜日)は、午前7時30分から1時間弱、阪急箕面駅前で市長を先頭に街頭キャンペーンを行います。啓発物の配布を行いますので、ご協力をお願いします。

 次に、箕面市水道料金の引き下げについて報告させていただきます。

 去る5月24日(月曜日)に平成22年第2回箕面市議会定例会の招集告示があり、議案が市議会議員の皆さまに送付されました。議案の中で「箕面市水道事業給水条例改正の件」を提出しました。

 概要は、箕面市水道事業及び箕面市北部簡易水道事業において
 ※ 一月当たりの基本料金を税込みで現行「966円」を「779円」に改めるもので、施行日を平成22年7月1日としています。

 市議会で審議され可決されれば、7月から水道料金の値下げが実現します。値下げ額は一月当たり「187円」で年間「2,244円」となります。少しでも皆さまに値下げを実感していただければと思っています。



 箕面市では、4月から6月まで、「みのおっ子体力向上」統一キャンペーンを実施中です。

この記事をはてなブックマークに追加

もうあと少しで900日です!!

2010年05月27日 | 消防本部・署
 こんにちは。ブログ2回目登場の消防長 三上 照男です。
 第1回目のブログではフルネームで登場しなかったので注意がありました。で、本日はフルネームで再登場です。



【900日達成まぢか!】
 前回ブログでお知らせしました、火災による死者0(ゼロ)が、来る6月2日で900日を達成することとなります。
 その次の目標は、9月10日の1000日です。もちろん、火災が発生しないことが一番ですので、消防では、

 1「住宅用火災警報器」の設置推進 
 2火災予防のためのPR(上のちらし参照)の徹底実施
 3放火防止のため、消防車による夜間巡回(金曜日・土曜日、市内全域)実施
 4市内の各種商業施設等への立ち入り検査の実施 など

により、市民の皆さんの安心・安全の一層の向上をはかることとしています。 

 〔ヴィソラでのアンケート風景〕

【平成22年度 箕面市消防本部重点項目】
 1「住宅用火災警報器」の設置推進
 2「救命都市みのお」の推進
 (1)応急手当(救命講習・救急講習など)の普及・啓発
 (2)救急車の適正利用の啓発
 3『消防の「安全・安心」戦略プラン』の策定
・毎月1日は「消防安全の日」ほか (現在、職員からの案を募集し、集計中です)

 以上の観点から、職員が一丸となって職務に精励します。ご参考までに、7月1日は「国民安全の日」(7月1日から7月7日:全国安全週間)です。

 〔消防学校訓練風景〕 

【第112回大阪府下救急担当者会議が箕面市で開催されます。】
 本日5月27日、大阪府下の33消防本部の救急担当者が箕面市で一堂に会し、現在及び今後の救急活動における課題や問題を検討・解決するために会議を開催します。

 年2回(5月、10月)の開催ですが、すでに112回を数える会議となっています。平成3年に「救急救命士」が誕生して以来、年々高度な議題が協議・検討されています。南は阪南・岬から総勢約80人が箕面市消防本部の屋内訓練場に集結します。
 雨が降らないことを祈ります。雨が降ると訓練場の屋根がうるさいのです……。


【消防ヘリコプターによる広報】
 昨日の午後に大阪市消防局の消防ヘリコプターにより、箕面市上空において「住宅用火災警報器」の設置推進PR広報が実施されました。少し、聞き取りにくい状況での広報でしたので、広報内容文を掲載させていただきます。下記のとおりです。

「こちらは、消防本部です」
「すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務づけられました」
「住宅火災から大切な命を守るため、住宅用火災警報器を設置しましょう」

 〔消防ヘリ〕


 大阪市の消防ヘリコプターによる広報は、その他にも全国火災予防運動や山火事防止、火災気象通報発表による警戒などの広報で、年間かなりの広報を府下一円で展開していただいています。箕面市の出初式でも、大阪府知事メッセージの投下などで参加してくれています。


全国消防長会・総会へ参加しました。】
 5月21日(金曜日)に、千葉県千葉市幕張で開催されました総会に行ってきました。全国(802消防本部)の消防長が一堂に会しました。

 〔総会会場写真〕


 総会は、会長あいさつ(東京消防庁 新井消防総監)から始まり、重要案件が審議され、最後に今総会「決議」を決定しました。

 午後からは、総務省消防庁の職員からの情報提供があり、その後引き続いて全国から応募のあった「機器改良・消防に関する論文」の最優秀賞者による発表会がありました。

 そこでは、本市の安心・安全の向上のために是非とも取り入れていきたい内容の発表(神戸市職員発表)があり、今後につなげていきたいと強く思いました。また、その後も、全国消防職員意見発表会が開催され、10人の消防職員が、日頃のそれぞれの思いを堂々と発表していました。
 近畿を代表して、大阪市消防局の職員が出場してくれましたが、見事2位で優秀賞(最優秀賞1名、優秀賞2名)に輝きました。で、発表は見事に大阪らしい演題で、「ばかやろう。あほんだら」でした。





 上の写真は、何の花かわかりますか。
 先日、50歳で脱サラをして、滋賀の田舎で、田畑・果樹園(桃、さくらんぼなど)農家を継いだ高校の同窓生が、その果樹園の中に1本だけ「邪魔だけれど実がなるのでそのままにしてるんだ」と聞かされた木に咲いていた花を写してきました。

 「感染列島」(TBS映画、英語版題名「パンデミック」)のラストシーンで、妻夫木 聡が扮する救命救急医・松岡ドクターが「何故これが、思い出せなかったのか。」とひとりごとを言いながら駆け寄る木(樹)に咲く花なのですが…。

 「たとえ世界が明日終わりであっても、私はリンゴの樹を植える。」

 この言葉にあるように、その樹はリンゴの樹で、この写真はリンゴの花です。また、この言葉は、ドイツの宗教改革者のマルティン・ルターが語ったと言われています。映画の中で、檀 れい が扮するメディカルオフィサー小林栄子が、二人の初対面の時に自分の弟が好きだった言葉として紹介します。
 ルターの考えた「世界」とこの映画の「世界」は少し違うのかもしれないですが、聞いた人には、深く問いかける言葉になっていると思います。

 それと、手前みそですが、消防職員の多数は、この言葉に対して「そのとおり。僕たちは樹を植える。」と答えると思います。どこまでも、明日を信じて、前に進もうとする人間の集まりですから。

 次回は6月です。職員の考えた今年のスローガン、7月開催予定の「外国人市民のための防災・救急フェスタ(案)」などについてお伝えします。 



 箕面市では、4月から6月まで、「みのおっ子体力向上」統一キャンペーンを実施中です。

この記事をはてなブックマークに追加

男女協働参画課の仕事

2010年05月26日 | 人権文化部

 生涯学習部長併人権文化部長の浅井です。

 今年は雨が多く、早くも梅雨の季節に突入かと思う日が多く、めいりがちですが、せめて気持ちは晴れやかにいきたいものです。
 さて、今回は、人権文化部男女協働参画課が実施する「女性のための相談」などの事業を紹介します。

 相談事業は、カウンセラーによる面接相談と、研修を修了した専門の相談員がお聞きする電話相談の2種類があります。

 相談の内容は、自分の生き方、パートナーとの関係や子育て、職場での人間関係の悩みや不安、自信をなくしていることなど、非常に多岐にわたっています。面接相談ではカウンセリングの方法を用いています。
 相談員は、時間をかけて相談者の気持ちや問題点の整理などのサポートをさせていただきますので、1回につき50分としていますが、継続して利用されるかたも多くおられます。

 電話相談では、自宅にいながら気軽にご利用いただけるメリットがあります。
 ここでも、じっくり話をお聞きし、カウンセリングの方がよいと考えられる場合には、面接相談をお勧めしたり、必要に応じて他の専門機関をご紹介しています。女性のかたでしたら、どなたでも利用できますし、もちろん秘密は厳守しています。

 些細なことだからと1人で抱え込んだり、どうしようもないことだとあきらめずに、下記日程で実施していますので、気軽にご相談下さい。
(面接相談)月曜日と金曜日 午後1時から4時(要予約・電話 072-724-6943)
(電話相談)火曜日と水曜日 午後1時から4時(専用電話 072-723-3654)

 男女協働参画課では「男女がその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる社会を実現する」ために、先に紹介した相談事業をはじめ講演会や講座の企画などを実施しています。

 ちょうど1年程前に実施した男女協働参画フォーラムでは「男性と女性の協働子育て」をテーマに、主に男性の育児について考える機会としました。

 今年の男女協働参画フォーラムは「私の仕事・私の働き方」と題し、女性の働き方をテーマに6月27日(日曜日)に開催します。場所は、市役所第3別館4階です。

 女性はもちろんのこと、男性にも「自分と仕事」や「働き方」を考える機会としていただけるのではと考えています。 「男女協働参画フォーラム」と聞くと、何か堅苦しく思われるかもしれませんが、生活の中の身近な問題をテーマにし、また「市民企画の持ち込み」講座を募集するなど、市民の皆さんのご意見を取り入れながら実施しています。

 男女協働参画ルームは市役所第3別館(中小学校の向かいにある4階建ての建物)の2階にあります。

 1階は、箕面市立コミュニティセンター中小会館(四季彩の家)で、3階は、箕面市立稲老人デイサービスセンターとなっています。2階は男女協働参画課の事務所と相談室、それから男女協働参画関係の図書や資料が自由にご覧いただける情報コーナーやちょっとした打ち合わせなどにもご利用いただけるフリースペースがあります。

  今回は、男女協働参画課の主な事業についてご紹介しました。詳しいことは男女協働参画課までお問い合わせください。

 箕面市では、4月から6月まで、「みのおっ子体力向上」統一キャンペーンを実施中です。 


この記事をはてなブックマークに追加

箕面の北端、止々呂美(とどろみ)で自然の活力を…

2010年05月25日 | 議会事務局
 こんにちは。議会事務局長の中腰勇雄です。
 昨日、一昨日と台風並みの強い風と雨、不順な天候が続きますがいかがお過ごしでしょうか。目映い(まばゆい)ばかりの新緑に囲まれているだけでも、ここ止々呂美で自然の活力を感じることができます。この時季5月は、山陰にはひっそりとシャガの花が、エニシダの白い花が、美しいニッコウキスゲの花が…上旬から順に咲き始め、山は次第にみどりを深めていきます。

(シャガの花)


(エニシダの白い花)


(ニッコウキスゲ)


・お読みいただきましたか?議会だより第79号
 議会だより第79号は、10日ほど前に市民の皆様にお届けいたしましたが、お読みいただいたでしょうか。議会の活動を「正確に」「分かりやすく」興味をもっていただけるよう編集にあたってはいますが、なにぶん限られたスペースの中での編集ですので、詳細にはお知らせ出来ない点もあり、ご容赦をいただきたいと思います。また、ご意見などありましたら議会事務局までお寄せください。

・まもなく第2回定例会が…
 昨日5月24日(月曜日)は、第2回定例会の開催を告示、5月31日~6月21日まで会期22日間にわたって、本会議や委員会を開催し、条例改正案や補正予算案を慎重に審議し必要な決定を行っていきます。会期日程は以下のとおりです。
5月31日(月曜日)本会議          6月2日(水曜日)文教常任委員会
6月3日(木曜日)民生常任委員会      6月4日(金曜日)建設水道常任委員会
6月7日(月曜日)総務常任委員会      6月18日(金曜日)本会議
6月21日(月曜日)本会議         (開議時間は、何れも午前10時)

 さて、話は私の地元、止々呂美(とどろみ)地域の話になりますが、絶好の行楽日和となったゴールデンウィークは、止々呂美漁業協同組合のバーベキュー会場やマス釣り場も、対岸のふれあい朝市会場も多くの人で賑わいました。こんな快晴が5連休とも続いたのは
珍しいのではないでしょうか。
・バーベキュー会場もみどりの山に囲まれて、釣りたてのニジマスの塩焼きを…
(5月2日、ニジマスでバーベキュー)

(5月4日は、バーベキュー会場もこんなに盛況に…)

・こんなマスも
 始めて来たという亀岡市のKさん一家は、こんな大きなマスを釣り上げまわりからはどっと歓声が…
(5月9日、40センチ超えのニジマスの大物が…)

・対岸の止々呂美ふれあい朝市会場では、地元のふきや新タマネギが次々と…
(ふき)

(まだ小ぶりの新タマネギ)

 これからの季節、何と言ってもお勧めは、『日曜日は地元朝市で新鮮な野菜を調達、それをさっそく対岸でーベキュー、自然を満喫』…スローな一日を箕面の北端、止々呂美で過ごしてみてください。止々呂美の自然の活力を感じてみてください。
【問い合わせ】
◎止々呂美(とどろみ)ふれあい朝市
 毎週日曜日 朝8時~12時まで開催  問い合わせ:電話072-739-0360
◎渓流釣り(アマゴ・マス釣り)、バーベキュー、川遊び・鮎の網すくい(夏場のみ)、毎週土・日曜日、祝日 朝8時~夕方4時半まで開催(雨天時利用不可)
問い合わせ:止々呂美漁業協同組合 電話 土・日曜日、祝日は、072-739―1844
                    平日は、072―739-1138
(追伸)
・ほろ苦いデビュー
 前回、私のブログで紹介したやまと競艇学校卒業第106期生22人が、この時季次々とそれぞれの地元の競艇場でデビュー。大阪出身の二人も先日住之江競艇場でデビュー、一流のベテラン選手に混じっての熱い戦い、2人の5日間の成績は…

 小坂 宗司選手…4着、4着、5着、6着、5着、6着、6着
 坂口 愛選手…6着、6着、6着、3着、6着、6着、5着
(坂口選手の3着は、6艇のうち3艇がフライング失格のための3着)



 箕面市では、4月から6月まで、「みのおっ子体力向上」統一キャンペーンを実施中です。

この記事をはてなブックマークに追加