部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

競艇は公営競技!

2009年06月30日 | 競艇事業局

 こんにちは、競艇事業部長の出水です。

 4月から、テレビで、競艇の新しいコマーシャルが放送されているのをご存じですか?

  「はじめましてアザラシです。」
  「知ってました?競艇って、レースをしているだけじゃないんです。」
  「その売り上げは、学校を作ったり伝統文化を守ったりお城の整備とかにも使わ れてるんだって。」
  「んー、結構、競艇って、身近なところで、役立ってるんですね!」

 これは、アザラシの「ていちゃん」が競艇場に迷い込み、そこを住み家としているうちに競艇のいろいろな側面を知っていく、とのイメージで制作されたらしいです。
 この新しいコマーシャルは、競艇の魅力そのものを宣伝することが目的ではなく、公営競技としての競艇の意義、存在価値を広めていくことが目的で、今までこのようなコマーシャルがほとんどなかったのです。

 ここに出てくるのは、尼崎市立小学校・丸亀市うちわの港ミュージアム・唐津市唐津城で、それぞれの施行者が競艇の収益からその建設や整備に活用したものです。

      
競艇コマーシャル「あざらしのていちゃん」

 モーターボート競走の勝舟投票券は1枚100円単位から発売しており、その総売上金額の75%を払戻します。残りの25%と入場料などのその他の収入から、法律に基づく財団法人日本船舶振興会などへの交納付金のほか、競艇場・ボート・モーター借上料や選手賞金、広告宣伝費、人件費など開催に必要な経費を賄ったあと、その残金が収益金となります。

 箕面市ではどうかといえば、これまで約1400億円を一般会計に繰り出し、下水道の整備や道路・公園の新設・整備など都市基盤整備に係る事業、学校施設の整備などに活用されてきました。

 平成21年度は、前年度比1億円増の6億円を一般会計に繰り入れ、うち5億円は「第一中学校改築」、「環境クリーンセンター施設改修」、「阪急牧落駅バリアフリー化」、「消防車両の更新」など市民生活に直結した事業で活用するとともに、増額分の1億円については、「未来子ども基金」、「交通施設整備基金」への積立を行い、将来への投資として活用することとなっています。

 7月開催のご案内
 *「第38回飛龍賞競走」 9日(木曜日)から14日(火曜日)・ナイター
 *場外発売「徳山周年・津MB大賞」 15日(水曜日)から16日(木曜日)・昼発売
 *場外発売「SGオーシャンカップ」 21日(火曜日)から26日(日曜日)・ナイター発売


この記事をはてなブックマークに追加

条例&補正予算、税務室「総合証明窓口」について

2009年06月29日 | 総務部
 こんにちは。総務部長の井上です。

 6月23日(火曜日)に、平成21年第2回箕面市議会定例会が終了しました。条例、補正予算、その他議案、教育委員会委員に関する人事案件、請願、議員提出議案など計57件が上程され、それぞれ市議会の可決、承認等をいただきました。

 そのうちのいくつかを紹介します。

 「箕面市税条例等改正の件」では、住宅ローン特別控除の創設、固定資産税評価額の特例措置が継続されることになりました。

 また、「箕面市証明その他の手数料条例等改正の件」では、10月1日から新たにご負担をお願いすることになりますが、住民票の写し、印鑑登録証明書等の証明手数料について北摂各市に合わせる料金体系に見直しました。ご理解のほどをお願い申しあげます。

 次に、平成21年度一般会計補正予算2号(補正額73,647千円)では、DV被害者への定額給付金相当額を給付する事業経費、市立病院と開業医をネットワークで結び電子カルテの共有を通じて病診推進する事業経費、とどろみ幼稚園の預かり保育事業経費など、市民生活に関連する予算が可決されました。

 さらに、同じく補正予算第3号(補正額55,813千円)では、今後の新型インフルエンザ対策としてマスクなど予防具の備蓄関係経費、また小中学校の耐震補強設計に要する経費等の補正予算が可決されました。

 特に、小中学校の耐震補強工事は、今回の国の補正予算で従前の補助制度に加えて臨時の交付金の活用が可能となり、市の財政負担が軽減される見通しとなったため、予定を前倒しして未着工の全小中学校の耐震補強工事等を行うべく、設計委託料などを計上しました。

 話は変わりますが、税務室からのお知らせです。

               【総合証明窓口のようす】

 まず、6月22日(月曜日)から市民税、固定資産税など市税に関する税務証明(課税証明書など)の発行窓口を一本化し、「総合証明窓口」を設置しました。
 今まで税の種類ごとに各担当窓口で証明書の発行を行っていましたが、証明書発行窓口を一本化し、申告や相談のお客様の対応窓口と分けることで、お待ちいただく時間も大幅に短縮できるものと考えています。
 同時に、プライバシーに配慮した「納税相談コーナー」を設置しました。

 また、7月1日(水曜日)からは、「箕面市納付コールセンター」を民間委託により設置し、市税等の滞納者に対して電話で納付を呼びかけ、引き続き、市税などの公平・公正な負担を目指していきます。

この記事をはてなブックマークに追加

梅雨時のさわやかな話

2009年06月26日 | 市政統括
 聖母被昇天学院中学校高等学校の生徒さんが「子どもさわやか賞」を受賞し、市長に受賞の報告をされました。


 みなさんこんにちは 市長政策室長の具田です。

 新型インフルエンザは箕面では少し落ち着きを見せているかと思いますが、全国では感染者数が千人を超え、国際的にはWHOが最高レベルのフェーズ6を宣言するなど、まだまだ予断を許さない状況です。

 そんな中、うれしい報告がありましたので紹介します。
 昨日、聖母被昇天学院中学校高等学校の生徒さんが財団法人大阪児童福祉協会から「子どもさわやか賞」を受賞したことを倉田市長に報告に来られました。
 「子どもさわやか賞」とは、地域の清掃活動や、高齢者・障害者などとの交流活動をボランティアでおこなっている子どもや団体に対して子どもたちのさわやかな活動が広がっていくことを願って贈られている賞です。
 今回の受賞は、聖母被昇天学院中学校高等学校の生徒さんたちが、箕面まつりで環境ボランティアとして活躍していることが評価されました。

 7年前に聖母被昇天学院中学校高等学校の先生が、箕面まつりで活動する環境ボランティアが不足しているという話を市から聞いて、学校内で募集をかけてくださいました。
 それから毎年、120人ぐらいの生徒たちが箕面まつりに参加し、会場のゴミステーションに立ち、分別収集の呼びかけをおこなっています。

 *箕面まつりでの様子が「箕面まつりフォトアルバム」で見られます。
 (アルバムの2段目、右側の写真です。)

 受賞の報告に箕面市役所を訪れてくださった生徒さんたちに、倉田市長が「受賞おめでとうございます。暑い中、分別収集を呼びかけていただき、今では箕面まつりの欠かせない存在になっています。とてもありがたいです」と話すと、生徒さんたちは「わたしたちの活動が評価されて、大変うれしいです。ごみの分別の呼びかけをしているときに、市民のかたからありがとうと言われたときはとてもうれしかったです。」と話していました。
 梅雨空の下、さわやかな風が吹いたような気持ちがしました。

 *今日の様子は、タッキー816みのおエフエムのホームページでも紹介されていますので、見てみてください。

 箕面まつりは多くのボランティアに支えていただいています。今年もまつり当日、環境ボランティアで頑張っている生徒さんたちに会えると思いますので、「ありがとう」と声を掛けてあげてはいかがでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

今年の夏は、止々呂美へ遊びに行こう!

2009年06月25日 | 伊藤副市長

 こんにちは、政策総括監の伊藤です。

 今回は、今年5月に開通2周年を迎えた「箕面グリーンロード」について状況を報告します。
 この「箕面グリーンロード」は、箕面市北部の止々呂美地域から萱野中央までを8分で結ぶトンネルで、北部地域の市民にとって欠かすことのできない生活道路となっています。しかし、みなさんもご存じの通り通行料金が片道600円。この道路を日常的に利用するには大きな負担となります。そのため料金値下げの要望が市民の方々から多く寄せられています。
 また、今年4月から国の緊急生活対策の一環として「高速道路」の大幅な料金の引き下げが行われていることで、この道路に対する不公平感がさらに生じています。

 このような背景をふまえて、管理・運営をしている大阪府道路公社は、5月の土曜日、日曜日の4日間を特別割引日としてワンコイン500円の通行料金にしました。 結果、割引最終日の31日(日曜日)は値下げ前の17日(日曜日)より利用者が約35パーセント増えました。値下げをすれば、利用者が増える。これが、今後の値下げの実現にとても重要なことなのです。

 今月17日には、倉田哲郎市長と共に地元3自治会長が大阪府及び府道路公社に出向き、生活道路として利用する地元住民の思いを伝えてきました。副知事からは料金値下げに向けた対応を早急にする旨の回答があり、府は夏休み頃から再度料金値下げの試行を考えています。

 今年の夏休みは「箕面グリーンロード」を是非一度利用してみてください!
止々呂美の豊かな自然環境を満喫しましょう。「大阪府の軽井沢(止々呂美)」へ避暑に足を運んでみませんか!

 毎週日曜日の午前8時から「朝市」も開催されており、新鮮な地元の野菜などが好評を博しています。朝市周辺には、川遊びやバーベキューを楽しめる広場や駐車場もあります。デイキャンプも可能ですよ!

朝市の対岸には、こんな場所があって・・・
              

季節によってはあまごやマスの釣り堀になります。(残念ながら夏は無理なんですが・・・川遊びはできますよ!)
              

浅瀬で、安全に整備されていますので、小さなお子さんでも安心です。
              

 市民、府民のみなさんの「箕面グリーンロード」利用促進が、相乗効果として通行料金の値下げに結びつくと考えています。


この記事をはてなブックマークに追加

公平委員会について

2009年06月24日 | 監査委員事務局・公平委員会事務局
 こんにちは。監査委員事務局長併公平委員会事務局長の清水朋子です。

 公平委員会について、お話しさせていただきます。
 地方公務員法に基づき、自治体規模の大小により、人事委員会または公平委員会の設置が義務づけられており、箕面市においては、人口15万人未満の市として公平委員会が設置されています。人事委員会も公平委員会も3人で構成することとなっています。
 比較的規模の大きい地方公共団体に設置されている人事委員会に比べ、公平委員会は権限がかなり限定されていますが、中立的かつ専門的な人事機関として、任命権者(市長等)の任命権の行使をチェックし、より適正な人事が行われるようにすることを使命としています。事務局は公平委員に係る事務及び公平委員会の事務を補助するために置かれています。

 業務の対象は主として職員及び職員団体(職員がその勤務条件の維持改善を図ることを目的として組織する団体として、労働組合に類するものですが、労働組合法の適用を受けず、地方公務員法上は「職員団体」と称されています。)です。
 公務員は民間の勤労者と異なり、労働基本権が制限されている反面、勤務条件は法律によって基準や諸原則等が決められています。
 このような公務員の身分取扱いの特殊性に基づいて、任命権者と職員との関係において中立的な立場で、職員が勤務条件に関して、適切かつ妥当な措置を執られるよう要求することのできる専門的かつ公正な人事機関としての、公平委員会が設けられております。

 主な業務としては、
  ・職員の勤務条件に関する措置要求の審査、判定等
  ・職員に対する不利益な処分に対する不服申立てに対する裁決又は決定
  ・管理職員等の範囲を定める規則を制定すること
  ・職員団体の登録に関する規則を制定すること
  ・職員団体からの申請により、職員団体の登録をすること
  ・職員団体の登録の効力の停止および取消しの判断をすること
  ・職員から提出された苦情を処理すること  
                             などです。
 
 6月の公平委員会では、6月1日からの箕面市立病院の地方公営企業法の全部適用への移行に伴い、「管理職員等の範囲を定める規則」の改正、「職員団体の登録に関する規則」の改正をするための審議をしました。
 地方公営企業法の全部適用に伴い、市立病院の職員は地方公務員法の適用が除外されることとなり、公平委員会で登録されている職員団体には加入しないこととなります。そのため、管理職の範囲から病院職員が除かれ、また、市立病院の職員は箕面市職員組合の構成員ではなくなりますので、職員団体の役員名簿から除かれることとなりました。

 地方公務員法、職員団体の登録に関する条例に基づき、職員団体が登録される資格を有し、引き続き登録されているためには、規約の作成又は変更、役員の選挙その他これらに準ずる重要な行為が、地方公務員法で求める厳重な手続きによってなされたという証明を添付して、公平委員会に申請される必要があります。公平委員会は、職員団体からのこれらの申請に基づき、審査し、登録内容の変更をした旨、通知しています。
 今、国(総務省)においては、公務員に対する国民の厳しい批判に正面から応える一方、公務員が持てる能力を最大限に発揮し、公務員に対する信頼を確保するため、国家公務員制度の改革に準じて、地方公務員制度の抜本的改革を推進しようとしています。
 その改革の方向として、能力・実績主義、再就職管理の適正化と、地方公務員の労働基本権のあり方について検討されてきました。そのような改革をめぐる動きがありますが、現在機能している公平委員会の役割を認識し、中立、公正な公平委員会の役割が果たされるよう、情勢の変化に対応した公平委員会の事務補助に努めていきたいと思っています。

 なお、公平委員会事務局と監査委員事務局の併任となっていますが、現在のところ、公平審理事案(勤務条件に関する措置要求の審査等)が発生していないため、監査委員事務の方に重心がかかっています。



この記事をはてなブックマークに追加