部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

体力向上をめざして

2017年02月16日 | 子ども未来創造局

こんにちは。子ども未来創造局の樋口です。

先週は寒波襲来で、本当に冷え込みました…インフルエンザも、さらに猛威を振るっています。2月16日現在、市内3小学校2中学校で6学級、1学年閉鎖になっています。お気を付けください。

さて、今回は体力についてです。もみじだより2月号の「箕面の教育」においても紹介していますが(http://www.city.minoh.lg.jp/kouhou/momijidayori/momiji1702/documents/05.pdf)、箕面の子どもたちの体力は、今年度の体力調査の結果、多くの種目で全国平均を下回っていました。

◆学校では体力向上を図るため、この時期にマラソン大会やなわとびに取り組んでいます。今回は各校の取り組みをホームページから紹介します。

◎萱野小学校のマラソン大会にむけた練習風景。1年生も頑張っています。

◎西小学校でのマラソン大会です。保護者のみなさんからの声援を受けて力走しました。

◎萱野東小学校でのマラソン大会でも保護者のみなさんに支えられて、子どもたちは頑張りました。

◎第三中学校では恒例の部活動対抗駅伝大会が開催されました。1チーム6人ずつ、トラックと外周を走り、タスキをつないでいきます。

    

          

          

当日は、西南小学校陸上クラブの児童も3チームが参加し、中学生の女子といっしょに走りました。6年生で構成されたAチームは、日頃の陸上クラブでの練習とマラソン大会で鍛えた脚力をいかして4位に入る健闘をみせたそうです。小中連携の好事例です。きっと、中学生になったら陸上部に入って活躍することでしょう。

◎南小学校では、30分休憩に子どもたちがながなわ大会をめざして練習をしていました。
子どもたちは、寒さに負けず本当に頑張っています!めざせ体力アップ!

◎萱野北小学校でも、なわとび大会に向けて朝会で練習をしました。

     

◎北小学校でも朝会でなわとびの練習をしています。

◆箕面市では、全小学校の子どもたちが、始業前や休み時間を利用してなわとびに挑戦するとともに、その記録をパソコンに登録し、ウェブ上で競う「オンラインなわとび大会」を平成29年(2017年)2月10日(金曜日)から2月24日(金曜日)の2週間開催しています。

競技種目は各学年以下の通りです。ひとり1種目のエントリーとし、制限時間2分以内に跳んだ合計数で競います。跳躍数の計測はできるだけ教員が付き添い、複数の計測者で行うこととしています。

ちなみに昨年度の5・6年の記録を紹介すると、「前とびの部」の第一位の記録は431回でした。これは1秒間に約4回跳んでいることになります。すごい記録です。「交差とび」は317回、「2重とび」は279回という記録でした。

各校では休み時間などにたくさんの子が取り組んでおり、記録更新が楽しみです!

(彩都の丘学園の昼休みの様子)

このように、子どもたちは学校において運動したり、遊んだりすることにより体力をつけていきます。でも、学校における時間だけでは限りがありますので、この限られた時間に効果的な運動を取り入れていくため、4月からは「体力向上研究モデル校」を指定して「基礎体力の向上」と「運動能力の向上」をめざしていく予定です。

体力はすぐにはつきませんが、継続して取り組むことにより確実に向上します。日々の生活において歩くこと、階段を利用することなどとともに、少しの時間でも毎日、腕立て伏せや柔軟運動などに取り組むことも効果的です。また、幼児期から子どもと一緒に遊びを通じて運動することも大切ですので、ぜひご家庭や地域でも、子どもたちの体力向上を図る取り組みをサポートしていただきますようお願いします。

 

 

 

「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市議会だよりの表紙写真を募... | トップ | 定期監査 本日終了 ~報告書... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む