部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

みのお市民ツリー の復活をめざして キックオフ!

2017年03月07日 | 地域創造部

 こんにちは、政策総括監(兼)地域創造部長の広瀬幸平です。

 3月に入り、日差しの中にも春が感じられるようになってきました。天候不順、異常気象と言いながらも、季節はしっかりとめぐっているようです。

 さて、今回は、箕面商工会議所の青年部が取り組まれている “みのお市民ツリーの復活に向けたキックオフイベント” を中心にお知らせします。

 

 みのお市民ツリー の復活をめざして キックオフ!          
 

 皆さんは、毎年、クリスマスの時期に新御堂筋の突き当りのところに設置されていた巨大な市民ツリーを覚えていらっしゃるでしょうか?

 この市民ツリーは、箕面商工会議所青年部が “春の新緑”、“夏の避暑”、“秋の紅葉” に続く冬の新たな “箕面の魅力づくり” のため、市民参加型の交流イベントとして、今から21年前、平成8年に始められたものです。

 当初は箕面駅の北側山麓部の中腹、箕面温泉スパーガーデンの高原バーベキュー場 (現つるやゴルフセンター) で実施され、高さ50メートルのクリスマスツリーが市街地からもよく見えました。 その後、場所を新御堂筋の突き当りに移して実施され、回を重ねるごとに光のツリーが話題を集め、遠方からの来訪者も増えて箕面の “冬の風物詩” として定着しつつありました。

 しかしながら、資材の老朽化や用地確保の難しさから平成24年に開催された第17回を最後に継続開催ができなくなり、現在に至っています。

 多くの市民の皆さんから復活を望む声があり、箕面商工会議所青年部の皆さんも 「箕面が好き」「箕面をもっと元気にしたい」 との思いから復活を模索されてきました。 そうした中、この度、国の地方創生交付金を活用することで一部資材の更新が可能になったことから、復活に向けた取り組みが本格化することになりました。

 キックオフイベントとして、今月3月18日(土曜日)から26日(日曜日)まで、山麓部を望むかやの中央の “かやのさんぺい橋” と “かやのさくら橋” がライトロープを使ったイルミネーションで彩られ、事業のPRや募金活動などが行われます。 箕面商工会議所青年部では、市民の手による参加型の交流イベントとして復活を図るため広く協賛者を募るとともに、今後、青年部を中心とした実行委員会方式など組織化をめざすとのことです。


 箕面市としても、こうした動きに合わせ、市民ツリーの復活に向けて設置場所の確保などで連携していきたいと考えています。 多くの市民の皆さんのご支援とご協力をお願いいたします。

 

 お知らせ2件! 
 

● 春はもうすぐ。 明治の森箕面国定公園 “新緑カーニバル”

 少し早いお知らせですが、4月15日(土曜日)から 5月31日(水曜日)までの47日間、明治の森箕面国定公園で “新緑カーニバル” が開催されます。
 期間中にしかできないプレミア体験や限定メニュー、お得な割引まで新緑の箕面を満喫できます。ぜひお越しください。


● 観光あるき 「帝釈寺コース」 の申し込みが始まります。

 4月19日(水曜日)に観光あるき 「帝釈寺コース」 が開催されます。 毎年人気のこのコースは、箕面観光ボランティアガイド(MVG)の案内で桜井駅を出発し、旧街道の面影が残る西国街道を歩き、レンゲ畑でのどかな春の自然を満喫。 帝釈寺で座禅体験の後、茶がゆ、精進料理 (昼食) をいただく、約5.6キロ のまちあるきコースです。

 3月14日(火曜日)から申し込みが始まります。定員は20名、申込多数の場合は先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

➢ 日 時  平成29年4月19日(水曜日)  9時30分
➢ 集 合  阪急桜井駅前
➢ 参加費  1,500円
➢ 申 込  3月14日(火曜日) ~ 4月14日(金曜日)
        箕面 交通・観光案内所 (木曜日休館)
  電 話 : 072-723-1885  /  Fax 072-723-1884
  メール : kankou@minoh.net
  ハガキ : 〒562-0001  箕面市箕面1-1-1
         箕面市観光協会 「阪急宝塚線沿線観光あるき」 係
     ※ 希望日、申込者の氏名、年齢、住所、電話番号(自宅と携帯)、Fax番号、
         参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号が必要です。


 


 さて、私ごとですが、今年度末をもって定年を迎えることになりました。昭和55年に技術職 (土木) として箕面市に奉職して以来、37年間、主にまちづくりに関わる分野に携わりました。
 中でも強く印象に残っている仕事は “箕面新都心”、今の “かやの中央” のまちづくりです。 田んぼが広がり何もなかったところに大型商業施設や映画館、かやの広場、公園、千里川などが生み出され、今では年間1千万人を超える人が集まっています。 かやの広場や千里川でたくさんの人が活動している姿を見ると、何度も挫折しそうになった当時が思い出され、胸が熱くなります。
 そのほかにも、市の懸案であった彩都や箕面森町、箕面駅周辺、桜井駅周辺の再整備などなど、主だったプロジェクトにはほとんど関わることができたと思います。 卒業直前のこの1月には北大阪急行線延伸事業の起工式にも出席することができました。
 技術屋としてこんなにうれしいことはありません。もともと 「地図に残る仕事」 にあこがれて土木の道を選んだのですが、大好きな箕面のまちで、少しは足跡を残せたことを心の底からうれしく思います。
 これまでお世話になった多くの市民の皆さん。困ったときに励ましてくれた多くの友人。職場での先輩、同僚、後輩。上司、部下の皆さん。すべての皆さんに心からお礼を申し上げたいと思います。
 本当にありがとうございました。

 


「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当はすごい日本の医療保険 | トップ | 箕面産菜の花 ”ひなまつり”... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む