部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

-平成29年度 当初予算の概要-

2017年03月10日 | 総務部

 総務部の宇治野清隆です。
 僕は2週間前から咳が出始め、夜に寝始めるとひどくなり、寝不足の状態が続いていましたが、ようやく治りました。
 3月に入り寒さも和らいだ感がありますが、来週はまた寒くなるとのことです。

 三寒四温と言われる時期、季節の変わり目に加え花粉の飛散もあり、体調管理に苦労されているかたも多いと思います。マスクの着用や帰宅時の手洗い、早めの花粉症対策で乗り切りましょう。

 箕面市役所では、2月20日から37日間の日程で平成29年第1回箕面市議会定例会が開催されました。
 平成29年度の施政及び予算編成方針から始まり、平成29年度箕面市一般会計予算の他、多くの議案が上程され、現在、各常任委員会での審査が行われています。そこで平成29年度当初予算(案)の概要を紹介します。

- 算 -
 
平成29年度当初予算の概要ですが、まず一般会計の予算額は、522億7千万円となっています。

(一般会計当初予算規模の推移)

 これまで箕面市の一般会計当初予算の規模が大きかったのは、「みのおライフプラザ」の施設整備を行った平成7年度、火葬場と式場を併設した市立「聖苑」や西南図書館を整備した平成11年度にそれぞれ総額480億円の予算を計上していますが、当初予算規模が500億円を超えたのは今回が初めてのことです。

(予算総括表)

 一般会計の主な状況ですが、昨年度と比較し、歳出予算では民間保育所の整備などで民生費が約14億7千万円、彩都・止々呂美小中一貫校の校舎増築などで教育費が約14億4千万円、また、(仮称)箕面船場駅前の用地取得費を計上したことで諸支出金が約28億4千万円それぞれ増加し、歳入歳出ともに52億4千万円増加しています。

 一方、歳出予算の財源である歳入予算は、個人市民税が人口の増加に伴う増に加え、一人当たりの税額も増加し、また、箕面森町や彩都地区での新築家屋の増加に伴う固定資産税が伸びることで市税収入全体で約5億8千万円増加する見込みです。

 次に、国庫支出金と府支出金で約7億4千万円増加する見込みで、これは民間保育所の整備や保育所定員の拡大に伴う保育給付費の増加と北大阪急行線延伸整備事業などの財源分です。

 また、市債残高は、彩都・止々呂美小中一貫校の校舎増築や公共用地の取得に伴う施設整備事業債などの発行で約36億円増加する見込みです。
 
 総括として平成29年度の一般会計当初予算規模が増加した要因は、彩都・止々呂美小中一貫校の校舎増築と新駅周辺の公共用地の先行取得によるものとなっています。

(経常収支比率)

 毎年度、経常的に支出される部分が、経常的な財源のどの程度を占めているかを示す経常収支比率は、昨年度の当初予算と比らべ数値としてはプラス3.1%の97.4%となりました。
 この主な要因は、一時的に定年退職者が増加することに伴う退職手当の増加と保育所定員の拡大による保育給付費の増加によるものですが、9年連続で経常黒字となっています。

 次に健全化判断比率の4指標ですが、一般会計の赤字の程度で、市の財政運営の深刻度を示す「実質赤字比率」

(実質赤字比率)

 全ての会計での財政運営の深刻度を示す「連結実質赤字比率」

(連結実質赤字比率)

 市債の返済額などの資金繰りの危険度を示す「実質公債費比率」

(実質公債費比率)

 それに、将来の財政を圧迫する可能性を示す「将来負担比率」

(将来負担比率)

 これらの健全化判断比率指標については、いずれも黒字若しくは低負担となっており、堅調な財政体質を示しています。
 
 なお、国民健康保険事業費などの特別会計の当初予算額は、約337億6千万円で、昨年度比で4億7千万円ほど増加し、競艇や病院事業会計などの企業会計の当初予算額は、約637億円で昨年度比で101億2千万円ほど増加しています。

 全会計の予算総額が昨年度比で約158億円3千万円増加しているのは、平成29年度が競艇事業においてSG競争(グランプリ)の開催年にあたることもあり拡大し、約1,497億4千万円となっています。

 これからも市民の安全・安心の確保と、地域の支え合いを醸成していく「安心・支え合い最優先」の取り組みを進め、「子育てしやすさ日本一」を目指し、子育てがしやすく、子どもたちが健やかにのびのびと育つ環境を整え、「緑・住みやすさ最先端」の取り組みとして、豊かな緑を守り、便利で住みやすく、元気で活力のある箕面を目指して、まちづくりを進める。
 この3つの主要施策を中心に、箕面市財政運営基本条例に基づいた適切な予算の編成と執行を行っていくことになります。

 

 「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドンオリンピック卓球銀... | トップ | つながる »
最近の画像もっと見る

あわせて読む