部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

スポーツ施設マネジメント計画 いつも、快適に利用できるスポーツ施設をめざします。

2017年04月11日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは。子ども未来創造局担当部長・人権文化部長の浜田です。
平成29年度がスタートして、早1週間が経ちました。
人事異動や机の移動などでばたばたしましたが、ようやく落ち着き、各担当では、これから本格的にスタートしていきます。

今年度、所管では各事業を「健康とスポーツ」にスタンスをおいて取り組んでいきます。今回は快適なスポーツ環境でスポーツ施設をご利用いただけるよう、「箕面市スポーツ施設マネジメント計画」を策定しましたので、概要をお伝えします。
また、スポーツ以外にも健康につなげていただけるような、講座などについてお知らせします。

◆スポーツ施設を快適にご利用いただくため、計画的に施設改修や設備・備品などを更新していきます。

箕面市では、「健康とスポーツ」をテーマにさまざまな施策を展開して行くこととしていますが、その第一歩として、快適な環境でスポーツ施設を利用いただけるよう、定期的な改修と備品の更新をお約束する「スポーツ施設マネジメント計画」を策定しました。

本市にはスポーツ施設として、第一総合運動場や第二総合運動場などがあり、多くの市民の皆さんにご利用いただいています。
しかしながら、市民野球場は昭和39年、第一テニスコートは昭和48年、第二総合運動場の体育館は昭和56年、もっとも新しいスカイアリーナでも平成8年と、程度の差はあれ、いずれも老朽化が進み、市民の皆さんが快適にスポーツを楽しむ場とは、言い難い状況がありました。
これまでも、施設の改修や修繕、備品の更新など、箕面市体育連盟や利用者の皆さんから要望をいただき、緊急性や安全性などを判断して、対応に努めてはきましたが、そのすべてに対応することは予算の面からも非常に困難な状況があり、後手に回って、特に備品や用具類などには手が回らない状況が続いていました。

例えば、第2テニスコートでは、都度都度修繕してきましたが、つぎはぎが目立ち、段差ができるなど、安心してプレーができない場所もありました。


このような状況になった要因は、本当に危険になってから修繕する。あるいは使えなくなってから更新するという考え方があったことや更新に係る財源の確保が難しかったことなどがあります。

そこで、「スポーツ施設マネジメント計画」では、対症療法的な対応ではなく、常に快適な環境を維持していくという考え方に転換し、長年据え置き他市町の同等施設とかけ離れていた利用料金を引き上げ、それによって確保される財源を全て、改修や更新の財源に充てるという考え方で計画を策定しました。もちろん、利用者に負担を求めるだけではなく、市もこれまで投入してきた財源を引き続き投入します。

箕面市スポーツ施設マネジメント計画では、主に2つのことを定めています。

1 更新サイクルのルール化
◯施設や設備の快適・安全なコンディションを保つため、ルールを定めて定期的な設備の修繕や備品・用具の更新を実施します。
具体的には、プレイヤーの快適性に直接影響する設備などは、メーカー標準の耐用年数を基本に更新し、常に良好な状態を保ちます。
(例えば、備品の更新では卓球のネットやバレーボールのネットなどは3年ごとに、また、改修では、今回整備したテニスコートは原則7年後に改修、体育館の床面の研磨やウレタン塗りなどの改修は、15年ごとに行うといった具合です。)
2 更新経費の確保のルール化
◯設備の修繕や備品・用具の更新に係る経費は、市の負担と料金の改定によって得られる額を全て経費に充てます。
なお、料金改定は、段階的に行うこととしています。

スポーツ施設マネジメント計画の詳細はこちらをご覧ください

この計画に先立って、平成28年度には最も傷みがひどく利用者の皆様にご迷惑をおかけしていたテニスコートを中心に改修を行いました。

先にお示しした第2テニスコートは下の写真の様に整備しました。(少し茶色に見えるのは、コート面に全天候型の舗装材として目砂を充填しているためです。)


併せて、第1テニスコートも指定管理者のミズノグループが人工芝化を行いました。

 

詳しくはこちらの撮れたて箕面ブログをご覧ください。


その他、平成28年度には、第二総合運動場体育館の床面改修やトイレ改修(洋式化)などを実施しました。

 

今後、平成29年度、30年度の2年をかけて既に耐用年数を超えているものの大規模更新を行い、その後計画に基づいた更新を進めていきます。
皆さんが利用されている施設や設備も順次更新していきます。

◆お出かけ先として春の生涯学習講座はいかがですか。
今年度も「生涯学習講座(春の講座)」を実施します。
今年度は、春と秋の生涯学習講座やシニア塾のプログラムを「健康に寄与する」「次の活動につながる」を意識した組み立てとしています。
今回は、春の講座についてお知らせします。ぜひご参加ください。

開催講座の一覧


それぞれの講座で申込みの締め切りなどが異なります。詳しくは、もみじだより4月号や案内パンフレットをご確認ください。
案内パンフレットは、市ホームページからダウンロードできます
また、各公共施設にも配置しています。

(過去に行った、認知症予防コグニサイズや体力アップの様子)

また、桜ヶ丘老人いこいの家では、「健やか いこいクラブ」を開催します。
皆さんで、音楽に合わせて 歌って、体操をして、楽しみながら身体と脳を活性化しませんか。
日時 平成29年5月2日(火曜日)、6月6日(火曜日)
    いずれも午後1時30分から午後2時30分
場所 桜ヶ丘老人いこいの家
参加費 無料
水筒(お茶・水)をご持参ください。
申込みは、桜ヶ丘老人いこいの家 072-723-8222

これからも、いろいろな講座やイベントなどの情報をお伝えしますので、ご活用ください。

箕面市メイプル文化財団の取り組みをご紹介します。
◆箕面市メイプル文化財団の協働事業に出演・参加しませんか。
箕面市メイプル文化財団では、市民の皆さんが主役となるイベント・市民協働事業に取り組んでいます。
新生活のスタートに併せ、演劇やダンスに新しくチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

◆みのおキッズシアターwith末成由美 第12弾


箕面の夏の風物詩といわれるようになった「みのおキッズシアター」は、今回で12回目の開催となります。子ども達は、夏休みを含む3か月間という短い練習を経て、500席あるメイプルホール 大ホールの舞台に立ち、2回の公演<8/26(土曜日)8/27(日曜日)>を行います。
小学3年生から高校3年生までの幅広い年代の子ども達は、演劇・ダンスの練習を通して苦楽を共にすることで、ひと夏で驚くほどの成長を遂げ、満場のお客様に囲まれた舞台上で、普段は味わうことのできない達成感を感じることができます。


「みのおキッズシアター」では、役者とダンサーの出演者を募集しています。

【募集期間】4月1日(土曜日)~4月30日(日曜日)申込受付中
【応募資格】役者・ダンサーとも(経験は問いません)
      (1)対象年齢 平成11年4月2日~平成21年4月1日生まれのかた(小学校新3年生~高校新3年生が対象)
      (2)公演当日まで練習を優先し参加できるかた
(7回以上欠席されると公演に出演できないこともあります。)
      (3)小学生が応募される場合、保護者の送迎が可能なかた

【参加費用】月3,000円(6月~8月分)

※申込方法の詳細は、こちら↓
http://event.minoh-bunka.com/article/179202939.html

◆元タカラジェンヌと一緒に踊ろうジャズダンス!
~初心者も経験者も基本からステップアップ~

昨年11月にメイプルホール 大ホールで行われた「夢のつづき・・・・。Stage Of Dreams ~元タカラジェンヌと舞台へ~vol.2」公演で、ダンス指導をしてくださった元宝塚歌劇団花組のお二人、銀華水さんと初花美咲さんによるジャズダンスのワークショップがスタートします。
タカラジェンヌといえば、宝塚音楽学校の合格発表は、毎年この時期のニュースで話題になるほど、多くのかたの憧れですね。今回のワークショップは初心者のかたでも気軽に参加していただけますので、憧れの「宝塚」を少しでも身近に感じていただけたらと思います。

【募集期間】4月20日(木曜日)~5月31日(水曜日)
【対象】小学1年生から大人のかた
【定員】20名(各クラス・先着順)
【参加費用】月3,000円(各クラス)
【練習日程】
・水曜日クラス 午後7時~(60分)
6月10日・24日/7月8日・22日/8月5日・26日/9月9日・23日/10月7日・21日
・土曜日クラス 午後6時~(60分)
6月14日・28日/7月12日・26日/8月9日・23日/9月6日・13日/10月4日・25日
【場所】グリーンホール(箕面市立市民会館)1階大会議室

※申込方法の詳細は、こちら↓
http://event.minoh-bunka.com/article/179273943.html

◆第13回箕面芸術祭 自分をつくる学校


昨年度に続き、「自分をつくる学校」を今年度も開校します。初心者の方を対象に、演技についての基礎的なワークショップにチャレンジしていただきます。基礎的なワークショップとは、姿勢や声や歩き方といった、日常何気なくおこなっている身体の基本動作からはじまりますので、どなたでも気軽にご参加いただけると思います。


【募集期間】4月28日(金曜日)~5月31日(水曜日)
【対象】《初心者限定》18歳~59歳までのかた
【定員】20名(先着順)
【参加費用】月2,000円
【練習日程・場所】6月~8月 メイプルホール小ホール

※事業の詳細は、随時メイプル文化財団のホームページでご案内していきます。こちら↓
http://event.minoh-bunka.com/article/179274259.html

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 授かる春。朝市も バーベキュ... | トップ | -平成29年度が始まりました- »
最近の画像もっと見る

あわせて読む