部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

箕面市内のため池とハザードマップ

2017年05月18日 | 総務部

こんにちは、総務部の中井です。

関西の梅雨入りは例年6月7日頃で、防災部門には気が抜けない季節がやってきます。

 

先週末には強い雨(大雨注意報)が降り、関係課室の職員も警戒態勢を取りましたが、幸い降雨時間も短く注意報はすぐに解除されました。

梅雨から秋の台風シーズンが終わるまでは、何があるか分かりません。

みなさんも気象情報に注意し、万が一の災害に備えることはもちろんですが、水による被害を防ぐ第一歩として自宅や周辺の水路・側溝を点検いただき、自分でできる範囲の清掃はご自分で、手に負えない場合や、どうしていいのかわからない場合は市に相談するなど、日頃からの準備をお願いします。

 

 

ため池

 

水は農業にとって必要不可欠なもので、夏場の雨が少ない時期などでも農業用水を確保する必要から全国にため池が整備されており、その数は約20万カ所に上ります。

特に雨が少ない近畿地方、山陽地方、四国地方の瀬戸内海周辺に多く見られ、大阪府は約11,000カ所と、兵庫県、広島県、香川県に次ぎ、全国で4番目に多い地域となっています。

 

 

箕面市内のため池とハザードマップ

 

箕面市内には、市街地や山麓部、山間部に大小77カ所のため池が存在します。

このうち、大雨や大規模な地震によって、ため池の堤防が万一決壊した場合に、被害が大きいとして大阪府が指定した「水防ため池」が25カ所存在します。

 

平成28年度と平成29年度の2カ年で、この水防ため池が決壊した場合、どの範囲まで、どの程度の量の水が流れ、避難はどうするのかをお示ししたハザードマップを作成し、浸水想定地域の各世帯に配布する予定をしています。

まず、平成28年度に作成した14箇所についてご紹介します。

 

 

東から西へ順番に見ていきます。

 

粟生間谷東にある川合池

 

粟生外院の粟生新池

 

今宮の神田池

 

石丸の尺下池

 
石丸の打越池

 

白島の新薩摩池・五藤池・薩摩池

 

白島の導心ヶ谷池

 

白島の貞池・取池・普請池・大宮寺池

 

箕面の芦原池

 

 

平成29年度は、東から宮池、松出下池、泉池、山口池、才ヶ原池、新築池、新稲中池、寺池、清水池、半町池のハザードマップを作成し、浸水想定地域の各世帯への配布を予定しています。

また、水防ため池以外のため池52カ所については、箕面市独自で簡易シミュレーションを行い、人家への影響を調査し、情報提供に努めます。

大雨や地震を止めることはできませんが、まずは人命や身体への被害を防ぐことを最優先に、防災に取り組んでいますので、今後とも、ご協力をお願いします。

 

 

水防に関するご相談・お問い合わせ先
       水防・土砂災害対策推進室 電話 724-6767

 

 

 

箕面市では、201741日(土曜日)から2017731日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年第2回定例会がまもな... | トップ | 五月晴れの「青もみじ」 »
最近の画像もっと見る

総務部」カテゴリの最新記事