部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

H28病院事業決算と経営改革の取組状況

2017年09月29日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

運動会に文化祭、稲刈りに秋祭りと、いよいよ秋本番を迎えました。朝晩はヒンヤリする日も増えてきています。季節の変わり目。体調管理には充分ご留意いただき、箕面の秋を満喫しましょう。

(あいあい園前庭のコスモス)

さて、今回は、現在開会中の箕面市議会定例会へ提出している平成28年度箕面市病院事業決算と経営改革の取組状況について、ご紹介いたします。

○平成28年度の病院事業決算
箕面市立病院には、地方公営企業法が適用され、病院事業から得た収益をもって費用に充てる「独立採算」が基本となっていることは、今年3月のブログでご紹介しました。しかし、市民の健康保持・増進を目的とする全国の公立病院は、収益で費用をまかなえない「赤字」がほとんどで、自治体からの繰入金によって、なんとか運営されているのが実情です。

この対策として、箕面市では、病院経営の効率化を図るため、平成21年(2009年)に「箕面市立病院改革プラン」(旧プラン)を策定し、最先端の医療や医療スタッフの増員など「攻めの経営改革」に取り組んできました。その結果、平成25年度(2013年度)には、それまで毎年10億円程度あった赤字がほぼゼロになるほど、経営改革が順調に進んできました。

ところが、平成28年度(2016年度)の決算は、最終的に約10億5千万円の赤字となりました。これは、平成27年度(2015年度)決算と比較して、約6億4千円のマイナス、平成28年度(2016年度)予算との比較では、約8億1千万円のマイナスとなりました。


 
 
この原因は、消費税率の引き上げや年金制度の一元化など、旧改革プラン策定時には想定していなかった社会的要因によるものもありますが、3月のブログでも少しご紹介しましたが、最大の要因は平均入院日数の短縮と、それに伴う病床稼働率の低下にあります。年間40兆円とも言われる国民の医療費を抑制するため、国が診療報酬制度を見直し、当院のような急性期病院が平均入院日数を短縮せざるを得ないように、政策的に誘導しています。

その結果、近隣市の公立病院も含め、全国の急性期病院は、早期の退院支援に取り組み、それを実現しています。入院日数の短縮は、早期回復を実現した医療体制と医療技術の成果であり、患者さまの負担を軽減し、医療費削減にもつながっています。しかし、その分、空きベッドが生じることになるため、それに見合うだけの新規入院患者が増加しないと、病床稼働率が低下し、収支が悪化していきます。

○新・市立病院改革プランの策定
この状況に対応するため、箕面市立病院では、「新・市立病院改革プラン」を策定しました。その主な内容をご紹介しますと、

◆急性期病床と回復期リハビリテーション病床を軸として医療の質を向上し、市民の健
  康を守る。
◆一般財源の負担による一般会計繰入金ゼロを継続し、独立採算の運営をめざす。
◆計画期間は、2017年度(平成29年度)から2021年度までの5年間。2022年度の黒字化
  をめざす。
◆従来の積極的な経営方針を継続しつつ、医療従事者の配置も含めて、効率性を重視
  し全体を見直して経営改革に取り組む。
◆平均入院日数が短縮する中で、病床稼働率(旧プランでは95パーセント)を急激に上
  げることは困難なため、病床稼働率を当面90パーセント、最終目標92.5パーセントと
  設定し、これを前提とした健全経営を実現する。

 

まずは、平成29年度(2017年度)は病床稼働率90パーセントを目標に、約6億円の収支改善をめざしています。その具体的な取り組みの一例として、脳神経外科と循環器内科において、すでに専門医を確保して、新たに頭部や心臓疾患などの高度な診療体制を整備しました。また、新たに、血液内科と糖尿病・内分泌代謝内科を標榜しました。

詳しくは、市立病院ホームページ(診療体制のご案内)をご覧ください。そして、これらの診療科の受診を希望される場合は、まずは地域の「かかりつけ医」にご相談ください。かかりつけ医からは、あらかじめ診察時間の予約ができますので、よりスムーズに受診いただけます。


【市民医療講座のお知らせ】
○胃がんを正しく知ろう~あなたに合った治療選択のために~
日時 平成29年11月25日(土曜日)午後2時~4時
場所 箕面市立病院リハビリテーション棟4階 いろはホール
講師 消化器内科部長 西原 彰浩 医師
         外科部長 谷口 博一 医師

*詳しくは、コチラをご覧ください。申込は不要です。ぜひ直接、会場へお越しください。
   なお、手話通訳又は要約筆記をご希望のかたは、11月16日(木曜日)までに病院経
   営室(電話728-2034)へお申し込みください。

○みんなで知ろう!認知症のこと
日時 平成29年12月9日(土曜日)午後2時~3時30分
場所 箕面市立病院リハビリテーション棟4階 いろはホール
内容
(1)認知症の症状~BPSD(行動・心理症状)を中心に~
     講師:精神科主任部長 辻尾 一郎 医師
(2)認知症患者への対応とケア
     講師:認知症看護認定看護師 岡山 友佳 看護師

*申込は不要です。ぜひ直接、会場へお越しください。
   なお、手話通訳又は要約筆記をご希望のかたは、11月30日(木曜日)までに病院経営
   室(電話728-2034)へお申し込みください。
*詳細が確定しましたら、市広報紙「もみじだより」や箕面市立病院ホームページでご案
   内いたします。

【小野原・春日神社の秋祭り】
日時 平成29年10月15日(日曜日)午前7時45分~午後4時30分(予定)
場所 小野原・春日神社および周辺地域
*今年も、太鼓・神輿の運行や露店があります。ぜひお越しください。

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

滝ノ道ゆずるは、6年連続で大阪1位を獲得しており、有名企業とコラボしたり、数々のイベントに参加したりと活躍の場を広げています。箕面市を広くPRするため、グランプリでの日本一を目指していますので、市民のみなさまの投票、応援をよろしくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ちくっ」とするけど、泣か... | トップ | 「ゆずる完熟堆肥」大好評発... »
最近の画像もっと見る

市立病院事務局」カテゴリの最新記事